So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【訃報】加藤剛さん死去80歳 時代劇「大岡越前」、映画「砂の器」など出演! [訃報]

【訃報】加藤剛さん死去80歳 時代劇「大岡越前」、映画「砂の器」など出演!


 


yjimage (9).jpg

 映画「砂の器」やTBSの時代劇ドラマ「大岡越前」などで知られた俳優の加藤剛(かとう・ごう、本名たけし)さんが6月18日に死去していたことが8日、分かった。80歳。静岡県出身。俳優座を拠点に、映画やドラマで活躍した。関係者によれば、葬儀・告別式は既に家族葬で執り行い、後日お別れの会を営む。昭和の名優がまた1人逝った。


  1970年から99年まで30年の長きにわたって放送された「大岡越前」で主人公の江戸町奉行・大岡忠相(ただすけ)を演じ続け、お茶の間に親しまれた加藤さんが静かに天国に旅立った。


  タバコも吸わず、酒も飲まず、人一倍健康に留意していた加藤さんだが、昨年12月19日に次男の俳優・加藤頼(らい、37)と一緒に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」での激痩せぶりがネット上で話題になり、ファンを心配させていた。関係者によれば、亡くなった経緯などは「お別れの会」の日程が正式に決まってから家族が発表する予定という。


  早稲田大学文学部演劇科で学び、4年時の60年に20倍の難関を突破して俳優座の養成所入り。62年にTBSドラマ「人間の条件」で主人公の梶を演じて一躍注目を集めた。64年に養成所を卒業して俳優座の座員となり、翌65年1月に安部公房作の「お前にも罪がある」で舞台デビュー。


  知性あふれる二枚目ぶりは映画界やドラマ界からも注目され、野村芳太郎監督の「五辯の椿」(64年)や小林正樹監督の「上意討ち・拝領妻始末」(67年)に出演。平幹二朗さん、長門勇さんと共演したフジ「三匹の侍」では見事な剣さばきで魅了した。


  以降も多くの映画、ドラマに出演。映画は熊井啓監督の「忍ぶ川」(72年)や和賀英良を演じた野村監督「砂の器」(74年)で・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞  http://mahoroba19.com/archives/13026


yjimage (7).jpg

 


◆加藤 剛(かとう・ごう)1938年(昭13)2月4日生まれ、静岡県出身。早稲田大卒。62年、TBSドラマ「人間の条件」でデビュー。65年に「お前にも罪がある」で初舞台。01年に紫綬褒章、08年に旭日小綬章を受章。柔道2段。俳句をたしなみ、無類の猫好きでも知られる。女優の伊藤牧子(81)と68年に結婚。長男の夏原諒(43)、次男の加藤頼(37)も俳優。


 記事・画像 引用・参考元 Yahoo News(スポニチアネックス)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000000-spnannex-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%89%9B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】桂歌丸さん逝く!…多くの病気を抱え、あだなは「病気のデパート」 生涯現役を貫く! [訃報]

【訃報】桂歌丸さん逝く!…多くの病気を抱え、あだなは「病気のデパート」


生涯現役を貫く!


 


images (8).jpg

 東京の国立演芸場。20167月、若手の真打昇進披露口上を歯切れよく言い立てた。舞台袖には車椅子が待つ。楽屋に移り、酸素吸入器のマスクを口へ運ぶ。「大きな声は出せる。腹でしゃべるから。なぜ、頑張るかって? 苦があって初めて、その先に楽がある。あたしは、最後に目を瞑るまでやる覚悟です」


  横浜市にあった遊郭で生まれ、育った。経営者の祖母が親代わり。中学3年で落語家になり、65年。50周年を迎えた演芸番組「笑点」を初回から支え落語芸術協会の会長も務める。


 7年前、肺気腫と診断された。肺の組織が壊れ、たまった空気を押し出せなくなる。「鼻をつままれてしゃべっている、動いてるって感じ」が離れない。


  50年近く、缶ピースを140本以上吸う愛煙家だった。「ストレスからじゃない。あれは、一つの癖ですね。入院して治る。また吸ってまた入院。まさか、こんなにひどくなるとはねぇ」 他にも多くの病気を抱える。これまで、手術は計8回。月に四つも病院に行く。笑点のメンバーが、半ば本気でつけたあだなは、「病気のデパート」だ。 体重はこの1年で5キロ減った。家でも酸素吸入器が手放せない。それでも、月の半分は高座にあがる。不調な呼吸にあわせて、落語の間や演出を変えてきた。 もう一つ、あだ名がついた。「不死鳥」である。晩年は入退院を繰り返した。それでも不死鳥のように蘇ってきた。


  29歳で笑点の大喜利レギュラーになった。37歳で独演会を始める。一見、順調に見える出世街道も、実は病気が“旅仲間”だった。「あたしは多病息災。病気の数でギネスブックに載りたいわけじゃないけどね」 若い頃からのメニエール病で、左耳は常に耳鳴りがする。40歳代でヘルニアを患って以来、蓄のう症、胆のう摘出と手術が続く。


  2000年、60歳過ぎでの急性 汎発(はんぱつ)性腹膜炎は、さらに大ごとだった。自宅で突然、激しい腹痛に襲われた。七転八倒して、声も出せない。救急車に乗った瞬間、意識を失った。  腹腔(ふくくう)内全体に炎症が広がり、緊急手術が始まる。手術前の集中治療室。かけつけた娘が話しかけた。


 「お父さん、あたし、誰だか分かる?」「ブタ」


 「何がほしい?」「カネ」


 娘は、仰け反った。意識もうろうなのに、お客を・・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞  http://mahoroba19.com/archives/12881


 


ダウンロード (5).jpg

記事・画像 引用・参考元 Yahoo NewsYomi Dr)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00010000-yomidr-ent&p=1


画像元 yjimage


https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%82%E6%AD%8C%E4%B8%B8%E3%80%80%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=o92vJuUy07E7eM%253A%252CUyZlTZobcmDfEM%252C_&usg=__4s5Bla4w1iUukW_OdgAgJTlCQPw%3D&sa=X&ved=0ahUKEwizlbOrsoDcAhUClZQKHfG1AHYQ9QEILDAB#imgrc=o92vJuUy07E7eM:


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】朝丘雪路さん死去!82歳 アルツハイマー型認知症で先月27日 “おしどり夫婦”夫の津川雅彦残して! [訃報]

【訃報】朝丘雪路さん死去!82歳 アルツハイマー型認知症で先月27日 “おしどり夫婦”夫の津川雅彦残して!


 


yjimage (1).jpg

 女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。葬儀は故人の希望で、家族葬で営まれた。


  2014年4月、娘で女優の真由子(44)がプロデュースした時代劇ミュージカル「花や…蝶や…」に夫で俳優の津川雅彦(78)とともに出演したのを、最後に芸能活動を休止して、自宅で療養していた。


  朝丘さんは1952年に宝塚歌劇団・月組に入団し娘役で活躍。55年に退団して以降、女優や歌手などマルチに活躍した。57年に「星は流れる」でNHK紅白歌合戦に初出場。60年代には「11PM」でアシスタントを務め、お茶の間の人気を集めた。司会の大橋巨泉さんが胸の大きな朝丘さんを・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/12349


 


yjimage (5).jpg

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <スポニチ アネックス>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000174-spnannex-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%9C%9D%E4%B8%98%E9%9B%AA%E8%B7%AF&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】歌手・西城秀樹逝去! 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット!後遺症と戦ったが帰らぬ人に! [訃報]

【訃報】歌手・西城秀樹逝去! 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット!後遺症と戦ったが帰らぬ人に!


 


yjimage (2).jpg

  「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となった。


   通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。


  小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にスカウトされ、家族の反対を押し切って上京。1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューした。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)、映画「愛と誠」(74年)に・・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/12291


 


yjimage (3).jpg

 記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <スポニチ>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000098-spnannex-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【訃報】岸井成格氏死去!膳場さん「権力に臆せず、おかしな点」を堂々と指摘!言論界萎縮風潮の中!惜しい人を失った! [訃報]

【訃報】岸井成格氏死去!膳場さん「権力に臆せず、おかしな点」を堂々と指摘!言論界萎縮風潮の中!惜しい人を失った!


 ■毎日新聞特別編集委員の岸井成格(しげただ)さんの訃報を受け、政界やメディア関係者からは驚きと哀悼の声が寄せられた■


 


yjimage (10).jpg

  慶応大で同じゼミに所属して以来、50年以上の交流がある評論家の佐高信さんは「とんでもなく寂しくなる」と述べ、暫く言葉を失った。言論の自由を守ることに対するこだわりが強かったと振り返り、「取材相手と真正面から向き合って信頼を得ていた。力で言論を抑え込むことを排し、言論には言論で挑むことを大切にしていた」と話した。


  岸井さんの妻から「(夫の)体調は良くないが、カステラなら食べられる」と聞き、14日に自宅に送ったばかりだったという。


  佐高さんを通じ、20年ほど前に岸井さんと知り合ったというジャーナリストの田原総一朗さんは「『反・安倍晋三』『反・自民党』と叩かれたが、それは違う。『保守』『革新』といった政治的立場ではなく、間違ったことは正すべきだというジャーナリストとしての信念があった。社会が混迷を深めている中で、残された私たちは頑張らなくてはならない」と惜しんだ。


  TBS夜の報道番組「NEWS23」アンカーだった岸井さんと3年間一緒に出演したキャスターの膳場貴子さんは・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/12263


 


yjimage.jpg

 記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞【高島博之、高橋昌紀、中澤雄大、田中裕之】 >


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000100-mai-pol


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%B2%B8%E4%BA%95%E6%88%90%E6%A0%BC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】北別府氏「動転」愛甲氏「うそでしょ」衣笠さん逝去! [訃報]

【訃報】北別府氏「動転」愛甲氏「うそでしょ」衣笠さん逝去!


  yjimage (7).jpg


 元広島の衣笠祥雄さんの訃報に、球界関係者や多くのファンから驚きと悲しみの声が続々とあがっている。


  衣笠さんとともに70年代後半から80年代の赤ヘル黄金期を築き上げた元投手で野球評論家の北別府学氏は「悲しいお知らせです」のタイトルでブログを更新。「実は午前中打ち合わせの最中からもしかしたらという知らせが入っていました。今ニュース速報でも流れましたが、衣笠祥雄さんが亡くなられました」と伝え、「言葉もありません。衣笠祥雄さんとの思い出は沢山ありすぎるくらいです。すいません、まだ信じられなくて何も書けません。気が動転しています」と綴った。


  元プロ野球選手の愛甲猛氏はツイッターで「うそでしょ・・」と愕然。「全然届かなかったけど衣笠さんのフルイニング出場記録を目指して頑張って試合出てたんだよな・・」と振り返り、「本当に残念です。心よりご冥福を御祈り致します。合掌」と追悼した。


  横浜DeNA荒波翔外野手の妻で、衣笠さんが出演するTBSラジオ「鉄人ミュージック」でアシスタントを務めるタレントの宮崎瑠依は・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/11689


 


yjimage (5).jpg

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <日刊スポーツ>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00188777-nksports-base


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%A1%A3%E7%AC%A0%E7%A5%A5%E9%9B%84&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【訃報】コテコテの上方の無頼派!月亭可朝逝く!80歳!「ボインは~!赤ちゃんが吸うために~♬♪~!」 [訃報]

【訃報】コテコテの上方の無頼派!月亭可朝逝く!80歳!「ボインは~!赤ちゃんが吸うために~♬♪~!」


 


yjimage.jpg

 1969年にリリースしたコミックソング「嘆きのボイン」が80万枚超のセールスを記録し、一世を風靡した上方落語会の風雲児・月亭可朝さんが亡くなった。80歳。


  昨年より病気療養中だったが、上方落語協会によると3月28日午前3時28分、入院先の兵庫県内の病院で急性肺線維症のため死去したという。


  1938年、神奈川県葉山市生まれの可朝さんは、幼いころに大阪へ引っ越し、59年4月に林家染奴の高座名で大阪・千日劇場でデビュー。その後、月亭可朝に改名し、69年に発売したコミックソング「嘆きのボイン」が大ヒット。チョビヒゲ、メガネ、カンカン帽といういでたちとギターの弾き語りでブレークした。


 ボインは、 赤ちゃんが吸うために・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/11335


 


yjimage (10).jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/226847


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%9C%88%E4%BA%AD%E5%8F%AF%E6%9C%9D&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

訃報! 真屋順子さん死去 「欽どこ」お母さん役で欽ちゃんと名コンビ 闘病の末に… [訃報]

訃報! 真屋順子さん死去 「欽どこ」お母さん役で欽ちゃんと名コンビ 闘病の末に…


 


yjimage (16).jpg

 


 1970年代から80年代後半に放送され国民的人気番組だった「欽ちゃんのどこまでやるの!」(欽どこ)の母親役で知られる女優・真屋順子(本名・高津詔子)が、昨年12月28日に亡くなっていたことが5日、分かった。75歳。大分県出身。2000年に脳出血で倒れて以降、闘病とリハビリの日々を繰り返していた。葬儀は家族のみで営んだといい、後日、同番組の関係者らが発起人となり「偲ぶ会」が予定されている。


  「欽どこ」の“お母さん”としてお茶の間に親しまれた真屋さんが、新年を迎えることなく天国へ旅立った。 真屋さんは1961年に俳優座養成所に入所。27歳のときに俳優の故高津住男さん(享年74)と結婚した。


  「欽どこ」では萩本欽一(76)の妻役として人気を博したが、晩年は病と闘い続けた。00年12月に脳出血で倒れ左半身・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9572


 


yjimage (21).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <デイリースポーツ>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000005-dal-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%9C%9F%E5%B1%8B%E9%A0%86%E5%AD%90&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

燃える男!闘将!星野仙一氏がんに倒れる! がん闘病の末…突然すぎる70歳! [訃報]

燃える男!闘将!星野仙一氏がんに倒れる! がん闘病の末…突然すぎる70歳!


 


yjimage (35).jpg

 


楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。死因は明らかになっていない。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。17年に野球殿堂入り。「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。


 …昨年12月には「野球殿堂入りを祝う会」に出席していたが…


  突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急遽取りやめていたという。昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやっていて良かった。野球と恋愛して良かった。もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。


  相手が強ければ強いほど、「燃える男」。現役時代のキャッチフレーズだった。その原動力が「打倒・巨人」。ドラフトでふられ、憧れの球団は・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9563


 


yjimage (32).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 スポニチ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000146-spnannex-base


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%BB%99%E4%B8%80&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

海老一染之助逝去!妻が明かす染之助さんの超ストイックな素顔 暇さえあれば稽古、稽古! [訃報]

海老一染之助逝去!妻が明かす染之助さんの超ストイックな素顔 暇さえあれば稽古、稽古!


 


伝統芸能「太神楽」の曲芸師で、6日に肺炎のため83歳で亡くなった海老一染之助(本名・村井正親)さんの通夜が10日、東京都中野区の東光寺で営まれた。報道陣の取材に応じた喪主で妻の村井秀子さん(81)は「暇さえあれば稽古、稽古でした」と、芸に対してストイックだった夫の素顔を明かした。


  染之助さんとは12歳くらいの頃に、日本舞踊の稽古で知り合ったという。当初は踊りのお師匠さんと勘違いしていたが、演芸場で芸を見せてもらい、初めて芸人と認識した。「当時から本当に芸が好きでした」と懐かしんだ。


  染之助さんは、普段からひたすらストイックに・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9063


 


yjimage (5).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <デイリー>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000110-dal-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%B5%B7%E8%80%81%E4%B8%80%E6%9F%93%E4%B9%8B%E5%8A%A9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

<訃報>土山秀夫氏92歳=長崎で被爆・元長崎大学長! [訃報]

<訃報>土山秀夫氏92歳=長崎で被爆・元長崎大学長!


 


長崎原爆の被爆者で、元長崎大学長の土山秀夫(つちやま・ひでお)さんが2日、多臓器不全のため亡くなった。92歳だった。葬儀は近親者のみで営む。自宅は長崎市三川町。


  1945年8月当時は長崎医科大付属医学専門部(現・長崎大医学部)3年だった。同月9日の原爆投下時は母の疎開先の佐賀にいたが、翌10日に長崎市内へ戻って被爆。負傷者の救護に奔走した。爆心地から350メートルの山里町で同居していた兄一家4人は全員被爆死した。


  その後、52年に長崎医科大を卒業。専攻は病理学で、米国留学などを経て、69年から長崎大教授となり、82~86年に医学部長、88~92年には学長を務めた。


 


 学長退任後・・・・・・・・・・


  


  つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/7513


 


yjimage (3).jpg

 


記事引用元 Yahoo News <毎日新聞社>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000057-mai-peo


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%9C%9F%E5%B1%B1%E7%A7%80%E5%A4%AB


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける [訃報]

【訃報】作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける


 昭和の大ヒット曲「よこはまたそがれ」「瀬戸の花嫁」などの作曲で知られる作曲家の平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが21日午後11時40分、肺炎のため都内の病院で死去していたことが22日、分かった。79歳。東京市(現・東京都)出身。2年前に肺がんを患い闘病する傍ら、精力的に仕事をこなしていた。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。


  慶応義塾高中退後、当時人気のウエスタンバンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に入り音楽活動を開始。57年、石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」にも出演。翌年は「リトル・ダーリン」でソロ・デビューし、「星は何でも知っている」「ミヨチャン」がヒット。ミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として日劇ウエスタンカーニバルの看板スターとなった。


  ロカビリーブーム後は作曲を・・・・・・・・


  


    つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/6998


 


yjimage (4).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <pnannex-ent


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000168-spnannex-ent


画像元 yjimage


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】100歳超えて現役医師 日野原さん「習慣病」提唱者 [訃報]

【訃報】100歳超えて現役医師 日野原さん「習慣病」提唱者


 


 100歳を過ぎても医師を続け、「生きかた上手」などの著作や講演で広く知られた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時33分、呼吸不全で死去した。105歳だった。戦後いち早く、患者と対等に接する医療に着目。看護教育の充実などに取り組んだほか、柔らかい表現で命を語る姿勢が幅広い世代に親しまれた。


  1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。41年から内科医として聖路加国際病院に勤めた。同病院内科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。2002年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章した。


  専門は内科学。54年、勤務していた聖路加国際病院で・・・・・・・


 


        つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/6974


 


yjimage (1).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <朝日新聞社>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000016-asahi-soci


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%97%A5%E9%87%8E%E5%8E%9F%E9%87%8D%E6%98%8E&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く [訃報]

小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

 

 小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

  

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

  海老蔵は23日午後、公演先の東京・渋谷のシアターコクーンで会見を行う。

 

 海老蔵はこの日朝、ブログを更新。「人生で一番・・・・・・・・

  

  つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/6724

 

yjimage (1).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <スポニチ アネックス>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000089-spnannex-ent

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%BA%BB%E5%A4%AE

 

,


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

野際陽子さん逝く、13日に! 81歳! [訃報]

野際陽子さん逝く、13日に! 81歳!


 「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など多くのテレビドラマで活躍した女優の野際陽子さんが13日に死去したことが15日、分かった。81歳だった。関係者によると通夜、葬儀は終了したという。現在放送中のテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」(月~金曜・後12時30分)にレギュラー出演しており、突然の訃報に周囲も驚いている。


  昨年4月に一部週刊誌で、2014年に肺がんを患い治療し、15年に再発し腫瘍の摘出手術を受けたことが報じられた。所属事務所は「野際は健康問題を含め、個人的な事柄につきまして公にコメントすることは遠慮させていただきたい」と回答。「今までもいくつかの病を経験してはおりますが、元気で明るく過ごしております」とコメントしていた。また、今年3月16日に行われた「やすらぎの郷」制作発表は、メインキャストの中で野際さんだけが欠席していた。


  野際さんは富山県富山市生まれ。3歳から東京・杉並で育ち、立教大卒業後の58年には、合格率0・3%の狭き門を突破して・・・・・・・・・


  


  つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/6646


 


 


yjimage (10).jpg

 


引用・参考元 ヤフーニュース < スポーツ報知


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000193-sph-ent


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%87%8E%E9%9A%9B%E9%99%BD%E5%AD%90&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

作家!杉本苑子さん死去、91歳 歴史小説「孤愁の岸」 [訃報]

作家!杉本苑子さん死去、91歳 歴史小説「孤愁の岸」

 

 「孤愁の岸」「滝沢馬琴」など緻密で骨太な歴史小説を発表してきた作家で文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもとそのこ)さんが五月三十一日、老衰のため死去した。九十一歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を行う。

 文化学院を卒業後、「サンデー毎日」の懸賞小説入選をきっかけに、選考委員だった吉川英治に師事。江戸時代の薩摩藩士による宝暦治水を描いた「孤愁の岸」で一九六三年、直木賞を受賞した。七八年に「滝沢馬琴」で吉川英治文学賞、八六年「穢土荘厳(えどしょうごん)」で女流文学賞。八七年に紫綬褒章、九五年に文化功労者、二〇〇二年には文化勲章を受章した。同年菊池寛賞。

 一九八〇年に東京都から熱海市に居を移し、九五年には自宅を文学館とする条件で、著作権を含む全財産を死後、市に寄贈する契約を結んでいた。

     ◇

 杉本さんは本紙に一九七三年八月から一年間、「元禄歳時記」を、八九年一月から同十一月まで「新とはずがたり」を、それぞれ連載した。

 

 PK2017060302100046_size0.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201706/CK2017060302000118.html

 

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<訃報>三遊亭円歌さん88歳=落語家「山のあな、あな」 [訃報]

<訃報>三遊亭円歌さん88歳=落語家「山のあな、あな」


 


「山のあな、あな」のフレーズで人気を博した落語界の重鎮で落語協会最高顧問の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名・中澤円法=なかざわ・えんぽう)さんが23日、死去した。88歳。


 


 東京都墨田区向島出身。岩倉鉄道学校(現岩倉高校)卒。学徒動員で山手線新大久保駅に配属され駅員生活を送った。戦後の1945年9月、二代目円歌に入門し歌治。48年歌奴(うたやっこ)で二つ目昇進。初めてメガネをかけた落語家で、「山のあな、あな」と繰り返す「授業中」をはじめ、「浪曲社長」「月給日」などの新作落語で人気を得た。


 


 58年、戦後入門組としては初めて真打ちに昇進。興隆期のテレビにも数多く出演し、初代林家三平らとともに、大衆にアピールする落語の新時代を開いた。映画には、66、67年の東宝「落語野郎」シリーズなどに出演した。


 


 70年、三代目円歌を襲名したのを機に・・・・・・・・


 


       続きはこちら ☞   http://mahoroba19.com/archives/6170


 


yjimage (1).jpg

 


引用・参考元 ヤフーニュース < 毎日新聞


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000004-mai-soci


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【訃報】評論家の渡部昇一氏が死去 「知的生活の方法」など著書多数! [訃報]

【訃報】評論家の渡部昇一氏が死去 「知的生活の方法」など著書多数!


英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子(みちこ)さん。後日、お別れの会を開く。ここ数日、体調を崩していた。

 昭和5年、山形県鶴岡市生まれ。上智大大学院修士課程修了後、独ミュンスター大、英オックスフォード大に留学。帰国後、上智大講師、助教授をへて教授に。専門は英語学で、「英文法史」「英語学史」などの専門書を著した。

 48年ごろから評論活動を本格的に展開し、博学と鋭い洞察でさまざまな分野に健筆をふるった。51年に「腐敗の時代」で・・・・・・・・・・


 
 
 
 
c3cfbfe3c7f661720c3afaa9543ebead.jpg 
 




引用・参考元 ヤフーニュース < san-soci >
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000501-san-soci

画像元 yjimage       https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%B8%A1%E9%83%A8%E6%98%87%E4%B8%80#mode%3Ddetail%26index%3D33%26st%3D700



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

渡瀬恒彦さん逝く!ケンカ最強伝説も… 兄・渡哲也の前だけでは“弟の顔” [訃報]

渡瀬恒彦さん逝く!ケンカ最強伝説も… 兄・渡哲也の前だけでは“弟の顔”


◆◇渡瀬恒彦さん死去◇◆

 空手道2段で「芸能界で最もケンカが強い男」と俳優仲間からも一目置かれていた渡瀬恒彦さんだが、兄の渡哲也(75)にだけは弟の顔を覗かせた。2011年に放送されたTBSドラマ「帰郷」で40年ぶりの兄弟共演を果たしたが、会見で見せた丁々発止は強烈に兄弟仲の良さを印象づけた。先に逝った弟、渡の胸中は察するに余りある。


 渡瀬さんの“強さ”は伝説化していた。「生意気盛りの俳優を撮影所の駐車場に呼び出してボコボコにした」「米兵3人を1人で撃退」などなどエピソードは枚挙にいとまがない。

 そんな最強男がリスペクトし、そして甘えられる存在が兄の渡だった。兵庫県淡路島から上京し、学生時代は新宿での下宿で共同生活を送った。兄は青山学院大学、弟は早稲田大学で空手部に籍を置き、心身を鍛えた。渡は木製のハンガーを手斧(おの)で割ったが、弟の渡瀬さんの方が腕っぷしは上だったという。

 渡はその後、日活に入社したが、実は勝手に・・・・・・・・


 
 
 
yjimage (9).jpg 

 

 

 yjimage (3).jpg





記事・画像引用・参照元 Yahoo News<スポニチアネックス>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000092-spnannex-ent




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能