So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日大アメフト内田前監督は“袋のネズミ”!スポーツマンらしく潔い対応が必要だった!保身に終始! 日大身内も公然と批判も! [Sports]

日大アメフト内田前監督は“袋のネズミ”!スポーツマンらしく潔い対応が必要だった!保身に終始! 日大身内も公然と批判も!


 


yjimage (8).jpg

  何せ!安倍総理の一連の、森友、加計事件で、総理の虚偽答弁が問題になっている最中だったのが、間が悪かった。火に油を注いだのが日大アメフト部・内田正人監督(62)の言動にあるのは明白だ。


  日大選手の悪質なタックルによって全治3週間のケガを負った関学大選手の父親が21日、大阪府警に被害届を出したことを明らかにした。「内田監督の会見で真実を聞くことができなかった。加害者が何故あそこまで追い込まれなければならなかったのか、あちらの監督の会見で一言言っていただきたかった」 こう話す父親は、日大の対応次第では告訴まで検討せざるを得ないと思い、被害届を提出したという。


  内田監督は去る19日に兵庫県西宮市内で、負傷した選手や保護者らに謝罪。一連の問題の責任は自分にあると辞任を表明したものの、選手にラフプレーを指示したのかなど肝心な部分に関しては逃げまくり。「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたのかの説明がなかったし、指示があったのかも話されなかったので釈然としない」と父親は怒り心頭だった。


  内田監督は日大の常務理事。大学内の役職を退く可能性について「それは違う問題」と否定したが、内田監督の言動が大学のイメージを著しく低下させたのは事実。にもかかわらず学内の中枢に居座る傲慢さには誰もがあきれるし、それで良しとする大学も大学ではない。


 ■大学のイメージを著しく傷つけた責任■


 「米国なら辞任どころか解任。学長以下、しかるべき立場の人たちも含めて学校には残れません」と、アメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏がこう続ける。「11年にペンシルベニア州立大学のフットボールのコーチが、大学の施設内に複数の少年を連れ込んで性的行為を強要していた不祥事が発覚。コーチは逮捕され、隠蔽工作をしていた監督はもちろん、学長、副学長、体育局長まで・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞    http://mahoroba19.com/archives/12388


 


yjimage (2).jpg

画像 引用・参考元 Yahoo News 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/229544/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%97%A5%E5%A4%A7+%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

危険タックル選手、会見で「内田監督とコーチの指示に基づいて反則」と主張へ 前代未聞の悪質性!通常個人の判断ではあり得ぬ事態! [Sports]

危険タックル選手、会見で「内田監督とコーチの指示に基づいて反則」と主張へ前代未聞の悪質性!通常個人の判断ではあり得ぬ事態!


yjimage (8).jpg


?アメリカンフットボールの日大の選手が危険すぎるタックルで関学大のQBを負傷させた問題で、負傷させた日大の守備選手が22日に東京都内で記者会見し、内田正人監督とコーチの指示に基づいて反則をしたと主張することが分かった。関係者が21日、明らかにした。


? 日大は16日までに関学大に届けた回答書には「意図的な乱暴行為を選手へ教えることはない」と内田正人監督(62)の指示はなかったとしていた。内田監督は関学大に謝罪した19日に、指示については明言を避けていた。


? 関学大・小野宏ディレクターは17日の会見で、悪質な反則行為を繰り返した日大選手に対して「本人(日大選手)がこのことについての真実を自分の口から話すことが、彼のこれからの人生のためにも必要なんだろうと思います」と話していた。


?騒動後、全く姿を現していなかった日大・内田正人監督が、19日突然の辞任会見を行った。


会見で“悪質タックル”について「監督からの指示はあったのか」と何度も問われる場面があったが、内田監督は頑なに明言を避けた。一番重要な事実関係を明かさないままの辞意表明…この会見を受け、被害選手の父親は21日午前、大阪府警に被害届を提出した。


?■東京大学アメリカンフットボール部ヘッドコーチを務める森清之さんの見解■


?3度の“悪質“ 専門家が解説


?【立本信吾フィールドキャスター】:


まずは、今回問題となっている2回の悪質タックルと1回の悪質プレーについて。内田監督がどのような状況で見ていたのか?別角度の映像も用意しています


?【安藤優子】:1回目のタックルは、きわめて危険ですよね


?【森清之氏】:そうですね。力を抜いているところに当たられる、しかも見えないところから当たられることも重なっていて、非常に危険です


?【立本】:内田監督とみられるこの人物は、1回目の“悪質タックル”のとき、タックルした選手の方を見ているように見えます。ボールは画面左側にあるので、ふつうは選手の集まっているボールの方を見ると思われますが?


?【森氏】:このタイミングで、ここ(右側のタックルしている選手の方)はふつう見ないですね。関西学院大の小野ディレクターもこの試合を見ていたそうですが、あとでビデオを見て初めてこういうことがあったと知ったそうです


?【立本】:2回目のタックルが行われた時、すでに反則そしてペナルティだというアナウンスが流れていますが、内田監督はそのことに対して何か声を荒らげたりするようなそぶりが見えないんです。これはふつうのことなんでしょうか?


?【森氏】:15ヤード(罰退)の反則って非常に重いんです。特に力のある者同士のクロスゲームとなると、この反則一つで試合の勝ち負けが影響されることもよくあるんですよ。ですから、基本的に反則は絶対・・・・・・・・・・・・・・


?つづきはこちらから ?  http://mahoroba19.com/archives/12376


yjimage (13).jpg


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <sanspo


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000589-sanspo-spo


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <FNNプライム>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00010014-fnnprimev-spo&p=1


(「直撃LIVE グッディ!」521日放送分より)〓


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%97%A5%E5%A4%A7+%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%88%E9%83%A8+%E5%8F%8D%E5%89%87&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

清宮を外して焦り!…巨人は「順位繰り上げ」連発の及び腰!「常勝巨人」の選手育成の虚像! [Sports]

清宮を外して焦り!…巨人は「順位繰り上げ」連発の及び腰!「常勝巨人」の選手育成の虚像!


 プロ野球ドラフト会議が行われた。今年は有力選手が多く、ドラフトの結果が注目された。ニッハムは今年も又、有力選手を引き当て、運の良さを見せつけた。そんな中で、巨人は、外しに外し、最悪の結果となった。


 年少の頃は、熱烈な「巨人ファン」だった。当時は与那嶺、宮本などが活躍していた。そんな中で、別所や金田を入団させたころから、野球で勝負せず、「金」に物を言わせ、その強引なやり方に、疑問を持った。決定的に心が離れたのは、例の「江川事件」だった。阪神入団が決定していた江川を、協定の不備な点=球団の支配権が一瞬切れる間隙を突いて、強引に引っ張った。中には「プロ」なんだから、どんな手段を使っても、取った方が勝ちだという友人もいたが納得できなかった。


 さて今年のドラフトが昨日行われた。巨人に焦点を当てて、ドラフトを見てみよう。「多少、緊張感はあった」と漏らした巨人・高橋由伸監督(42)が臨んだ初めてのクジ引きは、無残なものだった。早実・清宮を7球団競合の抽選で逃し、外れ1位では九州学院・村上を3球団競合の抽選で外した。外れの外れで中大・鍬原拓也投手(21)を指名。ここでやっと・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8308


 


yjimage (5).jpg

 


記事引用・参考元 日刊ゲンダイ <  


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/216422/1


画像元 yjimage


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/216422/1(ドラフト会議)


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%B1%9F%E5%B7%9D%E5%8D%93%E5%85%A5%E5%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large(江川事件)


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

横綱・白鵬が語った「これからの大相撲」と、自分的にはあと3年、あと17場所頑張りたい!と抱負を語る! [Sports]

横綱・白鵬が語った「これからの大相撲」と、自分的にはあと3年、あと17場所頑張りたい!と抱負を語る!

「目標、夢はたくさんあるけど、そのひとつが“あと3年”。東京オリンピックまでは現役でいたい」新横綱・稀勢の里ブームで沸く大相撲。だが、長らく相撲界を牽引してきたのは、今年で横綱在位10年を数える白鵬なのは間違いない。そんな大横綱が語った「現役あと3年」宣言。9日、都内スタジオで行われた自身の密着ドキュメンタリー番組「白鵬レガシー計画(プロジェクト)」(2月26日午後4時〜※TBS関東ローカル)のナレーション収録後の一幕だ。

◆ナレーション収録に臨んだ横綱・白鵬 (C)TBS◆

「これからの力士は幸せだと思うな」

2012年に始まり、年1回のペースで放送されている白鵬密着ドキュメントの第6弾。今回は、史上3人目となる「通算1000勝」の大記録を目指して戦った舞台裏、横綱になって初めて体にメスを入れた怪我との戦いなど、「白鵬この1年」を振り
返ることができる・・・・・・・・


 
 

 

 yjimage (2).jpg

◆「白鵬レガシー計画(プロジェクト)」
2月26日午後4時〜※TBS関東ローカル(3月4日午後1時〜※BS-TBSで再放送)


記事・画像 引用・参考元 Excite News <エキサイトレビュー>(オグマナオト)
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20170210/E1486662426878.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宇良 奇手「たすき反り」ものの見事に決めた!十両以上で史上初 ∨争いもトップに並ぶ!いよいよ幕内昇進か!? [Sports]

宇良 奇手「たすき反り」ものの見事に決めた!十両以上で史上初 ∨争いもトップに並ぶ!いよいよ幕内昇進か!?

大相撲初場所13日目は20日、東京・両国国技館で行われ、東十両3枚目の宇良(24=木瀬部屋)が奇手「たすき反り」を決めた。日本相撲協会の資料によると、決まり手を正式に発表するようになる以前の1952年(昭27)1月の春場所に常の山が大内山に決めているという。決まり手を発表するようになってからの十両以上の取組では史上初めて。宇良は学生時代に「居反り」を得意としたことでも知られる業師。 正式に、初めて「たすき反り」を決めた力士として記録されることに「名前が残るのはうれしい」と、喜んだ。

 たすき反りは、相手の差し手の肘を抱えて、その腕の下にもぐり込み、一方の手で相手の足を内側から取って、たすきを掛けるようにして後ろに反って倒す珍しい技。宇良は天風の左腕を取りながら体を反って豪快に土俵に沈めて3敗をキープ。十両の優勝争いトップに並んだ。

今回は「たすき反り」だが、宇良は、しぶとい相撲で、何が飛び出すかわからない、謂わば技のデパートのような力士だが、その中で「居反り」について、少々述べてみよう。宇良は学生時代から、奇手・珍手で有名な力士だった。
学生時代に得意とした、奇手といわれる「居反り」が...............

 
 

 

 spo17012016010030-p4.jpg

記事・画像引用元 Yahoo News<スポニチアネックス>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000112-spnannex-spo


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ