So-net無料ブログ作成

風疹5年ぶりに大流行!患者数2千人超え…風疹に対する考え方と、今すべき本当に必要な対策とは!? [健康]

スポンサードリンク




風疹5年ぶりに大流行!患者数2千人超え…風疹に対する考え方と、今すべき本当に必要な対策とは!?


https_%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20180928%2F96958A9F889DE1E7E5E3E2E1E7E2E0E7E2EBE0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXZZO3571148025092018000000-PB1.jpg

 風疹が7月以降、流行している。合計患者数が11月20日時点で2000人超。これほどの数になるのは、2012年~13年の全国的な流行以来5年振りだ。しかし、「三木内科クリニック」(東京・神田)の三木治院長は「だれもが過剰に反応するのはどうかと思います」と話す。


 「先日も、風疹流行の報道を見て、60代の男性が慌てて受診されました。しかし話を伺うと、妊娠可能な女性と接触する機会はほぼない。その男性も、風疹ではなく風邪でした」(三木院長) この男性は風疹の説明を受けると、受診時とは一変、落ち着いた様子で帰って行った。


  三木院長が「冷静な対応を」と言うのは、風疹で恐れなければならないのが「先天性風疹症候群」だからだ。


  風疹は健康な大人が罹っても殆どが大事には至らない。しかし妊婦が感染すると大問題だ。胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心臓病、白内障、精神や身体の発達の遅れなど障害を持つ可能性がある。これらを「先天性風疹症候群」という。風疹対策は自分の為にではなく、妊婦と新生児のために考えなくてはならないのだ。


  ■ベストはワクチン接種だが■


 「国のワクチン制度の変更でワクチン接種を受けていない30~50代の男性が感染者の中心です。妊娠可能な女性と接触する機会があるでしょうから、風疹対策をしっかり考えるべき。高齢者であっても、子供夫婦と・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/14469


201808230195_top_img_A.jpg


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/242310?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A2%A8%E7%96%B9%E5%A4%A7%E6%B5%81%E8%A1%8C&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D1%26st%3D222.22222900390625


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。