So-net無料ブログ作成

当たり前に「ラーメン一杯」を完食出来た時は涙が出た! 藤原組長(プロレスラー)の胃がん闘病記! がんはラッキーだ! [健康]

スポンサードリンク




当たり前に「ラーメン一杯」を完食出来た時は涙が出た! 藤原組長(プロレスラー)の胃がん闘病記! がんはラッキーだ!心筋梗塞・脳梗塞は一発OUTや!がんには時間がある! 


 yjimage (14).jpg


 「残念な結果が出ました」掛かった医者が電話の向こうで言い放った! 藤原喜明さん(69歳=以下藤原組長と称す!)はガーンと打ちひしがれた!3日前に胃カメラ検査を受けた病院からで「胃がんが見つかった」とのことだった。 「4センチ大、ステージ<3a期>で、5年生存率は当時41.8%ぐらいだったなあ! そりゃショックだったでえ」


 だけど割と直ぐに立ち直った。考えてみりゃ死ぬっていっても誰でも一度は死ぬわけだから、それが30年後か明日かの違いしかない。「どうせ死ぬならカッコよく死んでやる」と思ったね。


  検査を受けたきっかけは、「ひょんなことで知り合った人」の快気祝いで食事したとき、彼のお母さんに「あなた、お箸の使い方が下手ね。お母さんに教わらなかったの?」と言われた事だった。 当時、右肘を壊して指先もうまく動かせなかったから、ちょっと「カチン」と来てケガの状態を話したんだ。すると「いい病院があるから紹介して上げる」と言われてね。肘も限界だったから、ちょっと遠かったけど行って手術を受けたんだ。


  本当なら1週間入院のところを「1週間後に抜糸に来る」という約束で、1泊で退院。そのとき「抜糸でまたここまで来るなら」と大腸内視鏡検査を予約して帰った。で、検査を受けたら又、「結果は1週間後」と言われたので、「結果だけ聞きに来るのも何だなあ」、今度は胃カメラ検査を予約して帰ったんさ。


  俺は病院嫌いだから、自慢じゃねえが、健康診断は何十年も受けていなかった。「お箸が下手」と言われなかったら検査なんてしなかったし、医者には「あと1カ月遅かったらもうあの世行きだった」と言われたから、あの「カチンと来たかあちゃんは命の恩人」だな(笑い)。


  手術では胃を半分切って、胆のう、胆管を切除。さらに逆流性食道炎にならないように小腸を何センチか切って食道に繋げたらしい。本来なら胃の全摘が理想みたいなんだが、プロレスをやるためには胃は残した方がいいという先生の判断だった。「絶対カムバックするだろうから」と先生が知恵を絞ってくれたんだ。


  胸の下から臍の下までガッツリ切ってるから痛くない訳ないんだけど、集中治療室で看護師さんから「痛くありませんか?」と聞かれる度に「大丈夫です」と言い続けていた。俺丈じゃ無え、みんなガマンしていると思ってたからさ。術後4日も経ってからモルヒネっていう痛み止め・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/13209


yjimage (15).jpg

 ▽ふじわら・よしあき(プロフィール) 1949年、岩手県生まれ。23歳で新日本プロレスに入門し、アントニオ猪木のスパーリングパートナーに抜擢される。「関節技の鬼」の異名を取って人気を博した。1991年「藤原組」を旗揚げしてフリーに転身。プロレスラーとして現役で活動しつつ、俳優、声優、イラストや陶芸などのアーティストとしても活躍している。


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ(愉快な病人たち) 


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/233569


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%B5%E3%81%98%E3%82%8F%E3%82%89%E3%83%BB%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%82%E3%81%8D


 


 


 


 


 





スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。