So-net無料ブログ作成

長野県天然記念物指定の、奇岩「岩鼻」考!嘗て周辺は湖だったとの説がある! [名所旧跡巡り]

スポンサードリンク




長野県天然記念物指定の、奇岩「岩鼻」考!嘗て周辺は湖だったとの説がある!


yjimage (6).jpg

 岩鼻(いわばな)とは、長野県上田市と埴科郡坂城町との境付近にある景勝地なのだが、聞いただけでは何であるか解らないのではないかと思う。国道18号線を長野に向かい、上田市街を抜けて、西上田に入ると、千曲川(新潟県に入ると信濃川と呼称される)の両岸を崖同士が向き合って聳え立っているのが確認できる。(川下に向かって)右岸の崖は上田市と坂城町の境に在るが左岸の崖は上田市に属し、坂城町との境からは離れている。長野県の天然記念物に指定されている。『源平盛衰記』においては、塩尻狭と記された場所に当たり、古くは「岩端」、「岩花」、「巖華」とも呼ばれていた。


 千曲川を挟んで左岸の崖を半過岩鼻(はんがいわばな)といい、右岸の崖を下塩尻岩鼻、または塩尻岩鼻と呼んでいる。前者は柱状節理が発達した石英角閃石ひん岩、後者は緑色凝灰岩(グリーンタフ)をそれぞれ主体とする岩石から成っている。この地質の差異は、崖間に「千曲川断層」が存在することを示唆している。崖の高さは約120メートル。平坦な崖上面には河床礫が見られ、かつての千曲川の河床の高さが伺い知れる。


 これら2つの崖はもともと陸続きであり、冠着山と四阿山とを結んでいた。これを千曲川が侵食したことで、現在の様な川を挟んで崖同士が相対する地形となった。それまで岩鼻上流は大きな湖であったとされ、これを由来とする民話や地名が東信地方(上小地域・佐久地域)の各所に残り伝承されている。


 長野県は1974年(昭和49年)114日付けで当地13ヘクタールを「小泉、下塩尻及び南条の岩鼻」の名称で天然記念物(地質鉱物)に指定した。「岩鼻」という名の由来については、聳える巨岩が今にも落ちそうにして千曲川に迫っている様子(岩の端)から、あるいは外観が人間の鼻の形に似ているからとも言われる。実際にそのように見える。


 岩鼻では、千曲川を境にして右岸に国道18号・上信越自動車道・しなの鉄道しなの鉄道線・JR北陸新幹線が、左岸に国道18号上田坂城バイパス・長野県道77号長野上田線がそれぞれ通じている。元々当地は埴科郡・更級郡・小県郡の3郡が接し、北国街道が通じる交通の要衝であった。参勤交代でここの地を通過する加賀藩は当地の地形に危惧を抱いており、通過の際は金沢に使者を送り・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/13147


yjimage (5).jpg

 参考・画像 wikipedia


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E9%BC%BB_(%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C)


画像 小生オリジナル


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%B2%A9%E9%BC%BB+%E4%B8%8A%E7%94%B0&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。