So-net無料ブログ作成

日大アメフト内田前監督は“袋のネズミ”!スポーツマンらしく潔い対応が必要だった!保身に終始! 日大身内も公然と批判も! [Sports]

スポンサードリンク




日大アメフト内田前監督は“袋のネズミ”!スポーツマンらしく潔い対応が必要だった!保身に終始! 日大身内も公然と批判も!


 


yjimage (8).jpg

  何せ!安倍総理の一連の、森友、加計事件で、総理の虚偽答弁が問題になっている最中だったのが、間が悪かった。火に油を注いだのが日大アメフト部・内田正人監督(62)の言動にあるのは明白だ。


  日大選手の悪質なタックルによって全治3週間のケガを負った関学大選手の父親が21日、大阪府警に被害届を出したことを明らかにした。「内田監督の会見で真実を聞くことができなかった。加害者が何故あそこまで追い込まれなければならなかったのか、あちらの監督の会見で一言言っていただきたかった」 こう話す父親は、日大の対応次第では告訴まで検討せざるを得ないと思い、被害届を提出したという。


  内田監督は去る19日に兵庫県西宮市内で、負傷した選手や保護者らに謝罪。一連の問題の責任は自分にあると辞任を表明したものの、選手にラフプレーを指示したのかなど肝心な部分に関しては逃げまくり。「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたのかの説明がなかったし、指示があったのかも話されなかったので釈然としない」と父親は怒り心頭だった。


  内田監督は日大の常務理事。大学内の役職を退く可能性について「それは違う問題」と否定したが、内田監督の言動が大学のイメージを著しく低下させたのは事実。にもかかわらず学内の中枢に居座る傲慢さには誰もがあきれるし、それで良しとする大学も大学ではない。


 ■大学のイメージを著しく傷つけた責任■


 「米国なら辞任どころか解任。学長以下、しかるべき立場の人たちも含めて学校には残れません」と、アメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏がこう続ける。「11年にペンシルベニア州立大学のフットボールのコーチが、大学の施設内に複数の少年を連れ込んで性的行為を強要していた不祥事が発覚。コーチは逮捕され、隠蔽工作をしていた監督はもちろん、学長、副学長、体育局長まで・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞    http://mahoroba19.com/archives/12388


 


yjimage (2).jpg

画像 引用・参考元 Yahoo News 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/229544/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%97%A5%E5%A4%A7+%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。