So-net無料ブログ作成

動脈硬化リスクを家庭で知る方法!サインを見逃すな!“サイン”を医師が解説する! [健康]

スポンサードリンク




動脈硬化リスクを家庭で知る方法!サインを見逃すな!“サイン”を医師が解説する!


 


yjimage (33).jpg

  中高年ともなれば誰でも脳梗塞や心筋梗塞といった血管の病気による突然死リスクが高くなる。カギを握るのは「動脈硬化」だ。最近は病院の検査で進行度合いはわかるが、検査に行くのは面倒くさいという人もいるだろう。家庭で知ることはできないのか? 北品川藤クリニック(東京・北品川)の石原藤樹院長に聞いた。


 動脈とは心臓から全身に血液を送り出す血管のこと。動脈硬化は動脈が硬くなることで、その特性であるしなやかさが失われスムーズに血液を流せなくなる。


 「そうなると、血管内皮に粥腫が付着して血管の内径が狭くなったり、詰まったりします。ときには粥腫がはがれて血液内を浮遊して、血管の別の場所を詰まらせることもあります」


  むろん、血管が硬くなれば血管はもろく破れやすくなる。その場合の心臓の負担は大きく、高血圧や心不全、心肥大などの心臓病のリスクを上げる。血管が狭くなったり詰まったりすることで脳梗塞や心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの病気も起こりやすくなる。血管が破れ、くも膜下出血など脳の病気になる危険も高くなる。


  「こうしたさまざまな病気を招く動脈硬化は別名『沈黙の殺人者』と呼ばれるほど危険です。例えば、動脈硬化症が大きな原因とされる脳血管疾患や心疾患を合わせると死因の3割を占めます。これはがんと同じ数です」


  また、寝たきりの4割は脳や心臓病など動脈硬化が原因とされる病気が占めている。動脈硬化は一般の人が想像する以上に怖い病気だ。


 ■では、動脈硬化のサインを知るにはどうしたらいいのか?■


 「まぶたに脂肪の塊ができたりアキレス腱が太いと気がついたら要注意です。まぶたの脂肪は黄色腫と呼ばれるもので・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞   http://mahoroba19.com/archives/12311


 


yjimage (6).jpg

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。