So-net無料ブログ作成

理想の去り際は「執着しないこと!」「惜しまれつつ、されど潔く」! [人物]

スポンサードリンク




理想の去り際は「執着しないこと!」「惜しまれつつ、されど潔く」!


yjimage (3).jpg


心臓外科医になって30年を越え、これまで8000例近い手術を行ってきました。かつて手術をした患者さんも高齢な方が増え、亡くなられたという連絡もいただきます。昨年も、以前に私が執刀した4人の患者さんが亡くなりました。みなさん85歳を越えて天寿を全うされたのですが、医師としてさまざまなことを考えさせられます。


 を治す」ことの先には、「健康寿命をつくる」というテーマがあり、健康寿命の終末には「死」があります。死というものは、医師として大きな命題で避けて通ることはできません。


  心臓手術を受けた患者さんの多くは、その後も一生懸命、外来に通ってくれます。心臓の機能が回復して元気な姿を見せたいという思いがあるのでしょう。しかし、だんだん高齢になって体力が落ちてきたり、ケガをしたことがきっかけになったりして、いつの間にか通院出来なくなってしまいます。そして、「しばらく顔を見ていないな」と思っていると、亡くなったという知らせが届くケースが多い。


  私はあくまでも手術を執刀したというだけで、その患者さんの掛かりつけの担当医ではありません。ですから、診察する機会も数カ月に1回程度です。それでも、亡くなった知らせを聞くと、あの時ほかに何か掛けられる言葉があったのではないか、もっとお話ししておけばよかったのではないか……といった気持ちが湧き上がってくるのです。


  外来で患者さんにお会いするたびに、「執刀医として、この患者さんがいつ亡くなっても思い残すことはない」といった覚悟はどうしてもできません。また3カ月後に来てくれれば、またお会い出来ればいいなという思いがあるのです。


  そうした患者さんと多く接していると、自分自身の・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/11842


 


yjimage (4).jpg

天野篤氏プロフィール


順天堂大学医学部心臓血管外科教授


1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/228011?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%A4%A9%E9%87%8E%E7%AF%A4&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。