So-net無料ブログ作成

網膜静脈閉塞症とは? 高血圧・糖尿病・脂質異常症なら 目のチェックは怠らない! [健康]

スポンサードリンク




網膜静脈閉塞症とは? 高血圧・糖尿病・脂質異常症なら 目のチェックは怠らない!


 


yjimage (16).jpg

高血圧、糖尿病、脂質異常症などがある人は、目の症状に注意すべき。定期的な検査が必要な人もいる。梶田眼科の梶田雅義院長に聞いた。


 「高血圧をはじめ、動脈硬化を引き起こす生活習慣病患者が大半を占める目の疾患が、網膜静脈閉塞症です」 昨夜までしっかり見えていたのに、朝起きたら、何も見えなくなっていた――。そう訴える患者の血液検査などを行うと、生活習慣病が見つかることもあるという。


 ■網膜静脈閉塞症は、読んで字のごとく、網膜の静脈が閉塞する疾患■


  目に入った光の情報は水晶体を通り、網膜の上に像を結び、視神経を通って脳に伝えられ、私たちは「見えているものが何か」を認識する。 網膜内の血管には、動脈と静脈があり、それらは血管の外壁を共有してひとつのさやの中に納まっている。「動脈硬化が進行すると、網膜内の動脈が硬くなり、静脈を圧迫。すると静脈内の血流が滞り、血栓ができ、閉塞が起こる」 静脈を流れる血液は網膜から視神経へと出ていくが、閉塞すると、その上流部分の静脈から血液や水分が漏れ出し、眼底出血や網膜浮腫(網膜のむくみ)が起こる。「血管から漏れ出した血液は毒として働き、周囲の視細胞が死んでいきます。さらに網膜の機能も低下する。結果として、見え方や視野に異常が生じます」


 ■症状はある日突然…■


  閉塞がどこに起こるかによって、網膜静脈閉塞症は2種類に分かれる。 ひとつは、網膜内の静脈が閉塞する「網膜静脈分枝閉塞症」。もうひとつは、視神経内の静脈が閉塞する「網膜中心静脈閉塞症」。どちらに起こるかは、動脈と静脈の交差の仕方などが関係しており、動脈硬化の進行具合とは一致しない。 網膜静脈分枝閉塞症では、静脈の閉塞部分によって、自覚症状がほぼない人から、「目のかすみ」「視野が欠ける」「出血したところが黒っぽく見える」「ものが歪んで見える」などの症状で・・・・・・・・・・・・


 


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10780


 


yjimage (1).jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/224972


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%B6%B2%E8%86%9C%E9%9D%99%E8%84%88%E9%96%89%E5%A1%9E%E7%97%87&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。