So-net無料ブログ作成

自民党内に反安倍勢力台頭か?1強体制に異変=裁量労働制断念から始まる「安倍降ろし」!利益相反すれば加速度的に急転! [政治]

スポンサードリンク




 


自民党内に反安倍勢力台頭か?1強体制に異変=裁量労働制断念から始まる「安倍降ろし」!利益相反すれば加速度的に急転!


 yjimage (34).jpg


 白旗を掲げ「裁量労働制の拡大」を断念した安倍首相。最大の理由は、自民党内の反対が余りにも強かったからだ。しかし、これまで安倍首相が党内の反対に屈することなど考えられなかったことだ。力が落ち始めているのは間違いない。この先、自民党内で“安倍3選阻止”“安倍降ろし”の動きが強まってもおかしくない。


 ■官邸の意向を軽んじ始めた自民党■


  つい最近まで、首相周辺は「裁量労働制の拡大」も強行突破できると甘く考えていた。しかし、先週23日(金)に自民党内から「裁量労働制拡大」の分離案が浮上すると、風向きが変わったという。27日の自民党の厚労部会では「法案審議が持たない」と公然と批判が噴出。


  決定的だったのは、二階幹事長が官邸の要望を無視して「予算案の衆院通過」を1日遅らせたことだ。しかも、態と官邸の耳に入るように「自民党は官邸の下請けじゃない」とドスを利かせている。「安倍1強」のこの5年間、自民党が官邸の命令に逆らうことは、ほぼ皆無だった。


  官邸の意向を、党が軽んじるようになったら、政権は長くないのが過去のパターンだ。江田憲司衆院議員も、ツイッターでこうつぶやいている。<官邸主導だった政治に、党が一矢報いたということ><私の経験からも「官邸主導」が「党主導」になっていくと政権の終わりが見えてくる>


  それでなくても、安倍首相は、総裁3選できるのかどうか、不安を強めているという。「安倍1強」を支えてきた有力派閥の“安倍離れ”が顕在化して来たからだ。


  なかば公然と“反アベ”で動きだしているのが・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10538


 


 yjimage.jpg


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/224313/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E5%86%85%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%8B%A2%E5%8A%9B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 





スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。