So-net無料ブログ作成

本白根山が想定外の噴火!全くノーマークだった! 火山はいつ噴火してもおかしくはないと思うべき! [危機管理]

スポンサードリンク




本白根山が想定外の噴火!全くノーマークだった! 火山はいつ噴火してもおかしくはないと思うべき!

 

 すべての活火山に注意が必要だ。23日午前10時ごろ、群馬県と長野県の県境にある草津白根山の本白根山(2171メートル)が噴火。近くのスキー場で訓練中だった自衛隊員1人が噴石に当たり死亡したほか、隊員やスキー客11人が負傷した。約80人が山頂付近に取り残されたものの、昨夜、全員救出された。

  気象庁は噴火発生から約2時間後、草津白根山の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げたが、事前の注意喚起や噴火速報もできなかった。今回の噴火は全くの想定外だったという。 2014年に火山性地震が増加するなどしたため、気象庁は草津白根山の警戒レベルを最も低い1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。ところが、その後、火山活動がおさまったため、昨年6月にレベル1に戻していた。

 ■そんな中でなぜ、今回の噴火は起きたのか■

 「『草津白根山』といっても、14年にレベル2に上げるなど警戒していたのは、白根山の湯釜です。今回噴火が起きたのは2キロ離れた本白根山の鏡池。鏡池付近での活動は確認されていなかったので、警戒していませんでした。監視カメラも置いていません」(気象庁・火山課) つまり、今回の噴火は全く・・・・・・・・・・・・・・・

 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9828

 

yjimage (1).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/221820

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%A6%81%E8%AD%A6%E6%88%92%E6%B4%BB%E7%81%AB%E5%B1%B1&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

 

 

 

 




スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。