So-net無料ブログ作成

<草津白根山>予測難しい水蒸気噴火!次に備え分析急務! [危機管理]

スポンサードリンク




<草津白根山>予測難しい水蒸気噴火!次に備え分析急務!


 


草津白根山の本(もと)白根山(群馬県、2171メートル)で起きたのはどんな噴火だったのか。火口の位置や噴石の到達範囲、火砕流の有無などを知ることは、今後の噴火や被害を予測するうえで欠かせない。気象庁は24日、現地調査を予定していたが、吹雪など天候に阻まれ、成果は上がっていない。【飯田和樹】


 yjimage (7).jpg


【写真特集】草津白根山から立ち上る噴煙と噴石


 


 3種類ある噴火のうち、今回は水蒸気噴火とみられる。マグマの熱で温められた地下水が水蒸気となって膨張し、火口の岩盤を破って噴き出す現象だ。マグマそのものが噴き出す「マグマ噴火」や、マグマが地下水と接触して水蒸気が急膨張する「マグマ水蒸気噴火」は、マグマの動きが地震や山体膨張という前兆に表れやすい。マグマの動きがそれほどない水蒸気噴火は予知が特に難しい分、一層慎重な警戒が必要だ。


  東京大地震研究所の中田節也教授は、水蒸気噴火について「前兆が弱かったり、前兆が観測されてから間を置かず噴火したりして、予測は・・・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9803


  


yjimage (28).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000117-mai-sctch


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%B1%B1%E5%99%B4%E7%81%AB&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。