So-net無料ブログ作成

地元老人の犠牲の上に成り立つ過疎対策! バスもタクシーも来ない集落の「命綱」 公共交通空白地有償運送の実態!それでも住み続ける!土地への思い [生活の情報]

スポンサードリンク




地元老人の犠牲の上に成り立つ過疎対策! バスもタクシーも来ない集落の「命綱」 公共交通空白地有償運送の実態!それでも住み続ける!土地への思い


 


 yjimage (2).jpg


 


老人が老人を車に乗せる地方の過疎地がある。バスの本数は少なく、タクシーは廃業したような地域では、車がなければ病院にも行けません。自動運転やネット配車サービスなどが話題を集める時代。ギリギリの助け合い交通網が、山間部の高齢者にとって「命綱」になっているそんな集落が多数存在する。


 ■その実態は合法的な「白タク」■


  「山間部で老人が老人を車に乗せて運んでいる」と初めて聞いたのは、20169月、担当している警察署の交通部長からでした。 すぐさま調べ、過疎地の社協に連絡を取ったところ、「過疎地有償運送」という言葉を知りました。 過疎地有償運送とは、公共交通機関がない過疎地で、住民が許可をとって、運賃を得ながら乗客を乗せる、いわば合法的な「白タク」のことです。現場の山間部に行くと、ドライバーから「お金はもらっているが、1時間で数百円。殆ど・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9595


 


yjimage (6).jpg

(ご参考)     ◇


<公共交通空白地有償運送> バスやタクシーなどの公共交通が十分にない地域で、NPO法人や社会福祉協議会が地域住民に提供する運送サービス。2006年、道路運送法が改正され、「過疎地有償運送」として制度が始まった。地域の住民などが講習を受けて運転手になり、料金を得て客を運ぶ。154月から現在の名称になった。国土交通省によると、全国で99団体(163月末時点で)が運行している。


 記事引用・参考元 Yahoo News <with news>(朝日新聞高知総局記者・森岡みづほ)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000008-withnews-l39


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%85%AC%E5%85%B1%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%A9%BA%E7%99%BD%E5%9C%B0%E6%9C%89%E5%84%9F%E9%81%8B%E9%80%81&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。