So-net無料ブログ作成

矢部 宏治氏から見た「今回のトランプ来日」の足取りから見えた「とても残念な2つのこと」 [政治]

スポンサードリンク




矢部 宏治氏から見た「今回のトランプ来日」の足取りから見えた「とても残念な2つのこと」

 トランプ大統領の今回の来日の移動経路をよく見てみると…

一昨日(11月6日)、読者からのメールで、次のようなメッセージをもらった。「矢部さん、よかったですね。トランプが矢部さんの本のプロモーションをしてくれていますよ」

一瞬なんのことかわからなかった。トランプ来日に関しての様だが・・・、しかし、すぐにそれが訪日1日目の彼の移動経路の話だということがわかった。

 つまり、ハワイ→ 横田基地(東京都福生市)→ 霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)→ 六本木へリポート(東京都港区)という、移動経路のことだ。この殆どが、在日米軍の専用空域である「横田空域」に含まれている。そのためトランプは、いつのまにか日本に「入国」し、国内を動きまわり、都心部までやって来ているのだが、この間、日本の法令によるコントロールは一切受けていない。

 それが私の著書『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』のなかの「第1 日本の空は全て米軍に支配されている」と「第3 日本に国境はない」の絶好の宣伝になっている。だから、トランプに感謝しなさいという訳だ。

 そんな訳で、トランプは「日本」に来ていなかった!たしかにこのトランプの行動は、われわれ日本人にいろんなことを教えてくれる。そもそもまず、一体彼はいつ日本に「入国」来たというのか!?それは国境を越えたときなのか。米軍基地に着陸したときなのか。横田空域の外側に出たときなのか……。どれもちがう。答えは「実は彼は入国などしていない」ということだ。

 トランプが訪日直前に訪れたのは、ハワイにある米太平洋軍司令部だった。在日米軍と在韓米軍はこの司令部の指揮下にあり、日米韓3ヵ国のもつ特殊な歴史的事情(主に現在休戦中である朝鮮戦争)から、ハワイと日本・韓国の間には軍事的に何の切れ目も存在していない。

 とくに日本の基地については、米軍はいつでもどこにでも着陸し、そこから又飛び立って他国を攻撃する条約上の権利をもっている。そんな国は・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8578

 yjimage (1).jpg

矢部 宏治profile

1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表。著書に累計17万部を突破した『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(以上、集英社インターナショナル)、『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること――沖縄・米軍基地観光ガイド』(書籍情報社)など、共著書に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)。企画編集に「〈知の再発見〉双書」シリーズ、J..ロバーツ著『図説 世界の歴史』(全10巻)、「〈戦後再発見〉双書」シリーズ(以上、創元社)がある。

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <矢部 宏治  

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53435

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%9D%A5%E6%97%A5&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

 

 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。