So-net無料ブログ作成

睡眠不足は飲酒運転に匹敵するリスク。睡眠が1、2時間短くなるだけで、交通事故のリスクが2倍になることが判明(米研究) [危機管理]

スポンサードリンク




睡眠不足は飲酒運転に匹敵するリスク。睡眠が12時間短くなるだけで、交通事故のリスクが2倍になることが判明(米研究)

 アメリカ、ワシントンD.C.を拠点とするAAA交通安全基金(AAA Foundation for Traffic Safety)の調査によると、健康的とされる78時間の睡眠が12時間短くなるだけで、交通事故のリスクが2倍近くに跳ね上がるそうだ。

 アメリカ人の35パーセントが睡眠7時間未満だと言われており、交通事故の5件に1件が居眠り運転に起因する。寝不足のドライバーは十分な睡眠をとるよう注意しなければならない。

 ■睡眠不足は飲酒運転に匹敵するリスク■

「睡眠不足は危険ですが、それを軽く考える人が大勢います」とAAA交通安全基金のデビッド・ヤング博士。「調査からは、睡眠時間が5時間未満になると飲酒運転に匹敵するリスクがあることが判明しています」

 AAA交通安全基金の報告書によると、睡眠時間が23時間短くなった場合では、7時間睡眠をとったドライバーに比べて、4倍もリスクが高まるという。これは国家道路交通安全局が調査した法定基準を超えた飲酒運転の・・・・・・・・・

 

   つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/7310

 

a8465327.jpg

 

 記事・画像 引用・参考元 Excite News

    http://karapaia.com/archives/52230400.html

 

 

 

 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。