So-net無料ブログ作成

土地の歴史から分かる街の未来 関西では50万年前から断層の動きが活発化している!? [Topics]

スポンサードリンク




土地の歴史から分かる街の未来


関西では50万年前から断層の動きが活発化している!?


  


関西ではいくつかの山地と盆地が交互に並んでいます。この地域の外側を囲む線は三角形になり、「近畿三角地帯」と呼ばれています。そこではおよそ50万年前から断層の動きが活発になっています。阪神・淡路大震災も一連の動きによるもの。関西では数百年に一度、地震災害が起きています。


 


 50万年前から活発化したこの地殻変動は六甲変動と呼ばれ、六甲山や生駒山などが地形にあらわれ始めました。六甲山は標高931メートルで、街に面した南東側斜面は急な崖になっている。もともとは平地でしたが、これまで阪神・淡路クラスの地震が起きるたびに、1~3メートルくらい地面が持ち上がって、落差が大きくなっていったわけです。


低い方は・・・・・・・・・・


      


         続きはこちら☞ http://mahoroba19.com/archives/6465


 


 a7745bf72db0d1d652a6caa3607407bd20170529154130489_262_262.jpg


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/206340


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。