So-net無料ブログ作成

【プレさくら紀行第7弾】坪井の枝垂れ櫻 日本彼岸桜見立番付小結の実力!信州高山五大さくらの1つ! [桜紀行]

スポンサードリンク




【プレさくら紀行第7弾】日本彼岸桜見立番付小結の実力!信州高山五大さくらの1つ! 

信州も漸く松本や、上田辺りまで、桜の開花宣言がなされた。北信の須坂・高山村は後1週間くらい掛かるのではないかと思われる。そこで「プレさくら紀行」と銘打って、須坂・高山村の櫻をシリーズでご案内します。北信の春は桜を含め、長い雪の季節を耐え抜いて、一斉に花が咲き競う季節です。一度お越しになり、春の息吹をご堪能ください!

坪井の枝垂れ櫻 (信州高山村櫻回廊)高山五大櫻の1つ。樹高約10m、幹周囲約8m、根元の直径約4m、樹齢は約500年。「日本彼岸桜見立番付」で西の小結に選ばれている老樹。 

立松和平はこの坪井の櫻を見てこんな感想を述べている。以下ご紹介。
こんな墓の下で眠りたいなと思ったことがある。
長野県高山村は山の中で、桜が咲くのも遅い。そのため花を惜しむ人が集まってくるので、村は大賑わいである。村の中のあっちこっちにある桜をめざして、人は寄っては散っていく。桜の巡礼をするのだ。桜のまわりにはたいてい神仏が祀られている。人間を超越して美しく気高い存在として、桜も神仏に寄り添っているのだ。
高山村は俳人小林一茶ゆかりの地だ。一茶は幼くして母と死別し、江戸で苦しい奉公をし、故郷信州水内( みのち郡)柏原の肉親たちとの不和に苦しんだ。晩年になって得た四人の子とすべて死別し、妻とも死別して苦しい生涯を送った。その一茶は門人の久保田春耕を頼って・・・・・・・・・・・・・・・・


https://youtu.be/7H7yr8EUwtQ



https://youtu.be/U4XM-nF6gY0



https://youtu.be/IvOgs7strUk



 
 
 
 
admin-ajaxtuboi 坪井縮小版.jpg 
 



記事引用・参考元 http://www.otsukastone.co.jp/hakakikou/01.htm 立松和平氏
画像・動画 Original




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。