So-net無料ブログ作成

<全盲落語家>笑いで弔いたい! 再三のホームからの事故契機に決意! [芸能]

スポンサードリンク




<全盲落語家>笑いで弔いたい! 再三のホームからの事故契機に決意!

 昨年12月半ば、愛知県岡崎市の障害者施設。全盲の落語家として知られる桂福点さん(48)=大阪市東淀川区=は、食卓に赤い布を敷いただけの即席の高座に上がった。口演するのは、自身の創作落語「メールの話」。男性が視覚障害を隠し、メールで女性と友達になろうとする話だ。

 男性のメールは誤字脱字が多い。「メールで話すの楽しいな。それじゃあ、股(また)あ下(した)(またあした)」などと送ってしまい、女性の怒りを買う。文面が会場に映し出されるたびに観衆約30人が噴き出す。男性は視覚障害を明かし、女性は聴覚障害を告白。2人の関係は一気に近くなる。

 人生半ばで聴力を失った中途失聴者でつくる団体に頼まれ、創作した。中途失聴者は手話も読唇も苦手な人が多く、「笑うことがなくなる」との苦悩を聞かされた。それならばと、視覚障害者の悩みである誤字脱字を逆手にとった。「障害のない人でも親しくなれば、私のメールの間違いを笑ってくれるようになる」と福点さん。笑いの質は人との距離が関係する。

 福点さんは生後すぐに右目を失明した。地元の小学校で、左右の目の大きさが違うことをからかわれ・・・・・・・・・・

 

 

 yjimage (17).jpg

 

  ◇
 【略歴】桂福点(かつら・ふくてん) 本名・桝川明。1968年、兵庫県川西市生まれ。緑内障で高校生の時に失明した。桂福団治さんに弟子入り後は漫談家として活動を始め、2009年落語家デビュー。NHK・Eテレの障害者情報バラエティー「バリバラ」に出演している。

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000082-mai-soci




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。