So-net無料ブログ作成

罰当たりな「御朱印」転売!京都栗田神社から切実なお願い―― 貼り紙なぜ? 神社に聞いてみた! [なんだかなあ!]

スポンサードリンク




罰当たりな「御朱印」転売!京都栗田神社から切実なお願い―― 貼り紙なぜ? 神社に聞いてみた!

京都府にある「粟田神社」が掲載している、「御朱印につきまして」という貼り紙がTwitterで話題になっています。発端はTwitterユーザーのタゲRiさんが投稿した写真でした。

 張り紙は、最近人気が広がってきている「御朱印」について書かれたもの。御朱印は参拝した人が神様と縁を結んだ証であり、ただ御朱印をもらうだけでなく必ず一緒に参拝もしてほしいこと、また最近増えつつある「転売屋・代行屋」には関わらないで欲しい事などが書かれていました。

 「御朱印」とは神社などにお参りをした証として受けるもので、紙に朱印を押した上にご本尊や神社名が毛筆で書かれています。御朱印帳に直に書く場合と、あらかじめ書き置きしたものを受け取る場合の2通りがあります。

 神社ごとに異なる個性的な御朱印は大変な人気となっていますが、その中でも特に限定物の御朱印や遠方の寺社の個性的な御朱印については、入手困難な「レア物御朱印」と呼ばれ、ネットオークションなどで転売されたりする事例が絶えません。

 今回このような掲示をするに至った要因について栗田神社に伺ったところ・・・・・・・・


 

 

 zatu14.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <ねとらば>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000015-it_nlab-cul





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。