So-net無料ブログ作成

足が独自に進化した「ハオラニ族」が激カッコイイ! 現代版ターザンの驚愕遺伝子と、近代化の波 [ミステリーワールド]

スポンサードリンク




足が独自に進化した「ハオラニ族」が激カッコイイ! 現代版ターザンの驚愕遺伝子と、近代化の波

アマゾン・ジャングルに住む原住民ハオラニ族――。ワオラニ族、ワオダニ族、ワオ族とも呼ばれているアメリカ先住民の部族である。

■木登りに適した“超扁平足”に進化■

 ハオラニ族が居住するアマゾン川の支流であるナポ川からほど近い一帯には、もちろん便利なファストフード店やスーパーなどは皆無だ。超自然社会だ!

 お腹が空いた時には外へ行き、猿などの動物を自力で仕留めてくるという採取狩猟民族である。ハオラニ族は木登りを得意としており、狩猟する際は木によじ登って獲物を待ち伏せする。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12170.html

 そして毒を塗った、自身の身長より遙かに長い吹き筒を使用する吹き矢で獲物を殺す。毒が体内に回ると・・・・・・・・・・


 
 

 

huaoranipeople2.JPG 

記事・画像 引用・参考元 Excite News<Tocana>(文=Maria Rosa.S)

イメージ画像は「Thinkstock」より
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201702_post_12170.html




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。