So-net無料ブログ作成

無農薬・減農薬栽培でも種の段階で農薬漬け!「古来種野菜を食べてください」と高橋一也氏が主張している! [食べものチェック!]

スポンサードリンク




無農薬・減農薬栽培でも種の段階で農薬漬け!「古来種野菜を食べてください」と高橋一也氏が主張している!

■古来種とは何なのか■

古来種野菜――そう言われても、ピンとこない人が多いのではないか。現在、流通している野菜の多くは「F1種」と呼ばれる品種改良された一代交配種。流通しやすいよう、大きさ、味、収穫量が均一化され、タネが取れないものが多い。したがって種を取って、次年度これを植えても芽が出て来ない!これに対し、人工的な改良が一切されていないものを「固定種」「在来種」などと呼ぶ。

「他にも『伝統種』『地方種』『原種』などさまざまな呼び方があり、どの野菜がどう呼ばれるのかはタネ屋さんで違うし、農水省も定義していません。だから、それら昔からタネが続いている野菜全てをひっくるめて、『古来種』という言葉を作ったんです。花が咲いて、サヤができて、タネが作られる。そのタネをまたまいて芽が出る。一年中あるわけではなく、季節にしか収穫できない……それが古来種野菜です」

 著者が古来種野菜と出合ったのは、自然食品会社勤務時代。バイヤーとして全国を飛び回っていたとき、出合ったのが、800年の歴史を持つ平家大根だ。

「形は不揃いですが、見るからに・・・・・・・・・・・


 
 

 

 f3a1e6937079c395a4e25dda53333c2020170104124748970.jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ < 著者インタビュー >
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/196908




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。