So-net無料ブログ作成

月の起源、新説登場か!?「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表 [ミステリーワールド]

スポンサードリンク




月の起源、新説登場か!?「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表

約45億年前に地球の衛星として誕生した月は、原始地球に小さな天体が次々衝突したことによって形成された可能性があるとの研究結果が9日、発表された。

【特集】地球の衛星「月」 ─ 月食、アポロ計画、スーパームーン

 月の起源をめぐっては、地球に火星サイズの天体1個が衝突したことにより形成されたという「巨大衝突説」が定説となっていたが、同説は大きな矛盾を抱えていた。

 この説が事実ならば、月の成分の5分の1は地球派生で、残る5分の4は衝突した天体の物質ということになる。しかし実際には、地球と月の成分構成はほぼ同一であり、これは同説の支持者らを長く困惑させてきた矛盾点だった。

 だが、1回の大規模衝突ではなく小さな衝突が繰り返されたと考えれば、この矛盾についても説明がつく。

 英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)に発表された論文の共同執筆者で、イスラエル・ワイツマン科学研究所(Weizmann Institute of Science)のラルカ・ルフ(Raluca Rufu)氏は、「複数の衝撃があったとする説の方が・・・・・・・・


 
 

 

 yjimage (1).jpg

 

引用・参考元 Excite News <AFP=時事 【翻訳編集】 AFPBB News>


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000001-jij_afp-sctch




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。