So-net無料ブログ作成

体育会系特有の服従文化を止揚!青学・原監督の「コミュ力」は何がスゴいのか! <岡本 純子氏のレポート> [教育]

スポンサードリンク




体育会系特有の服従文化を止揚!青学・原監督の「コミュ力」は何がスゴいのか!
<岡本 純子氏のレポート>

2017年、日本の新春は箱根駅伝での青山学院大学の3連覇で幕を開けた。一昔前はまったく無名の弱小集団だった青学陸上競技部が、堂々の常勝集団へと生まれ変わったわけだが、スポーツチーム躍進の陰にはつねに、卓越したコミュニケーションを駆使する名将がいる。「勝利を手繰り寄せる」原晋監督の"コミュ力(対話能力)"のマジックとはどういったものなのか。

■超体育会系の文化が根強かった■

毎年、中継点やゴールに足を運び、寒風すさぶ中、ひたすら選手を待ち、極限まで力を尽くし倒れ込んでくる姿に胸を熱くしたものだった。合宿所に出入りするうちに、新人選手たちの家庭教師も仰せつかるようにもなった。当時はみんな坊主刈りで、選手は一様に「真面目で地味」。5区の山登りに象徴されるように、駅伝にはきわめてストイックで修行僧のような選手も多かった。だから、口数も少なく、監督や先輩の言うことには絶対服従という、超体育会系の文化が根強かったように感じる。

原監督の著書やこれまでのメディアでの発言などを聞くと、そうした「上意下達」的な服従文化を・・・・・・・・・・


 
 
 
yjimage (1).jpg 
 
 



引用元 ヤフーニュース [産経新聞]
http://toyokeizai.net/articles/-/152435?page=1




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。