So-net無料ブログ作成

1人前と言われるまでに20年 日光東照宮の竜の絵を残す  [歴史探訪]

スポンサードリンク




1人前と言われるまでに20年 日光東照宮の竜の絵を残す 

今年12月、ユネスコ無形文化遺産に登録された「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」。彫刻やタイの制作・修理に携わった職人のひとりが「彩色師」の澤田了司さん(67)。今年、高円宮殿下記念地域伝統芸能賞支援賞を受賞した。「家族から、仕事は繊細なのに日常作業は不器用だと言われます」とそのギャップを笑われている。

 中学時代から独学で絵を描き、高卒後、1970年から文化財保存会の一員として、日光東照宮をはじめとする栃木の文化財の修復作業に携わってきた。現在、彩色師は5人、漆塗り師は6人いる。

「71年、天井画の復元作業で竜の絵を描く仕事に関わり、一生の仕事にしたいと思いました。日本絵は線が繊細で、例えば鳥の絵を描くにも羽の一本一本に神経を集中させる。昔は今ほど・・・・・・・・・・


/div>
 
 
 
 
ffff63c6e2462be96aceea71dac9a8dd20161228125621404_262_262.jpg 
 



引用元 nikkan-gendai[articles/view/life]
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/196827



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。