So-net無料ブログ作成

【書籍紹介】休んでも「疲れが取れない」のはなぜ? 世界のエリートたちが実践する休息法 [健康]

スポンサードリンク




【書籍紹介】休んでも「疲れが取れない」のはなぜ? 世界のエリートたちが実践する休息法

最近、「休み方が分からない」という声を聞くことが多い。「休日」はあるけれど、お昼まで寝ていて、ぼんやりと日中を過ごし、夜はちょっと飲みに行く。休んでいるはずなのだけど、なんだか疲れが取れない。それは、正しく「休息」できていないからだと思います。

『世界のエリートがやっている最高の休息法』(ダイヤモンド社刊)は、そんな悩みを抱えている人にとって、強く刺激される内容となるだろう。16万部のベストセラーとなっている一冊だ。本書の著者である久賀谷亮氏はイェール大学で最先端の脳科学研究に携わり、臨床医として精神医療の現場に8年間従事。臨床医としては25年以上のキャリアを持っている。そんな久賀谷氏がまず読者に求めるのは、休息に対するイメージの転換だ。どれだけ休んでも疲れている、集中力がなかなか続かない、といった「疲れ」はただ身体を休ませただけでは回復しない。これは「脳の疲れ」だからだという。

■「脳の疲れ」をとるための「マインドフルネス」とは?■

久賀谷氏は、脳は何もしていない状態でも、勝手に疲れてゆく可能性があると指摘する。
これは、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳内のネットワークと関係がある。このDMNは脳が・・・・・・・

 

 

 Sinkan_7420_85ee.jpg


記事・画像 引用・参考元 Excite News <新刊JP編集部>
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161218/Sinkan_7420.html?_p=1



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。