So-net無料ブログ作成

我が家(鯖江市若竹家)の宝、忠臣蔵・内蔵助の書状 祖父の代から討ち入り合わせ飾る [Topics]

スポンサードリンク




我が家(鯖江市若竹家)の宝、忠臣蔵・内蔵助の書状 祖父の代から討ち入り合わせ飾る 


江戸時代に吉良上野介を討った赤穂浪士を率いた大石内蔵助の書状が、福井県鯖江市の民家に残されている。専門家によると書状は代筆されたもので、大石の普段の仕事ぶりがうかがえる内容となっている。署名代わりの「花押(かおう)」が直筆。この民家では、吉良邸に討ち入った元禄15年12月14日(1703年1月30日)にちなみ、毎年この時期に書状を家に飾っており、歴史に名を刻んだ忠義の士に思いをはせている。

 書状を所蔵しているのは若竹健治さん(75)。健治さんの祖父留作さんが生前、近くの本家からもらい受けたもので、本家にどのように伝わったかは不明。健治さんが物心ついたころから、12月に入ると床の間に飾られていた。「他の家では天神様を飾っているのに」と不思議に思っていたという。

 縦30センチ、横40センチの和紙に書かれた文字は、流れるような字体で何が・・・・


 
 

 

 origin_1.jpg

引用・参考元 福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/111060.html
画像引用 http://soonhome.jp/connect/post?id=181587644649586693




スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。