So-net無料ブログ作成

「ひき逃げ」になる可能性も…交通事故を「警察に言わないで解決」してはダメな理由 [身の処し方]

スポンサードリンク




「ひき逃げ」になる可能性も…交通事故を「警察に言わないで解決」してはダメな理由

道交法72条では、人身事故・物損事故問わず、交通事故全般について、速やかな警察への報告義務が課されています。
したがって、軽微な事故や当事者双方にケガがなく、話し合いで解決したり、そもそもお互いに賠償請求するつもりがない場合であっても、道交法上は、必ず警察への報告をしなければなりません。

■警察への報告義務を怠ると罰則が
これは、交通事故直後には、お互い怪我がなく、車両損害もたいしたことがないと思って、そのままにしておいても、後日、当事者の一方が予期していなかった後遺症を発症したり、車両の損害が判明した場合に、警察に捜査を求める可能性があり、事後的な現場検証が難しいことと、軽微な事故も含めて警察で把握することで、交通事故の予防政策にも活用する必要があるためです。
また、人身事故の場合には・・・・・・

 

 

 Imedia_72771_2.jpg

引用・参考元 Excite News < >
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161205/Imedia_72771.html?_p=1
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161205/Imedia_72771.html?_p=2

画像引用 photoman / PIXTA(ピクスタ)




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。