So-net無料ブログ作成

元旦「うるう秒」でエンジニア悲鳴 「年末年始がなくなる」 うるう秒で挿入される「59分60秒」 [News]

スポンサードリンク




元旦「うるう秒」でエンジニア悲鳴 「年末年始がなくなる」

うるう秒で挿入される「59分60秒」 「元日出社待ったなし」「エンジニア泣かせのタイミング」――。日本時間2017年1月1日午前8時59分に挿入される1秒間の「うるう秒」をめぐり、こんな「悲鳴」がITエンジニアから上がっている。

 イレギュラーな「うるう秒」が挿入されることにより、情報システムに障害が発生する可能性があるためだ。トラブル対応や事前準備で出社する必要が出てくることから、ネット上には「年末年始の休みがなくなりました...」と嘆くエンジニアが続出している。

■「mixi」などで通信障害が発生した例も

 「うるう秒」の挿入は、原子時計の刻む正確な時刻(原子時)と、地球など天体の動きに基づく(天体時)のズレを調整するために実施するもの。1972年に始まり、今回で27回目。元旦に調整が行われるのは2008年以来9年ぶりである。

 たった1秒の「うるう秒」で、大きな影響を受けるのが・・・・・

 
yjimage (15).jpg 



引用・参考元 ヤフーニュース [J-CASTニュース 1]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000000-jct-soci&p=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000000-jct-soci&p=2



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。