So-net無料ブログ作成

いざというとき、弁護士を格安で利用する3つの方法 [生活の知恵]

スポンサードリンク




いざというとき、弁護士を格安で利用する3つの方法

知り合いの女性が離婚調停を申し立てられた。向こうは弁護士を立ててきたけどこちらはそんな予算はない、と慌てている。法律に疎い庶民には、弁護士の存在は驚異である。法の盲点やこちらの無知を突かれ、不利な条件で話をまとめられてしまうのではないだろうかと不安になってしまうけれど、どうしても予算がない時、弁護士の知恵を安くお借りできるこんな方法もあるのでご参考に!

【電話相談を活用する】

今は弁護士報酬を弁護士自身が自由に決められるとはいえ、着手金というものが大抵高額に設定されている。着手金とは依頼する時に最初に支払う金額で、離婚だったら20~30万円くらいが一般的なのではないだろうか。さらに離婚が希望通りに成立したら成功報酬としてまた別途請求されるものもある。場合によっては今後得られる◯年間分の養育費の◯%なんていう請求をされるケースもあるので、最初に契約の全容はしっかりと確認しておくことが必要だ。予算が少ない人は、どうしても着手金の段階で敷居が高いと感じてしまうかもしれない。

まずは相談窓口を・・・・・


 
 
yjimage (1).jpg 

 

【参照サイト】
・東京弁護士会(http://www.toben.or.jp/)・大阪弁護士会http://soudan.osakaben.or.jp/index/index.php
・弁護士ドットコム(https://www.bengo4.com/
(文・内藤みか)
引用・参考元 http://fum2.jp/11356/




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。