So-net無料ブログ作成

東日本最大最古の「積石塚古墳」である八町鎧塚で古墳祭り!通り掛かったので寄ってみた! [須坂探訪]

スポンサードリンク




東日本最大最古の「積石塚古墳」である八町鎧塚で古墳祭り!通り掛かったので寄ってみた!

本日は10時から上田で所用があり、須坂8時50分集合、9時出発で、大笹峠経由菅平高原に向かい、上田に下るべく車を走らせた。仁礼に入る手前の、八町地区まで来たところ、「八町鎧塚古墳祭り」のピンクの幟が林立し、はためいていたので、その先に目をやると、石積古墳が見え、人が大勢集まっていた。普通なら、車をその方向に進路を取るのだが、本日は相棒も居り、何よりもアポが入っているので、そういう勝手は許されず、止むなく車を直進させた。その仕事は、午前中で終わりそうで、また1時半くらいには長野市でアポが入っていたので、時間の余裕さえあれば、帰りに寄るということと相なった。

さてその上田での用事は、予定通り順調にいき、都合よく進めることができたので、八町鎧塚古墳祭りに寄ることが出来た。ステージエリアでは、吹奏楽の演奏をやっていた。プログラムを見たら、常盤中学校の吹奏楽部の演奏だった。小生の母校である。暫く聞いていたが、古墳の撮影もせなあかんと思って1周してみた。

通常古墳といえば、中に石室はあるというものの、その上に土を盛り、土塁上になっているのが普通だが、ここ「蔵の町須坂」の八町鎧塚古墳は、ご覧のように、小さな石がむき出しに積まれている、全国的に見ても「積石塚古墳」と分類される非常に珍しい古墳ということでした。この古墳は、積石塚古墳として、規模も、年代も、東日本において・・・・・・

東日本最大最古の「積石塚古墳」である八町鎧塚で古墳祭り!通り掛かったので寄ってみた!

本日は10時から上田で所用があり、須坂8時50分集合、9時出発で、大笹峠経由菅平高原に向かい、上田に下るべく車を走らせた。仁礼に入る手前の、八町地区まで来たところ、「八町鎧塚古墳祭り」のピンクの幟が林立し、はためいていたので、その先に目をやると、石積古墳が見え、人が大勢集まっていた。普通なら、車をその方向に進路を取るのだが、本日は相棒も居り、何よりもアポが入っているので、そういう勝手は許されず、止むなく車を直進させた。その仕事は、午前中で終わりそうで、また1時半くらいには長野市でアポが入っていたので、時間の余裕さえあれば、帰りに寄るということと相なった。

さてその上田での用事は、予定通り順調にいき、都合よく進めることができたので、八町鎧塚古墳祭りに寄ることが出来た。ステージエリアでは、吹奏楽の演奏をやっていた。プログラムを見たら、常盤中学校の吹奏楽部の演奏だった。小生の母校である。暫く聞いていたが、古墳の撮影もせなあかんと思って1周してみた。

通常古墳といえば、中に石室はあるというものの、その上に土を盛り、土塁上になっているのが普通だが、ここ「蔵の町須坂」の八町鎧塚古墳は、ご覧のように、小さな石がむき出しに積まれている、全国的に見ても「積石塚古墳」と分類される非常に珍しい古墳ということでした。この古墳は、積石塚古墳として、規模も、年代も、東日本において・・・・・・・

                        つづきはこちら

160070030----11002-G2.jpg


引用・参考元 須坂市 いきいき須坂
http://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?p=b&id=11002&joho=oshi
(内容は15年のものですが、16年用に書き改めてあります)












スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。