So-net無料ブログ作成

「クレーム老人」にもスムーズに対応! 増える「老老接客」 なぜ高齢者が活躍するのか? [ニュースとっておき!]

スポンサードリンク




「クレーム老人」にもスムーズに対応! 増える「老老接客」 なぜ高齢者が活躍するのか?

海産物を売り込む細矢さん(右)(東京都狛江市のOdakyu OX狛江店)雑談で心をつかみ、無理難題には毅然と、生き生きと生きる。
 高齢者が働き手として輝き始めた。特にモノを売る仕事で、経験に裏打ちされた接客技術を生かし最前線に立ち続ける人の存在感が増している。今どきの若者と異なり、マニュアルに頼らない臨機応変な語り口は、同世代の支持を集める。高齢者が高齢者を接客する老々介護ならぬ、「老老接客」。これからの日本に生かさない手はない。

 「さあ!岩手でございます。いらっしゃいませ」。8月下旬の昼下がり、東京都狛江市にあるスーパー「Odakyu OX狛江店」。男性の大声が響く。声の主は岩手など三陸地方の海産物を催事販売するマネキンの細矢毅さん。この道25年の75歳だ!

 軽妙な口上につられて、78歳女性が売り場に訪れた。ワカメを薦める細矢さんに女性は「我が家でワカメといえば味噌汁の具だけど塩分が多いので控えているの」と答える。「それならメカブがいいよ。納豆と合わせるとカリウムが一杯だから体にいいよ」と細矢さん。

 女性はさらに「車いす生活の夫が喜びそうだわ」と続ける。それを受けて細矢さんは「ご主人、介護保険で要介護度いくつなの」。2人とも20分近く会話に夢中になった。女性はやがて60グラム入りのメカブを1080円で買い、満足そうに売り場を・・・・・・

 

 

 yjimage (2).jpg

引用・参考元 NIKKEI STYLE[日本経済新聞夕刊](保田井建)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161020-00010000-nikkeisty-bus_all&p=2




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。