So-net無料ブログ作成

京都・花街「一見さんお断り」の本当の意味とは? 敷居が高い? 高飛車?と思われがちだが!? [京都探訪]

スポンサードリンク




京都・花街「一見さんお断り」の本当の意味とは? 敷居が高い? 高飛車?と思われがちだが!?

1千有余年の雅な京都には、我々の窺い知れない格式や風習と言ったものがある。小生はサラリーマン時代、2年半京都に赴任した事があるが、他のエリアとは違った、商慣習や、考え方に戸惑ったことが多かった。そんな京都の窺い知れない面を探ってみた。第1弾は
「一見さんお断り」について記してみた。

京都で祇園や先斗(ぽんと)町といった花街にあるお茶屋の殆どは「一見さんお断り」、すなわち紹介がなければ入る事ができません。この為、多くの人は「敷居が高い」とか「お高くとまっている」という印象を持っている人は多いのではないでしょうか。
yjimage (12).jpg
 ところがこの「一見さんお断り」というのは・・・・・


   引用・参考元
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000011-wordleaf-life

 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。