So-net無料ブログ作成

一生働いてきて、「老人破綻」、「老後破産」の憂き目に遭うとは、なんとも情けねえ!世の中になったもんだ! [日記・雑感]

スポンサードリンク




一生働いてきて、「老人破綻」、「老後破産」の憂き目に遭うとは、なんとも情けねえ!世の中になったもんだ!
○28/06/25 埼玉県坂戸市。87歳夫が85歳の妻を殺害。夫は10年に亘り妻を介護。しかし生活費も儘ならず、将来の希望もないことを悲観。妻の鼻や口を押さえ付けた。
○27/11/21 埼玉県深谷市。両親の介護を熱心にしていた三女が両親と無理心中を図る。母親は認知症・パーキンソン病を患い三女が10年前から看護していた。(その間三女は仕事を辞めた)貯金も底をつき、その間74歳の父親が新聞配達をして家計を支えていたが、父親も病に倒れて一家は行き詰ってしまった。生活保護を申請した翌日、父親から心中を持ちかけられ、三女も同意。車ごと川に入ったが、水没せず、三女が両親を掴み、水深が深い方へと進んだ。母親は、「(そんな方へ行けば)死んじゃうよう!」と泣き叫んだが、心で詫び乍ら凶行に及んだ。まさに生き地獄だ!
○28/05/10 町田市。87歳妻が、92歳夫を絞殺後自殺。
○28/02/05 埼玉県小川町。83歳の夫が、介護中の77歳の妻を刃物で首を刺して殺害。夫にも首に切り傷があり、無理心中を図ったと思われる。夫は逮捕。拘束中2週間に亘り食事を拒否。送付先の病院で死亡。
○27/12/17 栃木県那須町。71歳の夫が、69歳の妻を殺害。妻は脳出血を患い、後遺症で寝たきりになり、夫が介護にあたっていた。更に妻に認知症が出て、一層精神的に追い詰められていた。
○27/01/17 千葉県野田市。77歳の妻が、72歳の夫を刺殺。介護施設入所費用の捻出のために、家を売却する必要があったが、同居の息子夫婦との仲が悪化。そのことが夫殺害の引き金になった。
○26/12/06  東京都大田区。77歳の夫に、睡眠薬を飲ませた上、バットで殴った80歳の妻が、殺人未遂で逮捕される。無職の息子が、唯一の収入であった年金を食い潰し、自身も体調優れず、将来を悲観し心中を図った。
○ 27/07/08 大阪枚方市。親を介護していた71歳の息子が、92歳の認知症の母親を刺殺した。生活費に詰まり、バイトを掛け持ちして頑張ったが、収入が不足し、食事にも事欠いた上の犯罪だった。

以上長々とここ数年間の「介護殺人」事件を列挙してみた。事件の加害者を追い詰めた「生活環境」と、「精神状態」は、決して他人事ではない。自分や、配偶者の日々衰えていく身体だけでも心細い上に、金銭的にも追い詰められ、絶望感に襲われる。

日本福祉大学の湯原悦子准教授(司法福祉論)は、過去18年間に起きた、被害者が60歳以上の「介護殺人事件」は、実に716件に及んでいる。うち夫婦間での事件は、333件。うち夫が加害者だったケースは、240件。男は周囲にも相談できずに、1人で抱え込んでしまうケースが殆どだという。28年に入っても既に15件の発生をみている。

原因は、「介護疲れ」と、「将来への絶望感」だという。配偶者の気持ちを慮って、施設に入所を考えず、自宅で、自らが、一手に介護にあたるケースが増えている。しかし老老介護なので自らの体調も思わしくなくなる。仲の良い夫婦程、相手を不憫に思い、精神的にも追い詰められ殺害に及ぶ。一方介護の苦痛に加え、経済的に行き詰まり、貯金も底をつき、返す当てもないから借金もできない状況=老後破産に陥っての事件も多い。

現在老後破産は自分には無縁だと思うのは危険だ。高齢者が増える中、高齢者間の経済格差がますます拡がり、年金受給者の4割が、年155万円以下の所得者層ですが、これだけでは生活をすることすら難しい。貯金ゼロ世帯が30%に及ぶというが、日々の生活で手一杯という事だ。しかも今後年金額の削減が確実な情勢になっている。物価も上がる。医療費も上がる。保険料も上がるなどなど。生活が先細る要因のてんこ盛りだ。益々困窮する方向にある。生活することに精一杯のところに、家族が入院(看病疲れや、経済的不安で鬱病になるケースが増えている)したり、子供が職を無くしたりすれば、一発即老後破綻・破産に陥る。情けない世の中になってしまった!

老後破綻・破産に陥ってしまったら、躊躇なく、生活保護を受けよう! 生活費の支給もありがたいが、介護保険料の負担も無くなり、医療費も免除される。お国のお世話になるのを遠慮しがちだが、とかく一生懸命働いてきたのだから躊躇せず申請しよう!



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。