So-net無料ブログ作成

【貧困老後!】 「長生きも芸のうち」という名人落語家がいたが、今や長生きもオチオチと! [日記・雑感]

スポンサードリンク




 年金だけではとても食べていけない!とばかり、齢80になっても、早朝から、時給780円のバイトに精を出す高齢者がいる。未だ働く先がある人は恵まれている。求人票を見ると、なるほど対象年齢欄に「年齢不問」と書いてある。「やれやれ働く先はあるぞ!」と安心はするのだが、いざ問い合わせを掛けると、「60歳まで」という回答が返ってくる場合が多い。「そこを何とか!」と粘っても、「精々65歳まで」ということになる! 定年退職して、9年目。当然65歳以上の年齢である。

 年金生活者は、平素の生活をすること自体で精一杯だ。その上高齢者には病気が付き物だが、やれ糖尿病だ、がんだという事になってしまえば、蓄えも尽き、即生活に行き詰まる。国民健康保険の払いも儘ならず滞納者が続出している。(払わないのではない!払えない!のだ)滞納し続けると、医療費の限度額適用も外され、体の不調を自覚しても、病院にも行けず、全身に転移してしまったなどという悲劇が絶えない。

 公営団地や、マンション暮らしの一人暮らしで、家に引っ込んで、外にも出ず、隣近との付き合いもなく、張り合いのない日常生活を送っている老人も多い。男性の1人暮らしは特に悲惨である! 男性は退職後も、何時までも昔の肩書に拘ったりして、変にプライドなどを持っているケースが多く、退職後の生活環境に適応出来ないケースも多い。

 小生の親父も、デイサービスなどにも行くのを嫌がった。何時かそういう場所に行ってみたことがあったが、部屋の真ん中で、女性陣(!?)がワイワイ賑やかにしているのを、よそ目に、壁際の椅子にポツンと座っていた。驚くべきことに、そんな男性が、距離を置いて、2・3人居たのだが、せめてそんな男性陣だけでも、寄って話でもすればよいと思うのだが、あくまでもポツンとして居るのである。

 公営団地や、マンション住人には、自分の高齢化もさることながら、建物の老朽化と、住人の高齢化が同時に襲い掛かってくる。昭和45年ころは、いわゆる団地の全盛期であり、時代の先端を行くような趣があった。商店街なども併設されており、買い物客で賑わってもいた。しかし子供が成人し、結婚し、親元を離れて行くにしたがって、老夫婦のみが残る様になり、そのうち連れ合いも亡くなり、斯くして老人の1暮らしが増えてくる。当然住人も減っていく。いまや「嘗ての花形が寂しい状態(高齢社会の象徴)になっているのである。

 千葉県の中でも特に規模の大きい、T団地は、このような典型的な問題を抱えて居る団地である。この団地では、日没を見計らって、団地役員が手分けをして、団地を巡回している。何をしているのかというと、1人暮らしの老人の住居に、電灯が点いているかどうかチェックして回っているという。都会のど真ん中での孤独死は今や珍しくはなくなっている。

 中古住居も子供に残しても、賃貸化するのも、リフォーム代も掛かり、収入を得るどころか却って、お荷物になってしまうなど、世代に跨る「社会全体の老化」が密かに、急激に拡大している。少子化の問題と併せて大きな問題となっている。

 

 



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。