So-net無料ブログ作成

【須坂探訪】 勝善寺とほか2寺になってしまった寺内(本上町) わがルーツの地 [日記・雑感]

スポンサードリンク




 【須坂探訪】勝善寺とほか2寺になってしまった寺内(本上町)

 須坂市のほぼ真ん中に一際大きなお寺がある。その名を勝善寺という。この付近は、嘗て勝善寺のほか、5寺(勝善寺と通りを挟んだ反対側に並んでいた)計6寺が密集しており、通称寺内と呼ばれていた。
  
 5寺は、南から北へ、勝教寺、円照寺、蓮休寺、宝光寺、真勝寺とであった。浄土真宗大谷派の寺院である。その内勝教寺、円照寺、真勝寺の3寺は廃寺となり、建物も取り壊されてしまった。

 柳島山という山号をもつ勝善寺は浄土真宗大谷派の名刹で、正治元年(1199)に現在の長野市柳原中俣(水内郡中俣村)に創建された。開基は清和源氏の流れ井上源氏の血をひく釈明空。明空は親鸞上人の直弟子で6人の高僧のひとりである。この6人の高僧たちの寺を「磯部六ケ寺」というが市内には普願寺とこの勝善寺がある。その後勝善寺は八丁へ移たが、元和9年(1623)には須坂藩主の招きで現在地へ移った。

 勝善寺は境内の広さ2900坪、何度か火災に遭い、現在の本堂は慶応2年(1866)から16年の歳月をかけて完成した。本堂の広さは317坪あまり。欅の大柱60余本が使われている。
 14代住職海秀の4女奈与子に水戸光圀の曾孫大明院真兼(俗名小沢左膳)が16代住職として婿入り、それ以来水戸葵を寺紋として許されている。17代住職夫人八千姫の父は京都今出川冷泉中納言で、多くの書簡が残されている。(境内に宝物殿がある)また、明治維新後に14代堀直明須坂藩主の娘徳子が22代住職勝秀に嫁いでいる。このようにこの寺は時の為政者との縁が深かった。

 【須坂探訪】 勝善寺を中心とした寺内町(本上町) わがルーツの地なり
 https://youtu.be/cIPhbWGBA0w ←動画をご覧ください!

 勝善寺 新緑の欅の大木 昔このお寺の境内でよく遊んだ! 
 https://youtu.be/Qpz-RLy7Meo ←動画をご覧ください!
 
 信州「蔵の町須坂」-05 散策 [勝善寺ほか]
 https://youtu.be/M-stpp6AU7A ←動画をご覧ください!

  また境内の南側には、数本の欅の大木があり、その樹高より高い本堂の屋根と共に、長野市内からもそれと識別できる程の大寺である。小生の子供時代は、このお寺はガキ共の恰好の遊び場であり、野球や竹スキー、橇などでよく遊んだものだ。またお堂の回廊も、飛び回っていた。いまそこに行くと、結構広く感じた回廊は凄く狭く感じる。よくこんな狭いところを、全速力で走り回っていたなあと思った。

 当時の寺の屋根は瓦葺であったが、悪ガキ共は石を放り投げ、カランコロンと落ちてくる石に(どれだけ遠くに投げられたが)一喜一憂したものである。[そんな訳で、瓦はよく割れてしまい、住職は怒り心頭だったことだと思う!←一回も怒られなかったが!]野球は軟球だったが、塀の外に出てしまうファールが、よそ様のガラス戸に飛び込んでしまい、ガラスを割り、親父に何回も弁償させてしまった。夕飯も忘れ、真っ暗になるまでよく遊んだものだ。

 そんな訳で、この寺内は、幼い頃の思い出がしみ込んでいる場所なのである。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。