So-net無料ブログ作成

【須坂探訪】 峰の原高原から見る北アルプス連峰は感動ものだ! [山はいいね!]

スポンサードリンク




 須坂から大笹街道を登っていくと、菅平高原に入る直前で、左折し[左折せずに直進すれば上田市菅平高原である]ダボスの裏側を目指していくと峰の原高原に出る。ここには、ペンションやロッジが犇めいている。更にグリーンカントリー、須坂青年の家まで登っていくと、急に視界が開ける。梯子山の裾野にかかる峰の原スキー場である。峰の原高原はギリギリ須坂である。

 ここに立って、西方向を展望すると、太郎エリアスキー場、パインピークスキー場越しに、北アルプス連峰が見渡せる。ここからは北アルプスの略全容を見ることが出来る。まるで折れ線グラフの様に連なっている。県外から来た人はこの山の連なりを見て感動すると思う。

 【北アルプス】 峰の原高原からみた北アルプス連峰
 https://youtu.be/VUdTiOhMFTE ←clickしてみてください!

 本日は霞んで稜線がはっきりせず、動画もよく見ないと雲のように見えるかも知れない。夕焼けの場面を撮れば、赤を背景に、山容がシルエットになり、幻想的な風景を見ることが出来る。この場所は、サンセットポイントとなっていて、サンセットテラスと呼ばれている。信州における随一の夕陽のビューポイントである。

 11月5日と、2月5日の前後2日くらいには、槍ヶ岳の槍の先に太陽が沈む。これを「槍に突き刺さる夕陽」と称している。何処の山に夕日が沈むかは、夕陽カレンダーなるものがあって、傍にある案内板に記されている。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。