So-net無料ブログ作成

【須坂探訪】 郷土の教育の盛んなりし頃の象徴! 園里学校 [須坂探訪]

スポンサードリンク




 須坂市豊丘にある、延命地蔵堂のアズマヒガン<=エドヒガン桜>は、毎年見に行っている桜ですが、その坂を上がったところに、(旧)園里学校の建物があります。平成4年より、2階を地域の博物館施設として、明治から昭和初期にかけての学用品や机など備品を展示し、1階は児童クラブとして活用されています。多くの子供の教育に関わってきた施設ですが、須坂の教育の様子・歴史を伝える重要な役割を今も担っています。平成5年に須坂市指定有形文化財に指定されました。

 旧園里学校は明治6(1873)年に小山村の止善(しぜん)学校【明治6年に須坂市小山の円光寺内に説立された学校で、現在の小山小学校の前身です】の支校として、旧地蔵堂の建物を使い、開校されたことに始まります。明治12(1879)年に競(きょう)進(しん)学校と改称され、更に明治15(1882)年に園里村立園里学校と改称され、その校舎[完成明治16年]として建てられました。この校舎は明治10年代まで役所や学校などに多く使われた、擬洋風(ぎようふう)建築と呼ばれる、日本建築を基礎とした西洋建築のデザインを採用しています。主屋は外壁が土蔵造で屋根は桟瓦葺(さんかわらぶき)と和風ですが、正面の玄関ポーチには、ギリシャ建築を思わせる円柱が使われ、外壁の四隅の角には漆喰を盛り上げて黒く塗り、石積みを模した装飾がされるなど随所に擬洋風が見られます。また、玄関上の六角の部分は「太鼓楼」と呼ばれ、当時は「太鼓」を置いて時を告げる場所として使われたいたそうです。
 
  旧園里学校  須坂市豊丘 教育の歴史を如実に示す貴重な遺産 
  https://youtu.be/JXaMtxNU8Bc ←clickしてみてください! 園里学校の映像が出ます。

  旧園里学校 須坂市豊丘(旧園里村) 教育の歴史を語る貴重な建物
  https://youtu.be/_BwJgkHAiUs ←clickしてみてください!
  

  【さくら紀行】 延命地蔵のアズマヒガン桜 今盛りなり!
  https://youtu.be/IxRGEAVifPg ←園里学校の直ぐ傍にあるアズマヒガン桜満開の動画です。

  【さくら紀行】 延命地蔵堂のアズマヒガン桜 それぞれの桜咲き競う花の丘
  https://youtu.be/B49D97Yr8E0 ←clickしてみてください!

 
 昭和4(1929)年の校舎新築移転以降、豊丘村役場や市福祉企業センターなどに利用された後、平成4(1992)年、復元修復工事により明治時代当時の姿に復元され現在に至る。
 
 これは余談ですが、この建物から4・50m下ったところに、須坂市指定の天然記念物樹齢400年の「延命地蔵堂のエドヒガン桜」があるのですが、常々「地蔵堂はどこにあるんかいな?」と思っていたのですが、園里学校の創設期に、このお堂を利用していた事、後に手狭になったので、増・改築したこと、(その間丁重に祀られていた)また、現在お地蔵さんは、「太鼓楼」に奉られていることなどが判明しました。

 長野県は、教育県としても有名だったのですが、この様に明治の早い時期に、各地で擬洋風の学校が造られました。松本の開智学校、佐久の中込学校などが有名ですが、旧東村豊丘(園里)にもこうした立派な教育施設があったことは誇りに思いました。





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。