So-net無料ブログ作成

【ちょっと・・・考えれば】 お代わり自由の・・・は元が取れるのか!? [食べものチェック!]

スポンサードリンク




少しだけ注意深く、周囲を見渡せば、「なんだかおかしい!」食品は、幾らでもある。
Ⅱ おかわり自由なコーヒーは「元が取れているのか?」
 
 通常というか、まともなコーヒーは、珈琲豆100gから、10杯もとれば、(コーヒーの)味は薄くなる。ガッチリしているところでは、~30杯ものコーヒーを取る。当然「それじゃあコーヒーの味がしないではないか?」という疑問が出るだろうから、それらを克服(!?)する為にすることがある。

 先ず豆の焙煎時に、増量剤(=リン酸塩)を使って、3倍の量を確保する。当然苦みや、香が希薄になるので、更に酢酸ベンジルや、ジメチルチオエーテルなどの香料などを添加して、コーヒーらしさを現出させる。こうして原価を下げたコーヒーを作り出す。

 幾らフリーでも、3~4杯も飲む人はそうザラには居ないから、斯くして「飲み放題」は成立する。商魂逞しいのである。実際は価格の中に占める利益もあるんだから、サービスに徹すれば、5・6杯飲んでも、赤字等にはならないのである。ガツガツして、少しでも元を取ろうと、何杯でも飲もうとは思わない事である。【因みに∴香料は合法である】

 何倍も飲まれて、「元が取れるのだろうか!?」などと、何も客の我々が心配することではないが、それは真っ当なコーヒーが出されていることが前提の話しだ!そうでなかったら・・・!? 
 商売人は「転んでも只では起きない」のである。

 小生は、香料メーカーの社員の友人がいるが、「うちで作れない、味と匂いはありまへんでえ!」と常々言っておりました!


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。