So-net無料ブログ作成

【さくら紀行】 萬龍寺 それぞれの桜咲き競う! 見事なり! [さくら紀行]

スポンサードリンク




 萬龍寺を再び訪れてみた。前回は3.4分咲きだったので、仕事帰りに寄ってみた。果たして満開で、誰もいない境内を独り占めして桜をゆっくりと見ることが出来た。本堂に向かって、参道入口左側にある十王堂の裏手にある桜は、樹齢350年で、樹冠17m、樹高9m、幹回り4.3mで、この寺の中で一番古い桜である。本堂右手の桜は、十王堂桜よりは、50年後に植えられたという事だが、この寺が現在の場所に移った時に植えられたと伝わる。この桜は、元は1本だが、途中から3つに別れ、樹高15m、樹冠21m幹回り4.6mで、本日満開だが、なるほど本堂を覆う花笠のように見える。

 境内右手に出て、墓地のところに、桜が2本、その奥に小ぶりながら1本あり、それぞれ満開で競う合うように咲いている。またその先に、亀倉神社があり、鳥居の両側に咲く枝垂れ桜は、これ又、まさに満開で、萬龍寺の桜と競い合っている。そんな訳で、ここら辺一帯は、桃源郷のような風情なのである。

    【さくら紀行】 萬龍寺 それぞれの桜咲き競う! 見事なり!
    https://youtu.be/OcJB3PrM4Js

    【神社仏閣巡り】 亀倉神社 鳥居両脇の枝垂れ桜見事なり!
    https://youtu.be/v8PcjkBIwAk


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。