So-net無料ブログ作成

【北信五岳】日本の原風景 春霞の北信五岳 [須坂探訪]

スポンサードリンク




 夜半に里山にも雪は降った。豊丘は辺り→、延命地蔵のアズマヒガン桜の根元にも、雪は薄っすらだが積もったそうである。そんな訳で、折角咲き掛けた桜も、満開までには時間が少し掛かるかも知れない。そんな状況だったが、本日も桜巡りに出掛けてみた。

 日が暮れかかり、帰路の途中、善光寺平が一望できる所に出た。まさに日が沈むころで、[日も長くなった!]、春霞で、はっきりとは見えなかったが、北信五岳や、北アルプスも見えた。信州は山の尾根が県境になっているが、須坂からみれば、北信五岳や、北アルプスは西方向にあたり、日の暮れは、空が真っ赤になり、山の峰々が黒いシルエットになり、幻想的な景色となる。

 思えば四方の山々を見て、年少のころ、あの山の向こうには何があるのだろうか?などと夢想したものだ! 長じて(!?!?)、故郷を出て、60歳まで、仕事の関係で、全国あっちこっち赴任したことを思えば、幼少のころの、目に入る範囲を軽々超えたのだが、「山のあなたの空遠く」の余りにも現実だったことよ! いいか悪いか別にして! そんな訳で、北信五岳には、一入の拘りを持っているのである。

 北信五岳を展望するに、一番端正に、秀麗に見ることが出来るのは、須坂であると思っている。五岳が五岳として、余り他の山[小布施や中野では五岳の間に近くの山が視界に入ってしまう!?]が入らずに見れるのではないか? 日の入り、冬の白くなった姿が特にいい!

     【北信五岳】日本の原風景 春霞の北信五岳
     https://youtu.be/HRDJ-T-FomQ  ←五岳の動画が出ます! クリックしてみてください!
 

 こういう風景は、信州人気質にも影響を与えているのではないか? 信州人は「政治家に向かない」と言われるが、早い話が理想主義的になるのではないか? 「清濁併せ呑む」的な腹芸とは対極の気質なのだ!それに「理屈っぽい」しなあ!?

 山のあなたの空遠く、「幸さいはひ」住むと人のいふ。噫ああ、われひとと尋とめゆきて、涙さしぐみ、かへりきぬ。山のあなたになほ遠く、「幸さいはひ」住むと人のいふ。

 Über den Bergen [Karl Busse]

Über den Bergen weit zu wandern Sagen die Leute, wohnt das Glück. Ach, und ich ging im Schwarme der andern,kam mit verweinten Augen zurück.
Über den Bergen weti weti drüben,Sagen die Leute, wohnt das Glück.

 ※ 余りにも拘りが激しく、独善と偏見なことを書いてしまいました!あしからず!

     


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。