So-net無料ブログ作成

【桜紀行】千曲川村山鉄橋下 権現堂桜並木 日本の原風景なり! [桜紀行]

スポンサードリンク




 千曲川に架かり、須坂市と長野市の境界となっている村山橋は、全長850m余りの規模の橋である。鉄道と道路が同一鉄橋内に並走しているという、全国でも珍しい橋である。

 川幅が850m余りであるが、その2/3は、桃畑などの農作地になっている。(桜が終わったら、今度は桃が一斉に咲き、河原は全面ピンクになる!]そんな中を、支流(百々川や鮎川など)が、本流までかなり長い距離流れている。そんな環境の中、権現堂桜並木が南北に走っている。

 昨年も撮影をしたのだが、あまり天気の良くない日の、しかも夕方だったので、思うような絵にならなかったので、本日は、[快晴だったので、午前中に出かけて]、再度の撮影に挑戦した! 村山鉄橋に電車が来れば、そっちを優先して、取らねばならなかったが、本日は、時刻表を持ってきたので、手際よく撮影できた!

 この桜並木の道は、純然たる農道なので、ガーデントラクターや、スピードスプレヤーなどが通り長閑な風景となっている。この並木の北端には、支流に架かる木の橋がある。今どき何処を探しても、探し出せない程珍しいものなってしまった。 また桜の背景には、戸隠、飯綱、黒姫、妙高、(よく見て戴ければ)斑尾、所謂北信五岳なども見渡せ、先ほどの木の橋と相俟って、日本の原風景を醸し出している!


     【桜紀行】千曲川村山鉄橋下 権現堂桜並木 日本の原風景なり!
     https://youtu.be/2YXsTmYquhw


スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。