So-net無料ブログ作成

過ぎたるは及ばざるがごとし! [健康]

スポンサードリンク





 よくテレビコマーシャルで、「除菌99.9%!!」とか、宣伝しているが、これって本当にいいことなのか!? 菌にはヒトにとって、いい菌も、悪い菌もいる訳だが、本当に99.9%も殺してしまっていいの!?と思う! 

 おたふく風邪などは、幼児期に1回罹れば、その後2度と罹らないと言われたものだが、いま時の若い者にはこのことばは通用しないらしい。何故ならば、大学生頃に、再びおたふく風邪になったりする例が結構あるそうである。

 一回生体内に入った真菌、ウイルスなどには、免疫が働いて、抗体を作り、再び侵入してきても、充分対抗でき、大事に至らないで済むのだそうだ。ところが、今どきの主婦(夫)は、台所は無菌状態に、家の中は清潔にと、除菌力99.9%の台所洗剤や、浴槽・トイレ洗剤を使うために、およそ自然界にないような空間になっているという。

 白血球中のリンパ球は免疫の働きを司る(顆粒球は真菌などと戦う)が、それも日常生体内に入ってくる菌などと接触し、それに打ち勝つという過程を踏んで謂わば鍛えられていくから、おたふく風邪なども2度目の発症はしなくて済むのだという。

 然るに、今は無菌状態の方が強い環境になっているので、普段の戦いによって訓練される機会を失っているので、戦える能力が下がっている故、2度の発症を許してしまうという。余り完璧な除菌状態は、却ってマイナスな面を助長してしまう。

 グアム島などに行って、水当たりする外国人の中で、1番頻度が高く、その上症状を悪化させるのは日本人だそうだ! こういうところに免疫が弱体化している現状が出てきてしまっている。日本が一番清潔な国なのだろう!

 そんなことを言っていると、家の者から、「あんたは、掃除や食器などを洗いたくないので、そういってしないんかい!?(なにせ勤続38年中19年単身赴任をやり、自炊生活だったが、ヤモメ暮らしに蛆がわく的な環境だったもので!)」などと、あらぬ疑いを掛けられるので、「唇寒し秋の風!」てな訳で、近頃そんな話はしない様にしている。はっはっは!



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。