So-net無料ブログ作成

体温について 考 その2  [健康]

スポンサードリンク




 体の熱の7割ちかくが筋肉から生み出されていますが、筋肉を使わなかったり、筋肉量が少ないと熱が生み出されず低体温になってしまいます。←ウォーキングでいいので、継続的に運動しましょう!
 
 ストレスや不規則な生活習慣で自律神経のバランスが乱れると、交感神経が働きにくくなり、血管の収縮をうまく調節できず熱が逃げてしまいます。←交感神経・副交感神経のバランスの乱れを防ぐ→不規則な生活習慣がバランスを崩す!(夜遅くまで起きているなど不規則な生活習慣の典型例!睡眠中に活動モードで傷んだ体の修復をするので、睡眠時間を充分取らない人は、修復が不充分という事で、今問題なくても、行く先は重篤な病気を発症する確率は高くなります!)

低体温改善のためのポイント
 食事は胃腸の動きを活発化し、また消化吸収の際も熱を発生させます。特に、朝食は早く体温を上昇させてくれますので、身体を温める食品を摂る様にしましょう。(生姜、ニンニク、カボチャなど)
 
 低体温の人は、ブドウ糖を円滑にエネルギーにかえられません。必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。
 
 低体温の人は、エネルギー生産能力が低く、血液が適切に温まらないことがあります。筋肉量を増やしてエネルギー発生系の能力を高め、正常に暖められた血液を循環させることも必要です。
 
 加工食品は、多くのビタミン・ミネラルが洗い流されています。現代の日本人は、タンパク・脂肪・糖質は過剰摂取と言われるほどに取っていますが、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあると言われています。<そもそも現代の野菜にはミネラルが余り存在しません!昭和の20年代と比較して、栄養素は、1/8~1/10でしかありません!したがって現在はほとんどの人が、慢性的ミネラル欠乏に陥っています!これが問題で、ライナス・ポーリング博士<ノーベル賞2回受賞>は、「全ての不快感・病気の原因は、ミネラルの欠乏に行きつく」と言っています!>
 
 ストレスは体温を調節する自律神経にも影響しますから、ストレスとうまくつきあうことも重要です。低体温のひとは運動不足とストレス解消をかねて、ウォーキングなど軽い運動を心がける。≪気分転換にもなる!≫
 
 低体温を、冷え性と捕らえてそのままにすると、 末梢血管が収縮したままになり、低体温に陥ります。低体温の人が、体温を1℃上げるだけで、免疫力は、5倍以上も上がり、生命を維持するために必要な活動のすべてに関与している、[5000種類以上あるといわれている]酵素が、活発に働くようになるので、全身の働きが正常に保たれ、病気になりにくくなります。
 
 以上述べたように、体温は生命活動を正常に回す、即ち健康のために非常に大事な事です!34度は命に取って危険なゾーンに入ります! 登山などで、よく低体温に陥って亡くなる方がおりますが、体温はこのように命に係わるものです!体温が33度まで下がれば、命は途切れます!雀などが危険を察知して、パッと飛び上がるには、体温が42度~43度無くては飛び上がれません。以下だと舞い上がっても直ぐ地表に落ちてしまいます。猫などに捕まって食べられてしまいます。このように命に係わるのです! (低)体温を甘く見てはいけません!


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。