So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

第2次安倍内閣発足に合わせて、全56件の基幹統計のうち53件もの統計の取り方が変更された!好景気の実感がないのだから、その上振れの数値で、「政策はうまくいっている」と言われてもねえ! [この国の行方!]

2次安倍内閣発足に合わせて、全56件の基幹統計のうち53件もの統計の取り方が変更された!好景気の実感がないのだから、その上振れの数値で、「政策はうまくいっている」と言われてもねえ!


yjimage (1).jpg

 「経済政策を良く見せようとして統計を変えたことはない」――。18日の衆院集中審議で、野党から“アベノミクス偽装”を追及され、こう強弁した安倍首相。不正統計問題の責任を官僚に押し付け、頬かむりしているが、そうはいかない。また新たな疑惑が浮上したからだ。


  アベノミクス偽装を巡る大きな問題が、「GDPカサ上げ」疑惑である。立憲民主の小川淳也議員は集中審議で、この疑惑を改めて追及。安倍首相が2015年9月にブチ上げた「GDP600兆円」の達成をアシストするかのように、GDP関連の統計が見直されたことを指摘した。


  小川議員の調べによると、安倍首相が政権に返り咲いた直後の13年以降、全56件の基幹統計のうち53件もの統計の取り方が見直された。うちGDP関連は38件に上り、10件は統計委員会で審議されず、勝手に見直しを決めたというから驚きだ。


  これだけの数の基幹統計が見直されること自体、異常だ。民主党政権が3年間で変更したのは16件。うちGDP関連は9件しかない。


 ■「国際基準に合わせた」の理屈だけじゃ通らない■


  小川議員が「統計手法を変更して、GDPをカサ上げしたのではないか」などと迫ると、茂木経済再生相は「GDPは支出項目の積み上げによるもので、家計や賃金が変わっても影響はない」とノラリクラリ。しかし、「アベノミクスによろしく」の著者で弁護士の明石順平氏は、「消費に関する統計手法を変えると、GDPが上向く可能性があります」と言う。


  実際、安倍政権下で変更された基幹統計には、全国消費実態調査や家計調査など、消費や支出に関するものが含まれている。要は、安倍政権が恣意的に統計をいじくりまくり、GDPをカサ上げした可能性は強いという事に他ならない。改めて小川議員に聞いた。


  「GDP上昇の要因は、家計調査の方法が変わったことで、家計消費が6%増えたことなどが考えられます。しかし、政府は『GDPを国際基準に合わせたら数字が上がった』の一点張り。GDP統計を国際基準に合わせるという理屈は分かりますが、ならば上昇要因をきちんと国民に説明すべきです。上昇理由が、経済政策の成果なのか、計算方法が変わったからなのか、現状ではまるで分からない。GDP600兆円という結果ありきの統計手法の変更だといわれても仕方ありません」


  ペテン政権下で調べた統計は、もはや誰も信じられない。


 (私見)


 『経済政策を良く見せようとして統計を変えたことはない』『総理大臣の私がそんなことする筈がないじゃありませんか』安倍総理が国会で、質問を受けて、その答弁でよく使う言葉だ。しかしよく考えると、疑義を受けている「張本人」が、そんなことを言ったって、なんの反証になっていない。単に自分の「願望を述べているに過ぎない」 後者に至っては、今までの数々の不祥事を顧みれば、総理大臣の『私』が、やる筈のないことを、『やってきた』ことのオンパレードだ。『総理のあんた』がいうからこそ、『信用できないのだ』と世間は思っている。


  公務員は算出された統計の数値を出す丈の存在だ。その数字についてとやかく判断する立場にない。だから今回問題になっている一連の統計偽装問題は、公務員が自ら引き起こしたものではない。それはその数値では都合が悪い人間がいて、『これでチト具合が悪いから、何とかせい!』という『指示乃至は示唆』があったからこそ、公務員は動いたのだ。


  国民は皆解っている。そうであるにもかかわらず、知ってか知らずか、一人『経済政策を良く見せようとして統計を変えたことはない』『総理大臣の私がそんなことする筈がないじゃありませんか』と叫び続ける人がいる。願望のみしか言わず、後は逃げるか、嘘を言うか、真剣に追及する野党議員をおちょくるしかしない。(出来ない)


  もうここ迄『しでかせ』ば、普通の感覚では辞める。『暖簾に腕押し内閣』は、常識では考えられない『屁理屈で、不当にも』命を長らえている内閣に過ぎない。ある意味『無知』故に出来る所業だ。


yjimage (13).jpg

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/247804


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%86%85%E9%96%A3%E3%81%AE%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%81%BD%E8%A3%85%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E6%BF%83%E5%8E%9A


 


nice!(2)  コメント(0) 

また事実を反映しない「怪統計」か!? 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のされたかのような統計数値が発表された!? 生活実感と大きく乖離!! [この国の行方!]

また事実を反映しない「怪統計」か!? 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のされたかのような統計数値が発表された!? 生活実感と大きく乖離!!


 0927189c5e7355f4bcde4ea682d0fa6b20190218130537691_262_262.jpg


「毎月勤労統計」の賃金偽装やGDPかさ上げなど、統計のインチキが相次いでいるが、まだまだ怪しい統計があった。安倍政権になって急増した「貯蓄ゼロ世帯」が、なぜか昨年、大幅に改善しているのだ。もちろんアベノミクスの成果ではない。日刊ゲンダイの取材でそのカラクリが明らかになった。


 「金融広報中央委員会」(事務局・日銀内)は毎年、「家計の金融行動に関する世論調査」を行っている。「金融資産を保有していない」“貯蓄ゼロ世帯”は別表の通り。民主党政権から安倍政権になって以降、2人以上世帯、単身世帯とも激増。単身世帯では半分近くが貯蓄ゼロだ。安倍首相は、雇用創出により、総雇用者所得が増えたと喧伝するが、貯蓄ゼロ世帯の増加は、家計が苦しくて仕事に出ても、貯蓄ができない庶民の生活を物語っている。


  ところが、2018年になると貯蓄ゼロ世帯の数値が大幅に「改善」されている。2人以上世帯で8.5ポイント、単身世帯で7.8ポイントも前年より激減しているのだ。18年は、厚労省の毎勤統計の賃金偽装があった。貯蓄ゼロ世帯の改善も何だかきな臭い。金融広報中央委員会に聞いた。


  「18年から質問方法を変更したことがひとつの要因です。金融資産は、将来に備えた預貯金だけでなく、株の運用や掛け捨てでない保険、例えば、学資保険、養老保険、傷害保険なども含まれます。17年までの質問方法では、預貯金以外の金融資産がある人の一部も、『保有しない』に回答していたと考えられ、内部で検討した結果、質問方法を変更しました。変更は発表資料にも明記しています。質問方法が変わったので、過去の数値との比較はあまりできないですね」(事務局)


  厚労省は18年の毎勤統計を注釈も付けずに上振れ補正。補正していない過去の数値と比べて、賃金の伸びを誇大に見せた。金融広報中央委員会の場合は、質問方法変更の注釈も付けて、理由も明快。過去との非連続性も明言した。


  金融広報中央委員会は事務局が日銀に置かれているものの、金融経済団体、報道機関、消費者団体などの代表者や学識経験者で構成され「中立・公正」がモットーだとしている。


  ■経済評論家の斎藤満氏が言う■


 「安倍政権によって貯蓄ゼロ世帯が年々、増加している中での方法の変更は、安倍政権の失政を隠すことにつながります。このタイミングでの変更は少なからず、日銀や安倍政権の意向があった可能性があります。もっとも独立機関として、公表時に変更を告げ、理由を明確にするなど透明性は最低限、担保しています。毎勤の厚労省やGDPの内閣府などよりはよっぽどマシだといえます。省庁が実施している統計も、独立機関にやらせることを考えた方がいいかもしれません。また、統計方法変更による数値改善をメディアがしっかり報じるべきです」


  貯蓄ゼロ世帯の数値改善はアベノミクスの手柄ではない――。肝に銘じておこう。


 (私見)


  今国会で、毎月勤労統計をはじめとする、国家の政策立案の基となる、「統計」についての、安倍政権の姿勢が批判され追及が止まらない。アベノミクスの批判を躱し、アベノミクスが機能しているということに、殊更都合よく改竄されているのではないかとの疑問である。安倍首相は、正面から受け止めることをせず、「回答を控える」とか、解明に消極的である。例により、その責任を、官僚に・・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15425


yjimage (5).jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/247738


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8F%88%E3%82%82%E3%82%84%E6%94%B9%E7%AB%84%E8%B2%AF%E9%87%91%E3%82%BC%E3%83%AD%E4%B8%96%E5%B8%AF%E7%B5%B1%E8%A8%88&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(3)  コメント(0) 

【自分なりの遠野物語】築200年!一つの屋根の下に、人と馬が一緒に暮らすという形式の家南部曲がり家千葉家を訪れる! [名所旧跡巡り]

【自分なりの遠野物語】築200年!一つの屋根の下に、人と馬が一緒に暮らすという形式の家南部曲がり家千葉家を訪れる!


(千葉家曲がり家は平成284月より10年をかけ大改修工事中。現在見学出来ません。)


 


yjimage (8).jpg

  嘗て岩手の地は、駒の一大産地だった。馬は農業や林業の大きな担い手であったし、生計を立てる上でも、必要不可欠な存在であった。そんな訳もあり、馬は非常に大切にされた。そのことを如実に表すものに、(南部)曲がり家と言う、一つの屋根の下に、人と馬が一緒に暮らすという形式の家が存在した。人が生活する母屋(もや)と馬が生活する馬屋(厩・・・まや・うまや)がLの字状に繋がって一軒の家になっていた。岩手を中心とする東北地方一帯と、茨木県などにみられる。


  先ほども触れたが、岩手県は、馬の一大産地で、盛岡には、未だに「馬検場」なども残されており、滝沢市には、蒼前(駒形)神社があり、周辺の農家では、未だに馬を飼育し、「チャグチャグ馬コ」に参加する馬が揃えられている。 


 さて、話を遠野市に戻そう。南部曲り家の代表格である千葉家は、遠野市から盛岡市に向かう国道396号線(遠野街道)の左手にある。見晴らしの良い小高い丘の中腹に石垣を築き、前面に柵をめぐらした屋敷構えの家で、曲り家の最盛期に建てられ,保存状態も良く、上層農民の最高級の曲り家として典型的なものといわれます。「日本十大民家」の一つとされています。


 遠野には、2年半の赴任中に10数回行ったが、大半はこの遠野街道を通って行き来していたので、常にこの千葉家は、目に入っていたので、例によって、何時でも行けるという気がしていて、中々寄れなかったのであるが、もうそろそろ転勤かなあと言う10数回目に漸く足を向けたのであった。


  千葉家は周囲の自然地形を利用して作られた民家で、石垣を組み悠然とした佇まいの、遠野でも一番の大きな曲り家です。南部藩特有のもので、200年程前に建築されたものです。平成19年12月、国の重要文化財に指定されました。


 曲り家というのは、L字型の家のことで、人間の住む母屋と馬小屋を直角に連結した農家の建築様式をいう。この南部曲がり家の拠点は二つあり、遠野郷と盛岡周辺であった。これを外から見てみると、屋根は茅(かや)で葺き、周りを土壁で塗りつぶし、柱や貫だけを露出させる。これを遠くから眺めると、自然の風景に溶け込んで、小さな山や丘に見えた。(「遠野物語小事典」より)


 東北の曲がり家は、18世紀頃に藩(盛岡藩や八戸藩など)に奨励されて建てられたといわれ、それぞれの土地の名士や権力者が家の主であった。千葉家も家から見渡す田畑をすべて所有していたという大地主だった。


 私は転勤族であった為、各地の神社仏閣名所旧跡を巡ってきたが、各地にこのような規模の民家が・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15413


yjimage (12).jpg

  記事・画像 引用・参考元 一般社団法人遠野市観光協会 「遠野の時間」


https://tonojikan.jp/kanko/chibake.php


Japan Web Magazine


https://japan-web-magazine.com/japanese/iwate/magariya/index.html


 画像 original


画像元(一部) yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8D%97%E9%83%A8%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%82%8A%E5%AE%B6%E5%8D%83%E8%91%89%E5%AE%B6&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 

統計不正問題お構いなし GDP速報を臨時報道まで出して報じるメディアの“大罪”!マスコミの自殺行為だ! [この国の行方!]

統計不正問題お構いなし GDP速報を臨時報道まで出して報じるメディアの“大罪”!マスコミの自殺行為だ!


yjimage (2).jpg

 <GDP 2期ぶりプラス>――。内閣府が14日発表した2018年10~12月期のGDP(国内総生産)速報値。大メディアは大見出しを付けてデカデカと報じていたが、厚労省の統計不正問題で今や安倍政権下で公表される数値は世界中から疑問符が付いている。そんな中で政府発表を垂れ流しする大新聞・テレビの姿勢もマトモとは思えない。


  実際、ネット上では、GDPの速報報道について、<緊急速報で流すニュースか?><まるで大本営発表>との批判が噴出。どうみても、今の状況では、果たして政府が公表している数字が正しいのか、誤っているのかが分からない状況だから当然だ。


  内閣府は統計不正でGDPへの影響は「なかった」と断言している。しかし、時事通信の世論調査(8~11日)では、厚労省による統計不正の隠蔽が「あった」との回答は73.5%に達している。NHKの世論調査でも、政府統計を「信用できない」は52%だ。つまり、国民の大部分が政府発表を信用していないのだ。


  ■まるで被害者顔■


  野党が指摘する通り、官僚らが安倍政権に忖度して統計数値を歪めたのかどうかはともかく、そんなマユツバ数値を「アベノミクスの成果」と大々的に報じてきた大マスコミにも責任の一端はあるだろう。昨年6月の賃金伸び率3.6%にしても、複数のエコノミストは「おかしい」と指摘していたにも関わらず、「21年ぶりの賃金上昇」「アベノミクスの成果」などと大ハシャギしていたからだ。


  それが今や、「統計不正で騙されていたのは俺たち」と言わんばかり。まるで被害者顔だからクラクラする。


 ■法大名誉教授の須藤春夫氏(メディア論)の見解■


 「GDPは景気を判断する重要な指標なので、報じることは大切ですが、そもそも数字を信頼できるのか。これまでは政府発表を信頼して報じることはあり得たでしょうが、安倍政権は隠蔽や改竄など、何でもあり。メディアは政府発表に対して、より注意深くならないといけないのです。国民の政府統計への不信感が高まる中で、何の検証もなく、政府発表を垂れ流していては、また不正統計と同じような・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15406


 yjimage (7).jpg


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/247704/2


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%B5%B1%E8%A8%88%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 



nice!(2)  コメント(0) 

専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震!不気味な“前兆”地震続々発生!  [危機管理]

専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震!不気味な“前兆”地震続々発生! 


yjimage (6).jpg


 30年以内に80%の確率で発生する――。こう言われてきた南海トラフの巨大地震は、すでに起きつつある。


  海洋研究開発機構は今月8日、探査船「ちきゅう」で南海トラフを掘削し、地震発生の仕組みの解明調査を断念すると発表。国家プロジェクトは失敗に終わったが、今年に入って巨大地震の前兆は止まらないという。


  気象庁の発表によれば、2月6日に石垣島近海(M4.7)、10日に奄美大島近海(M4.8)、11日には紀伊水道(M3.7)で揺れている。いずれも約40キロの深さで発生。この位置と深さ40キロという数字に大きな意味があるという。立命館大教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。


 「今年になってから、静岡県、三重県南部、和歌山県南部、徳島県南部、紀伊水道、高知県西南部で地震が起きています。日本列島の南端、つまりフィリピン海プレートの境界に近いエリアで相次いでいるのです。南海トラフの巨大地震は、フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込むことで起きる。しかも40キロという深さは、プレート境界、つまりプレートがもぐり込んでいる深さになります」


  高橋氏によると、日本列島を横断するプレートの境目がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が続いている。数カ月かけて、四国を横断し、和歌山、三重、そして現在は愛知中部の地下でスロースリップ現象が起きている。


  しかも、フィリピン海プレートのかかるフィリピンでは、昨年12月29日に南部ミンダナオ島の沖合でM7.2、1月7日にはインドネシアのモルッカ海でM7.0の巨大地震が発生。また、2月3日には淡路島付近(M3.1)、8日は鳥取県中部なども揺れ始めていて、これも不気味な現象だという。


 「数十年から数年前に西日本で起きた内陸直下型のエリアで再び地震が発生しています。阪神・淡路大震災や鳥取県中部地震の震源地で、このあたりはしばらく静かでしたから気がかりです」(高橋学氏)


  南海トラフの巨大地震は、関東にも・・・・・・・・・・・・・・・・・


 続きはこちら ☞ http://mahoroba19.com/archives/15398


yjimage (16).jpg

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/247483


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87%EF%BC%81%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AA%E2%80%9C%E5%89%8D%E5%85%86%E2%80%9D%E5%9C%B0%E9%9C%87+++++%E7%94%BB%E5%83%8F&rkf=2&gdr=1&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -