So-net無料ブログ作成

運動で“脳力”アップ!物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? ただ歩く丈でも効果はある! [健康]

運動で“脳力”アップ!物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? ただ歩く丈でも効果はある!


 


 年齢とともに増える物忘れ。その要因のひとつは、誤った生活習慣の蓄積だ。物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? 米山公啓先生(米山医院院長)に聞いた。


 「定期的な運動が認知症予防になることは、さまざまな研究で明らかになっています。特別な運動をせず、ただ歩くだけでも効果があります」


  たとえば、65歳以上の9000人を対象にした調査。「週3回以上、歩くよりハードな運動をする」「週3回以上、歩く程度の運動をする」「運動をしない」の3群では、運動強度が高いほど認知症発症率が低かった。5年間継続した結果であることから、続けることの重要さがわかる。


 「ウオーキングをするなら、毎日決まったコースを歩くより、なるべく・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9043


 


yjimage (7).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/219064


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%AF%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

米国先制攻撃もあり得る! 国連幹部の訪朝は米朝開戦シグナルか!? [国際情況]

米国先制攻撃もあり得る! 国連幹部の訪朝は米朝開戦シグナルか!?


  


異例の国連幹部の訪朝は、何を意味するのか――。国連のフェルトマン事務次長は6日、平壌で北朝鮮の朴明国外務次官と会談。北の核・ミサイル開発をめぐり、安保理制裁決議などについて話し合った。国連幹部の訪朝は、米国による軍事攻撃の地ならしとの見方も出ている。


 □元韓国国防省分析官で拓大研究員の高永テツ氏の見解□


 「1991年の湾岸戦争の際、国連安保理はイラクに対し、クウェートからの撤退期限をつけて『対イラク武力行使容認決議』を採択しています。イラクが従わなかったために、多国籍軍が攻撃を開始するのですが、今回の北に対する安保理決議は経済制裁に関してのみ。この状況で米軍が北を攻撃すれば、不意打ちになり、国際法上も問題です。そこで、態々国連の幹部を訪朝させ、弁明の機会を・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9036


 


yjimage (2).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <view/news


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219038


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%AC%A1%E9%95%B7+%E8%A8%AA%E5%8C%97&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本経済浮上できず!遂に一般預金者にも“マイナス金利”波及か! 日銀副総裁が言及! [この国の行方!]

日本経済浮上できず!遂に一般預金者にも“マイナス金利”波及か! 日銀副総裁が言及!


  


とうとう一般の預金者にまで「マイナス金利」が適用されるのか――。先週、日本銀行の中曽宏副総裁が都内で行った講演が波紋を呼んでいる。「適正な対価を求めずに銀行が預金口座を維持しつづけるのは困難になってきている」「口座維持手数料が無料なのが影響している」と語ったのだ。


  要するに、預金者に「口座維持手数料」という新たな負担を――ということだ。すでに金融機関は日銀に現金を預ける時、手数料を取られ、結果的に「マイナス金利」となっている。日銀は、一般預金者へも「マイナス金利」を適用することを考えていると宣言したと同義だ。


 「金融機関はどこも、収益力の低下に苦しんでいます。黒田日銀がゼロ金利からマイナス金利にまで踏み込み、利ザヤを稼げ・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9025


 


yjimage (4).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <Vew News


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218833/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A0%90%E9%87%91%E8%80%85%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E9%87%91%E5%88%A9%E9%81%A9%E7%94%A8&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

<将棋>羽生が史上初「永世7冠」達成! 棋士らの祝福のコメント  [News]

<将棋>羽生が史上初「永世7冠」達成! 棋士らの祝福のコメント 

  

4日から行われた将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局で5日、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に勝ち、対戦成績を4勝1敗として15期ぶり通算7期目の竜王となり、永世竜王の資格を得た。これにより現在永世称号の制度がある7棋戦ですべて永世資格を持つ史上初の「永世7冠」を達成した。棋士・関係者が祝福のコメントを寄せている。

  ◆佐藤康光 日本将棋連盟会長◆

  この度は四度目の竜王復位、並びに「永世竜王」の資格獲得、「永世7冠」の達成、誠におめでとうございます。前人未到の偉大な記録に改めて敬意を表します。どんな厳しい環境、状況下におかれてもそれを受け入れ、戦い続ける姿勢には畏敬の念に堪えません。これからも体調にご留意され、益々のご活躍を祈念いたします。

  ◆◇谷川浩司九段◆

  永世称号は一つだけでも大変なのに、七つ全てとは信じられません。羽生さんの飽くなき好奇心、探究心が、47才になっても若手と最新型でぶつかり合う姿勢に・・・・・・・・

 

 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9018

 

 

yjimage (13).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞社>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000065-mai-soci

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%BE%BD%E7%94%9F%E6%B0%B8%E4%B8%967%E5%86%A0%E9%81%94%E6%88%90&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

あなたは「息を吐く」だけ! においで判定する「がん探知犬」の可能性! [健康]

あなたは「息を吐く」だけ! においで判定する「がん探知犬」の可能性!


  2人に1人が、がんになるというのに、自治体のがん検診の受診率は3割ほどで、会社の健康診断はがんをカバーしているとは限らない。がん予防に関しては不十分なのが現状だ。


  多忙な人にとって最適のがん判定が、「ドッグラボ」。人間が吐き出した息から“がんの臭い”を、犬が探り当ててがんを判定するという検査なのだ。こんなんで大丈夫なのか?


 ■サービスを手掛けるAQuAの恒松孝幸社長が言う■。


 「がんには、すべてのがんに共通する臭いと、あるがん固有の臭いがあることが医学的に明らかになっています。今、分かっているのは共通する臭いで、人が吐く呼気に含まれる。そのがんの臭いを、特殊なトレーニングを積んだ“がん探知犬”が探り当てるのです。的中率は、ほぼ100%。ほぼというのは、高度異形成と呼ばれる前がん病変まで見つけてしまうので、“ほぼ”なのです。早期発見が困難といわれるすい臓がんのステージゼロを発見した結果は、英医学誌GUTに掲載され、世界が驚きました」


 


 “がん探知犬”は海難救助犬がルーツで、20メートル深くに沈む被害者の臭いをかぎ分ける。がん患者にニンニク臭の強い食事を食べて飲酒させても、がんの臭いをキャッチするという。人間より1億倍・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9009


 


yjimage (2).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/200141?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%81%8C%E3%82%93%E6%8E%A2%E7%9F%A5%E7%8A%AC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康