So-net無料ブログ作成

「ファイトケミカル」の落とし穴!誰にも一律に使えるという訳ではない!疫力アップと注目だが・・・・・! [健康]

「ファイトケミカル」の落とし穴!誰にも一律に使えるという訳ではない!疫力アップと注目だが・・・・・!


 


yjimage (18).jpg

 


 ファイトケミカルという言葉をご存じか? 「野菜や果物などが害虫や紫外線などから身を守るために産出する植物由来の化学成分」のことだ。赤ワインに含まれ酸化を防ぐというポリフェノール、緑茶のカテキン、大豆のフラボノイド、ニンジンのカロテノイド類がその代表。人は野菜や果物などを取ることでファイトケミカルを手にし、抗酸化力や免疫力をアップできるという。しかし、このファイトケミカルには、人によっては健康被害をもたらすのではないか、との懸念がある。女子栄養大学副学長で、分子栄養学の専門家である香川靖雄栄養学部教授に聞いた。


 ■遺伝子によっては健康被害も■


  生物に欠かせない糖質、脂質、タンパク質、ビタミンなどの栄養素は、それをつくったり、利用したり、分解する酵素や遺伝子はほぼ共通で数も限られている。そのため個別に代謝酵素が用意されており、人種差や個体差は比較的小さい。しかし、ファイトケミカルはそうではない、という。


 「ファイトケミカルは薬、お酒、たばこと同じで生体にとってゼノバイオティクス(異物)です。その種類が極度に多いので個別の代謝酵素でなく、第1相解毒、第2相解毒というゼノバイオティクス共通の2つの装置によって代謝されます。そのため、人種や個体により吸収・分解の能力に大きな差があります。その結果、期待したようなメリットが表れず、健康被害となる恐れもあるのです」


  例えば、トマト、ワイン、ナッツなど、多くのファイトケミカルを含む地中海料理は世界一健康的な食事といわれる。しかし、それは白人に限っての話。日本人やハワイの原住民などに同じ効果が期待できるわけではない。


  その原因は遺伝子にある。日本人は飢餓耐性の遺伝子があり、白人と同じような量を食べると肥満になってしまう。


  遺伝子より塩分感受性が強いため高血圧になりやすい。地中海料理の特徴のひとつであるワインはアルコールの分解能力の低い遺伝子を持っている大多数の日本人には取りづらい。無理をすると強い二日酔いに見舞われる。乳糖を吸収・分解する能力が低い日本人は牛乳を取ると下痢などの消化器障害を起こすことがある。


 「とくにゼノバイオティクスによる解毒の中心となるのが、CYPと呼ばれる酸素添加酵素です。第1相解毒の主要酵素として肝臓などで・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10140


 


yjimage (13).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/223253?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%AB&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

麻生財務大臣の佐川国税庁長官「適材適所」答弁に国民反発! 税務申告始まるがトラブル必須! [この国の行方!]

麻生財務大臣の佐川国税庁長官「適材適所」答弁に国民反発! 税務申告始まるがトラブル必須!


 


yjimage (17).jpg

 


「鈍感すぎる。浮世離れしているんじゃないですか」――13日の衆院予算委で、立憲民主の長妻昭議員が声を荒らげた。佐川宣寿国税庁長官をめぐる麻生太郎財務相の国民をナメ切った答弁のことだ。昨秋から立て続けに財務省から記録が見つかり、佐川長官のウソ答弁がハッキリしても、安倍政権は「適材適所」だとしてかばい続けている。16日には確定申告が始まる。麻生大臣の“浮世離れ”答弁が納税者の怒りの火に油を注いだのは間違いない。


 ■「2.16納税者一揆」全国に拡大■


  長妻氏は「今でも適材適所だと思っているか」と質問。麻生大臣は「国税庁長官としては適任だと判断したもので、事実、国税庁長官としての職務を適切に行っている」と言ってのけた。


  さらに、確定申告間近の徴税業務については「現場において、今までのところ例年と比較して特段の支障が生じているわけではない」「そういうこと(納税者の反発による苦情)は起きることは十分にあり得るかと思っておかなきゃいかん」と答弁。当事者意識も責任も全く感じていないようで、まるで「支障を起こしてみろ」と言わんばかりである。長妻氏は「もう起きてるんですよ」と呆れ、憤っていた。


 佐川長官罷免を求める署名は2万筆を超えた。確定申告本番はこれからだが、税務署には苦情の電話が鳴るほか、早期申告者の書類に・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10124


 


yjimage (4).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/223217


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%BA%BB%E7%94%9F%E8%B2%A1%E5%8B%99%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%BD%90%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E7%A8%8E%E5%BA%81%E9%95%B7%E5%AE%98%E3%80%8C%E9%81%A9%E6%9D%90%E9%81%A9%E6%89%80%E3%80%8D%E7%AD%94%E5%BC%81&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

飛鳥寺は京都赴任中終ぞ拝観出来ず!態々出直した寺!待望の大仏にやっと対面できた! [神社仏閣めぐり]

 

飛鳥寺は京都赴任中終ぞ拝観出来ず!態々出直した寺!待望の大仏にやっと対面できた!


 


yjimage (19).jpg

 小生は1999年京都支店勤務の辞令を受け2年半京都に居ました。単身赴任でしたので、土・日、祝祭日の殆どは、神社仏閣名所旧跡巡りに費やしました。おかげで「普段着の京都」を堪能しました。


 住居は大阪府高槻市だったので、京都のみならず、奈良、滋賀、大阪、神戸方面にも行きました。中でも明日香はお気に入りで、何回行ったか、覚えていない程行きました。明日香へは、169号☞15号☞124号から飛鳥坐神社を抜け、酒船石に通じる道を使っていたので、往き帰り飛鳥寺の前を通っていました。そんな訳で、飛鳥寺は「何時でも行けるから、今日はいいわ」という「邪念(!?)」が出て、終ぞ在勤中は参拝できずに転勤となってしまいました。その無念さは結構尾を引き、「何としても、飛鳥寺へ行くぞ!」と思っていました!


 京都を離れ、その後2か所ほど転勤で住所を変え、2008338年勤務した会社を定年退職しました。そして同年11月、所用で大阪に行く機会があり、1日早く出発し、京都に


出ました。その足で近鉄に乗り、橿原神宮に向かいました。参拝後レンターサイクルを利用し、これも赴任中行けなかった「益田の岩船」を制覇(!?)☞飛鳥香駅に出て、橘寺・川原寺跡・恵比寿神社などを参拝後、遂に待望の飛鳥寺に着いた。


 飛鳥寺は奈良県明日香村にある小さなお寺です。新西国第9番、聖徳太子第11番霊場。


今でこそ小さなお寺ですが、飛鳥時代は日本最初の本格的寺院であり、塔や回廊,3つの金堂,講堂を備え、広大な境内を持つ大寺でした。今では飛鳥寺(安居院)という名前ですが、当時は元興寺や法興寺といいました。


 大化の改新で蘇我氏が滅ぼされた後も、飛鳥寺は崇敬され、天武天皇の時代には私寺であるが、官寺と同様の・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10106


 


yjimage (2).jpg

 


 参考・引用元 思い出の日本を思う寺社めぐり


http://japantemple.com/2015/08/13/post-480/


画像元 yjimage


 


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E5%AF%BA&rkf=2&gdr=1&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アベノミクスの矛盾露呈か!地獄の本番はこれからだ! 株暴落で日銀はいよいよ出口なし! [この国の行方!]

アベノミクスの矛盾露呈か!地獄の本番はこれからだ! 株暴落で日銀はいよいよ出口なし!


yjimage (15).jpg

 


 ■アベノミクスのペテン相場の化けの皮が、とうとう剥がれた!■


  米国の長期金利の急上昇に端を発した世界同時株安は東京市場を大きくのみ込み、6日の日経平均は一時、前日比1603円まで下落。7日は前場こそ750円近くまで上げ幅を広げたが、後場はつるべ落とし。結局、前日比35円高とスズメの涙の小反発だった。NYダウが先立って567ドル高と大幅反発したのとは大違いだ。


  日銀は今週に入って連日ETFを大量購入。5、6日の2日間の購入額は1462億円に上るが、焼け石に水だ。日経平均は先月23日に2万4129円34銭まで上昇し、「26年ぶりにバブル崩壊後の高値を回復」と市場は大ハシャギだったが、いともあっさりと年初からの上昇分をすべて吐き出してしまった。


  7日の終値ベースの東証1部全体の時価総額は約649兆円。先月末時点の約682兆円から、たった1週間で約33兆円もの「富」が損失したことになる。それもこれも、「日経平均は今年末には3万円台」「20年の東京五輪までに4万円台突入」などと浮かれた声に隠されていた、「アベノミクスの負の側面」が一気に噴出した結果である。


 本来、株価は経済を映す鏡といわれてきたが、今はその機能をまったく果たしていない。黒田日銀の異次元緩和で市場がいびつに歪められてしまったからだ。経済アナリストの菊池英博氏はこう指摘する。


 「黒田日銀は13年4月に異次元緩和を始めて以降、マネタリーベース(資金供給量)を約340兆円も増やしました。これがすべて日本で使われていれば、マネーストック(国内で使われている通貨)も同額以上増えるはずですが、その増加額は約179兆円に過ぎません。両者の差額である約161兆円は海外に流れて投機マネーに使われ、日本をはじめ、世界規模の株高の“タネ銭”に消えたのです。しかも、黒田日銀は年間6兆円規模のETF購入で日本の株高を支え続け、今や実質的に大半の上場企業の大株主に君臨しています。実体経済を反映しない相場は、「投資家心理」に極端に左右されてもろい。『いつまで日本株は上がるのか』と疑心暗鬼となっていたところに、NYダウの暴落が直撃。東京市場はあっけなくクラッシュしたのです」


  官製相場のマヤカシで膨らみ続けた安倍バブルは、もろくも一瞬で砕け散ったのだ。


 


■アベクロ無能コンビは社会的責任を取るべし■


  今回の株価暴落について、黒田総裁は「十分注視したい。企業収益は国内外ともにしっかりしている」と、国会で悠長に言ってのけたが、企業収益がしっかりしていれば、株価が高値圏から真っ逆さまに暴落したり・・・・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10096


 


yjimage (5).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222799


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%AE%89%E9%83%A8%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%99%9A%E6%A7%8B&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

天候異変は生体にも波及する!50代以上は“冬バテ”要警戒 極寒で死なない為の生活法! [健康]

天候異変は生体にも波及する!50代以上は“冬バテ”要警戒 極寒で死なない為の生活法!


  


yjimage (10).jpg

 


今年の冬は寒すぎる。東京が48年ぶりの氷点下4度を記録したかと思ったら、さいたま市は氷点下9・8度と観測開始以来最低記録を更新した。まさに「極寒」だ。こうなると神経系統のバランスが崩れて心身に不調をきたす“冬バテ”が心配だ。


  医学博士の左門新氏によると、厳しい寒さに慣れていない人が急激な気温低下を経験すると内臓や手足の機能が低下し、さまざまな症状が出るという。とくに50代以上の人は寒さを甘くみていると命を失いかねない。左門氏が言う。


 「まず心配なのが心臓や胃腸、血管などに悪影響を及ぼす自律神経の乱れです。たとえば狭心症の気のある人は寒さで血圧が上がり、血管が収縮、心筋梗塞に進みやすくなる。便秘や下痢のような症状も考えられます。寒さで副交感神経の機能が鈍化するとイライラしたり、頭痛が起きることも。『布団から出たくない』『会社は嫌だ』と倦怠感に襲われる人もいます」


 夜中にトイレに立ち、寒い廊下を歩いているときに脳出血で倒れることもある。逆に夜中のトイレが嫌で水分を抑えていると血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞に繋がりかねない。


 ■朝風呂はかえって危険■


  50代になると健康な人でも動脈硬化が起きて血流が悪化し、体の指がかじかんでしまう。その結果、手足の動きがぎこちなくなり、ケガをしたり転んだりするという。


  厳しい寒さから身を守るには手袋やマフラー、温かい靴下を身に着けるのが基本のキだ。温まって外出しようと朝風呂に入る人もいるが・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/10088


 


yjimage (8).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/222098


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%B1%AA%E9%9B%AA+%E7%94%BB%E5%83%8F&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康