So-net無料ブログ作成
検索選択

被爆者の立場で原爆治療続けた医師・肥田舜太郎さん死去 広島で自身も被爆 [祈り]

yjimage (12).jpg
 
 
 被爆者の立場で原爆治療続けた医師・肥田舜太郎さん死去 広島で自身も被爆  被爆者治療と核兵器廃絶運動に献身した被爆者で医師の肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)氏が20日午前8時2分、肺炎のため川口市内の病院で死去した。100歳。岐阜県出身。葬儀・告別式は26日午前10時半から、さいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10、さがみ典礼北浦和葬斎センターで。喪主は長男泰(ゆたか)さん。  日本大学専門部医学科卒。44年軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。45年8月6日、爆心地から6キロ地点で被爆。直後から被爆者救援・治療に当たり、医師を引退した2009年までの64年間で6千人を超える被爆者を診療した。  戦後、レッドパージを受けて国立病院を解雇される。その後、労働者、貧困者のための病院作りに奔走し、全日本民主医療機関連合会(民医連)創立に参加。埼玉民医連会長、埼玉協同病院(川口市)院長、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長、県原爆被害者協議会(しらさぎ会)名誉会長などを歴任した。  55年の第1回原水爆禁止世界大会に参加し、放射能障害について報告。75年以降、欧米を中心に37カ国を海外遊説し、被爆医師として被爆の実相を語り・・・・・・・・・
 
 
yjimage (32).jpg 
 



引用元 埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/03/27/01_.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

<東日本大震災6年>今もあふれる思い 各地で犠牲者の冥福・鎮魂の祈り [祈り]

<東日本大震災6年>今もあふれる思い 各地で犠牲者の冥福・鎮魂の祈り

 東日本大震災から6年となった11日、各地で追悼行事が営まれた。東京では政府主催の追悼式もあった。関連死を含む死者は1万9416人、行方不明者2553人。地震発生時刻の午後2時46分、多くの人たちが大切な人に鎮魂の祈りをささげ、古里の復興を誓った。

 「おじいちゃん、おばあちゃん、戻って来て」。宮城県石巻市であった慰霊碑除幕式。粉雪が舞う中、市立釜小5年、阿部充樹さん(11)は、津波で亡くなった祖父孝衛さん(当時72歳)と祖母とく子さん(同64歳)に心の中で呼びかけた。

 あの日、充樹さんは職場から駆け付けた会社員の母(41)に連れられ自宅の2階に上がって助かったが、祖父母は逃げ遅れて帰らぬ人となった。「5年間しか一緒にいられなかったけど、次の運動会も2人が見てくれている気がする」。6年生の運動会では綱引きで活躍する姿を天国の2人に見せるつもりだ。

 「子育てに迷ったら、お父さんやお母さんだったらどうする?」。岩手県大槌町の曹洞宗吉祥寺の慰霊碑除幕式に参列した盛岡市の川嶋裕子さん(44)は、津波にのまれた父倉本謙吾さん(当時65歳)、母光子さん(同63歳)に問いかけた。父は腕のいい大工で、仕事の合間に・・・・・・・・・・

 
 

 

 Mainichi_20170312k0000m040093000c_1.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Excite News <毎日新聞>【野口麗子、高井瞳、加藤栄】
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170311/Mainichi_20170312k0000m040093000c.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東日本大震災から早や6年>「時間は止まった儘」名古屋避難の男性 [祈り]

<東日本大震災から早や6年>「時間は止まった儘」名古屋避難の男性


東日本大震災の犠牲者追悼式が11日、名古屋市中区の久屋大通公園で開かれた。愛知県内に避難する被災者やボランティア、市民らが献花して黙とうし、蝋燭をともした。

 震災が発生した午後2時46分と午後6時46分に黙祷。実行委員会の浜田ゆう委員長が「これからも被災地と被災者に心を寄せていきます」と宣言した。蝋燭の火は「追悼 東日本」などの文字を浮かび上がらせた。

 福島県南相馬市から名古屋市南区に避難した伊藤広昭さん(63)は「震災当時から時間は止まったまま」と話した。昨年11月に南相馬市の家を解体した。解体には立ち会わなかった。「家がなくなった実感はまだない。これからは自分の居場所を見つけなければ」と静かに語った。南相馬市から名古屋市内に避難してきた男性(41)は、震災当時生後1カ月だった長女(6)を見つめて「6年はあっという間。あの日から何も変わらないように思うが、子どもはどんどん大きくなる」と話し、抱きついてきた長女に笑顔を見せた。

 会場近くでは、岩手県の地元紙・岩手日報が「特別号外」を約1000部配った。被災地の現状や支援への感謝を伝えようと震災翌年から続けていて、今年で6回目。谷藤典男・編集局次長は・・・・・・・・・


 
 

 

 yjimage (11).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <毎日新聞 >【野村阿悠子】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000098-mai-soci


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース