So-net無料ブログ作成
検索選択
日本の伝統 ブログトップ

和食の次は「お茶」 「伝統文化の再生屋」が手がける、日本茶の世界進出 ! [日本の伝統]

和食の次は「お茶」 「伝統文化の再生屋」が手がける、日本茶の世界進出

フランス・パリで日本茶の可能性を掘り起こそうとする男がいる。37歳)「日本の伝統文化の再生屋」と言われている男だ。丸若はフランスで何をしようとしているのか。丸若が語る「日本茶、日本の伝統文化の可能性」とは?

ユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、世界的なブームが続く「和食」。現在、政府が力を入れようとしているのが「日本茶」だ。

現在、日本の茶の輸出量は2014年に70億円超で3年前と比べて1.5倍に増加した。政府は農林水産物・食品輸出の“重点品目”の一つに位置づけ、2020年までに150億円という目標を掲げる。課題は新興市場の開拓だ。健康志向が強いアメリカや、茶文化の素地がある台湾、香港、シンガポールなどアジア圏が安定した輸出先となってきた一方で、ヨーロッパのマーケットはほとんど開拓できていない。このヨーロッパで日本茶の文化を根付かせようとしているのが丸若だ。

フランスのサンジェルマン地区、高級エリアでありおしゃれなブティックが軒を連ねるエリアは日本で言うと白金や青山のような場所だ。ここで丸若が構える「NAKANIWA」では日本茶と共に数々の日本の伝統文化の品々を販売している。丸若は「日本茶には大きな可能性が眠っている」と話す。

■アパレルから伝統工芸の世界へ■

元々は伝統文化とは縁もゆかりもないアパレルブランドの出身だった丸若。なぜ、伝統工芸の道へと足を踏み入れ、日本茶をフランスで売るまでに至ったのか。「20代から放浪癖があって」と語る丸若自身、歩んできた道も放浪そのものだった。
20代は世界有数の海外アパレルブランドに勤め、販売担当をしていた時期は全国で1位の売り上げるほどの活躍ぶりだった。服が好きで身を投じたファッション業界だったが、“ある違和感”を覚えるようになった。
「どんなに惚れた服でもシーズンが終わるころにはセール品となって、最終的には処分されてしまうんです」。
2002年、当時23歳、原宿にZARAの2号店がオープンしたばかり。ファストファッションが世界中を席巻する直前の出来事だ。
疑問を抱えながら販売員として地方を飛び回るうちに出会ったのが・・・・・・・・・・・・


 

 

 _1481624461_1481624451__DSC4459_R.jpg

記事・画像引用・参照元 Yahoo News<feature>
(ライター宮本恵理子/Yahoo!ニュース編集部)
画像撮影:今祥雄
https://news.yahoo.co.jp/feature/457



七変化!昔ながらのおやつ、“かりんとう”が大進化していた! [日本の伝統]

七変化!昔ながらのおやつ、“かりんとう”が大進化していた!

ほうじ茶によく合う、昔ながらの素朴なおやつ、かりんとう。カリッとした食感で硬いものだと思っていたけれど、最近は「柔らかいかりんとう」が登場しているらしい。中には、あんこが入ったまんじゅうタイプなどもあるそうで、もはや駄菓子というより「かりんとうスイーツ」と呼びたい進化っぷりです。

中でも、「何これ?? おいしーー!!」と感動したのが、兵庫県にある「円山菓寮」の「蜜ん棒」というソフトかりんとう。見た目は普通のかりんとうなのだが、食べるとふんわり&しっとりしていてまるでドーナツのよう。メープル味というのをチョイスしたのだが、生地に蜜がよ~く染み込んでいてコーヒーにもよく合う。疲れているときなどに食べると脳が活性化しそうな、けっこうガツンとくる甘さです。

「円山菓寮」に問い合わせてみたところ、売れ筋は黒糖味の「黒蜜」だそうだが、リピートが多いのは・・・・・・・・


 
 

 

 E1270631006321_1_s.jpg

記事・画像 引用・参考元 Excite News <Bit(まめこ)>
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1270631006321.html



伝統文化の担い手「車師」 屋台1台分に半年 日本に数人しかいないの技術の継承者 祭りを盛り上げる彫刻屋台 [日本の伝統]

伝統文化の担い手「車師」 屋台1台分に半年 日本に数人しかいないの技術の継承者

祭りを盛り上げる彫刻屋台。その車の担い手となる「車師」は日本で10軒に満たない。そのひとりが、江戸時代から続く荷車製造業「乾 樫木工所」(鹿沼市上材木町)の7代目、乾芳雄さん(68)だ。20歳で父に弟子入りし、一人前の職人となって46年になる。ユネスコ無形文化遺産に登録された「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」に携わった職人でもある。

「明治までは荷車や農道具を主に作っていて、28年前のふるさと創生事業の頃から、屋台の車に携わることになりました。鹿沼は秩父や飛騨高山に比べ知名度はないけれど、樫の木が採れる希少なエリア。日本で一番堅い木で、ケヤキの倍は長持ちします。ただし、限界を見極める必要があって、叩いたときの音で、これ以上差し込んだら割れる、と分かる。車は材料が木だけで、糊もクギも使わずに組み立てます。外から見たら、誰が作ったか分からないかもしれません。でも、見えないところの細工がのちのち効いてきます。使ってから5~10年で職人の腕の違いが分かりますね。不良品は、ギイギイと木が悲鳴を上げますから。そうだなあ、私の作った車は・・・・・・・・・


 
 

 

 a0ab93f714eb5fcc789c3afd40c3a6cd20170111134244051_262_262.jpg

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/197333/1



年末・年始で疲れた胃腸を回復させる! 日本のハーブ「七草がゆ」現代風アレンジレシピ!昔からの伝わるものを大事にしよう! [日本の伝統]

年末・年始で疲れた胃腸を回復させる! 日本のハーブ「七草がゆ」現代風アレンジレシピ! 昔からの伝わるものを大事にしよう!

1月7日の朝に食べる“七草がゆ”。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロをお粥に入れて食べ、無病息災を祈ります。
近年その習わしは失われつつあり、「七草がゆなんて食べたことない」、「おばあちゃんの食べるものなんじゃないの?」といった人も多いのではないでしょうか。
しかし、じつは“七草”は、栄養がたっぷり詰まった日本のハーブなんです。

そこで今回は、キッコーマンのホームページにある『七草粥の豆知識』を参考に、忘れ去られがちな日本の文化“七草がゆ”の効用について紹介しましょう。これを読めば、もう「おばあちゃんの食べ物」なんて言えなくなりますよ。

■ ■知らなきゃ日本人失格!? 歌で覚える七草の種類

あなたは七草の種類を全て言えますか?

筆者が小学校の頃は「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」と七草の種類を歌にのせて口ずさんだ思い出があります。中には、懐かしさを感じる人もいるのではないでしょうか。

七草がゆの歌、知ってる人いないのかしら。おばあちゃん世代でも、知ってる人少ないみたい。どこの風習なのかな(^_^;)    — まめる (@4tune968) January 7, 2016

何気なく口ずさんでいたこの七草の歌、実は・・・・・・・・・・・


 
 

 

 Venustap_1824714_b1b4_6.jpg

 

 yjimage.jpg

引用・参考元 Excite News <VenusTap > 
http://www.excite.co.jp/News/lifestyle/20170106/Venustap_1824714.html
【写真提供】※ 写楽勝(クリエイター名) / PIXTA(ピクスタ)


今年の干支は!「酉年」 その由来や特徴は?果たして2017年はどんな年になるのか…!? [日本の伝統]

今年の干支は!「酉年」 その由来や特徴は?果たして2017年はどんな年になるのか…!?


2017年は干支の10番目、酉(とり)年です。 干支とは、「甲、乙、丙」ではじまる「十干」という暦と、ご存じ「子、丑(うし)、寅」ではじまる十二支という暦を組み合わせたもの。「干」と「支」とで干支なんですね。

 この干支、古代中国から伝わってきたといわれていますが、3000年以上前の殷の時代には既に使われていた。日本に渡ってきたのも非常に古く、弥生時代や古墳時代の地層から出土した鏡などに干支が刻まれています。

 この干支に動物をあてはめるようになったのは紀元前4~2世紀あたりの中国でのこと。中央で使われていた暦を、辺境の民族にも普及させ、王朝の威光を示すために、それぞれの干支の音の響きに近い、身近な動物を当てていきました(伝説上の動物「龍」も混じっていますが……)。 この考えもまた日本に入ってきます。そして干支は暦だけでなく時間や方位や日づけを表す、生活の基盤として定着していったのです。

 そんな干支のうち「酉」に当てられた動物は鶏。ニワトリです。月は陰暦の8月。時刻は午後5時から7時あたり。方角は西。季節は秋。 鶏は夜明けを知らせる・・・・・・


 
 
 
asahi_2016122900066_c73c_1.jpg 
 
 





引用・参考元 Excite News < asahi(文・室橋裕和)>
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170102/asahi_2016122900066.html?_p=1

銭湯の「ペンキ絵」!今や絵師は日本で3人のみ! 81歳の最年長銭湯絵師・丸山清人さんに密着 作成の過程を追ってみた! [日本の伝統]

銭湯の「ペンキ絵」!今や絵師は日本で3人のみ! 81歳の最年長銭湯絵師・丸山清人さんに密着 作成の過程を追ってみた!

大阪・京橋にある銭湯「ユートピア白玉温泉」。露天風呂や寝風呂、座風呂、電気風呂など多彩なお風呂があって、大人440円の入浴料でサウナにも入れる。ロビーが広く、ソファやテーブル席も用意されていて、湯上りにのんびり生ビールを飲むこともできる。

サービス満点かつ居心地がよくて大好きな銭湯なのだが、その「白玉温泉」に日本に3人しかいない銭湯絵師「丸山清人さん」が絵を描きにやってくるという。丸山さんは2016年の9月で81歳になる最年長の銭湯のペンキ絵師である。広いお風呂に入って雄大な壁絵の景色を眺めることで日常から少し逃避したような気持ちに浸ることができる。

■現役の銭湯のペンキ絵師は3人のみ■

銭湯が年々減少しつつある今の時代にあって、ペンキ絵を描く絵師も貴重な存在となった。前述の丸山さん、丸山さんの兄弟弟子である中島盛夫さん、その中島盛夫さんに弟子入りした若き後継者・田中みずきさんの3人のみが現役の絵師となってしまった。

3人の中でも最年長の絵師である丸山さんが・・・・・・・・・


 
 

 

 E1482731308098_db3a_1.jpg

 ●丸山清人公式サイト
http://japan-fujiyama.com/index.html

●取材協力
「ユートピア白玉温泉」
住所:大阪府大阪市城東区蒲生2-7-36
営業時間:午前6:00~午前2:00
営業日:年中無休


引用・参考元 Excite News <News/bit スズキナオ執筆>
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1482731308098.html


日本の伝統 ブログトップ