So-net無料ブログ作成
ド素人農業日誌 ブログトップ

食の大切さ」を子供に教える!食育を応援!子供と野菜作りを始める新サービス「こども畑」スタート♪ [ド素人農業日誌]

食の大切さ」を子供に教える!食育を応援!子供と野菜作りを始める新サービス「こども畑」スタート♪

農業ベンチャーの株式会社アグリメディアは、この2月に開園する4農園にて子育て世代の食育を応援する新サービス「こども畑」を開設することになった。

■こども畑の特徴■

お子さんと野菜作りを始めてみたい方の要望をもとに、1区画3m2で気軽なサイズとなっている。畑のサービスには種・苗・道具・アドバイザー指導も含まれています。これまで提供してきた商品『シェア畑』と同じサービス内容で手軽な月額5000円前後の価格で野菜に作りを楽しめるのが最大の特徴です。

■オーガニック野菜が子供の食育に好評■

既存のシェア畑の特徴は、化学肥料や農薬を使用せずに無農薬野菜を作れることです。
利用者すべてが・・・・・・・・・


 
 
 
 
Japan_arukikata_17165_2.jpg 




記事・画像引用元 Excite News<日本の歩き方>
http://www.excite.co.jp/News/travel/20170113/Japan_arukikata_17165.html



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

濃厚な味でファンが急増! 「古来種野菜」の魅力とは!自然なものの方がやはり良い!  [ド素人農業日誌]

濃厚な味でファンが急増! 「古来種野菜」の魅力とは!自然なものの方がやはり良い! 

スーパーなどで売られている野菜は、ほとんどが「F1種」という種から栽培されたもの。F1種は研究室で品種改良された種で、海外で採取されたものが多く、一代限り。これに対して、固定種・在来種の野菜が、古来種野菜だ。最近、注目され、その魅力にとりつかれる人がジワジワ増えているという。

 古来種野菜の販売や農家支援などを行う「warmerwarmer」の高橋一也さんが言う。

「同じ品種の野菜の種を人為的に交配すると、“両親”の良いところを受け継いで成長が早く、病気になりにくい種ができます。品質が良く、収穫も多く、安定供給しやすい。そのためのF1種ですが、2代目はバラバラなものができるので、採取した種を使うことはないのです」

 有機野菜などでも、種はF1種。農薬を気にする人は多いのに、
どうして肝心の・・・・・・・・


 
 
 

 

 853e35ea56ce28a1305e88737b01461b20170107133338184.jpg

引用・参考元 nikkan-gendai

 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/197175/1


古来種野菜, warmerwarmer,


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「種」について考える!現在の「食」の根本的な問題が存在する! [ド素人農業日誌]

「種」について考える!現在の「食」の根本的な問題が存在する!

昔の野菜はもっとおいしかった──よく耳にする言葉です。たしかに昔の野菜は個性的で、大根にはもっと辛みがありましたし、ニンジンには子どもが嫌うほどの強い香りがあった。時代につれて、私たちの食べる野菜は変わってしまったのでしょうか? その裏には、「種」の事情が大きく関わっているのです。

【二つの種 固定種(在来種)」と「F1種」】

野菜の種は、「固定種(在来種)」と「F1種」に大別されます。
固定種とは、いわば「普通の野菜の種」。一番よくできた野菜を選んで種を採り、その種を蒔いて育てた中からまた一番よいものを選んで種を採り、といったことを何代も繰り返して品種改良したものです。長い時間をかけて気候や風土に適応し、その土地にしっかり根づいたものですから、肥料や農薬に頼りすぎずに栽培ができますし、種を採って毎年再生産しつづけられます。昭和30年代頃までは、ほとんどの野菜が固定種でした。

一方、現在の市場で全盛を誇るのは「F1種」。人為的につくられた一代限りの雑種です。別系統の野菜を掛け合わせると、一代目のときだけに現れる雑種強勢によって、野菜の成長が早くなり収穫量も増大。さらに雑種の一代目は両親の優性形質だけが現れるため、形や大きさも揃う。そんな性質を持った、大量生産・大量消費<現在の経済的要請に合う>にうってつけの・・・・・・・

                         つづきはこちら



                        引用・参考元
                http://www.muji.net/lab/food/130515.html

 yjimage (13).jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

【ド素人農業日誌】 隣のMちゃんと畑の境界線確認の為出向く!何と雉に遭遇する! [ド素人農業日誌]

 【ド素人農業日誌】隣のMちゃんと畑の境界線確認の為出向く!何と雉に遭遇する!

 親から受け継いだ畑があるのだが、今年は6月に入っても、農作業はなんにも出来なかった。「どうしたものかのう!?」と悩んで(?!)いたら、6月の末に、隣のMちゃん(ブラジル人だが、日本人より日本人らしいひと)がやって来て、「うちの奥<日本人>さんが、野菜作ってみたい!」と言っていると相談に来た! このMちゃん!レディーファースト!かあちゃん想い! こちとら今年は何にもしてなく、草ボウボウの畑を「何とかセナあかん!」と思っていたところで、「こりゃあ!タイミングがええぞ!」とばかり「やってみるかい!」と即答した!

 6月末、早速畑に行って、草を刈り、トラクターで土を耕した。そして夫婦で、なす、ジャガイモなどを植え芽が出てきたところだ! 

 畑の様子を聞いたら、東の部分が、「原野(?!)状態だが、あそこも自分の畑なのかい!?」と聞かれたので、「(小生人に任せっ切りで畑にも顔を出してないので)それじゃ明日の朝畑に行って、うちの畑が何処までか教える!」という事になった!

 さてその翌日、即ち本日の朝5時半!軽トラックに乗って、畑に向かう!少々雨模様!途中車のハプニングもあったが、無事畑に到着。隣のブドウ畑の親父も朝早くから下草刈りに励んでいた。ブドウはもう形がはっきりして、鈴なりに生っていた。挨拶をして、自分の畑に入る!

 なるほど二人で頑張って、野菜が植わり、芽が出ていた。しかしその奥は草ぼうぼうの原野状態。タラの芽の枝や、蜘蛛の巣を払いながら、境界線に向かう。まあタラの芽の木に蔓が絡んで、「デカ騒ぎ!」状態! こりゃあ近所の畑にも迷惑を掛けて拙いなあ!と思う。

 自分の畑側は、タラの芽の木や、蔓が絡んで、入り込めなかったので、隣の畑に入らせて貰って、境界線を確認した。隣の畑は綺麗に野菜が育っていた。

 突然前方に何か動いて動物の気配がした。なんだろうと思って寄って行ったら、なんと雌の雉だった。雉はつがいで何回も遭遇したことがあり、珍しいことではなかったが、本日は雌しか見当たらなかった。

 普通人間と遭遇すると、さっさと逃げてしまったり、飛び去ってしまうのだが、今日の雉は、それほど距離を取らずに、再三ファインダーで捉えることが出来るほどこの場所に拘っていた。多分、目の前のブッシュの中辺りに巣があり子供が居たのだと思う。鳴き声も聞こえたような気がする!まあ!畑の守護神みたいなものだから、恐怖心をこれ以上与えない様に戻ることにした。

 まあ同じ動物でも、雉でよかったというもので、ここら辺は里山にも近く、傍の家辺りには、平気で熊も出現するところなので、熊だったら、勿論こんなのんびり撮影など出来る筈はなく、下手をすれば、こちとらが被害を受け、熊の餌食になってしまう可能性だってある!今年は全国各地で、熊の出没があり、東北では死亡事件まで起きている! 朝早くの農作業<形ばかりだが、草取りもしたので>だったので、そういう事も考慮しなければならなかった!朝早く動いたので、体も気持ちもすっきりした!偶には畑に出て、農作業に勤しまなくてはならんと思った!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【ド素人農業日誌】今頃農作業を開始した!ド素人故! [ド素人農業日誌]

【ド素人農業日誌】今頃農作業を開始した!ド素人故!

 6月の初旬というのに、我がド素人農業チームは、今年に入って、草1本も刈っていない!ド素人ゆえ。周りの畑はもう結構芽を出し緑に覆われているというのに! 本日は朝も早よから、隣のMちゃんを連れ出し、漸く重い腰を上げた。案の定草ぼうぼう状態。我々の胸の辺まで伸び切っている。

 しかし本日は、草刈り機と、耕運機という、つよ~い味方がおりまする!? 見るからに勤労意欲(!?)を削ぐような草の量だ! 先ず草を刈ってそれから耕運機で耕す。小生はこういう機械もんに疎いもので、Mちゃんの作業をやっている横でカメラを回しているだけ! それにしても機械の威力は大したもので、瞬く間に、草は刈られ、土は耕された。

 【ド素人農業日誌】 草刈り 未だに草ぼうぼう 漸く本年の農作業に入る!
 https://youtu.be/svuJj5YxuaY  ← clickしてみてください! 

 【ド素人農業日誌】 耕運機 やっと始まった今年の農作業
 https://youtu.be/1_9QocCTKRo ← clickしてみてください!

 これから植えるものと言っても、何を植えたらよいか、まだ何も計画してないが、ド素人集団ゆえ、今年もまた、「無手勝流」で、やるしかないなあ! それでもジャガイモ当たりなら、極端に言えば、植えてしまえば、後は手も掛からないので、そこら辺が狙い目かも。いずれにせよ、こんないい加減な百姓仕事だけれど、8月頃に収穫ができれば、それなりに嬉しいものだ!

 百姓のいいところは、米さえ確保してあれば、自分で作った野菜などで、何とか食いっパグれなく生きていけることだなあ! 既に出遅れて居るが、何とか頑張ってみよう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ド素人農業日誌 ブログトップ