So-net無料ブログ作成

カテーテルを痛む場所まで移動し微細血管もろとも神経を消失させる新治療! [健康]

カテーテルを痛む場所まで移動し微細血管もろとも神経を消失させる新治療!


 


  血管にカテーテルを挿入して治療する“カテーテル治療”といえば、脳心血管疾患でよく使われている。しかし、同院が行う「運動器カテーテル治療」は、肩、腰、膝、股関節などの関節痛や帯状疱疹後神経痛などの慢性的な痛みを改善させる新しい治療法。画期的なのは「痛みと血管の関係」に着目している点だ。開発者の奥野祐次院長が言う。


 「関節痛など炎症のある部位には、微細な血管が異常に増えていることが知られています。その新生血管には神経も一緒に対になって増えています。通常、炎症が治まれば新生血管も神経も消えてしまいます。しかし、慢性痛の部位では消えずに残り、それが痛みの原因になっているのです」


  従来、関節痛などはレントゲンで組織の異常を調べてきた。しかし、血管はレントゲンの画像には映らない。そのため、造影剤検査でないと分からないモヤモヤと増殖した微細血管の存在(異常)が、これまで見逃されていたのだ。


 寝ていたり、じっとしていても痛い関節痛、階段の上り下りや立ち上がったときの膝や腰の痛み、エプロンを結ぶときの肩の痛みなどは、モヤモヤ血管が・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9078


yjimage (3).jpg


 


▽奥野祐次医長/オクノクリニックprofile


埼玉県出身。2006年慶応義塾大学医学部卒。川崎市立井田病院、クリニカETで勤務。12年慶応大大学院博士課程修了後から江戸川病院勤務。17年10月クリニックを開業。〈所属学会〉日本整形外科学会、日本IVR学会など。


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/219337?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%99%A8%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E6%B2%BB%E7%99%82&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

年末年始飲む機会が増える! タンパク質の分解を促進! 注目の「ブロメライン」って何? [健康]

年末年始飲む機会が増える! タンパク質の分解を促進! 注目の「ブロメライン」って何?


 


いよいよ忘年会、クリスマス、お正月と、連夜の飲みでクタクタになるシーズンがやってきた。この時季は、肉や魚の鍋ものなどでタンパク質を摂取する機会も増える。外食だけでなく、ホームパーティーでのちょっとしたツマミにも、肉を使ったメニューが用意されていたりするもの。最近はやりの糖質制限ダイエットも肉食を推奨している。白米よりも肉や魚という傾向が強くなっているが、バランスの悪い食生活は決して褒められたものではない。


 


 なにしろタンパク質は、多く取りすぎると大腸がんや動脈硬化の危険性が高まるとされている。健康に直結するレシピを企画提案する管理栄養士で料理研究家の関口絢子氏がこう言う。


 「タンパク質を取りすぎると、体内で消化しきれずに腸内で腐敗します。これが窒素残留物と呼ばれるもので、そこから発生したアンモニア物質は悪玉菌の・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9071


 


yjimage (13).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218994?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3#mode%3Dsearch


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

犬を飼っている人は「癒し効果」と共に「運動効果」による「死亡リスク」が低い傾向が!? [健康]

犬を飼っている人は「癒し効果」と共に「運動効果」による「死亡リスク」が低い傾向が!?


 


 犬の飼育と健康状態に関する研究は複数報告されています。例えば、犬を飼っている人は、そうでない人に比べて身体活動量が多く、悪天候の日でもその運動量が維持されているという報告があります。さらには、犬を飼っている人では糖尿病や高血圧などを有している人が少ないという研究も報告されていました。


  ペットによりもたらされる心理的な安心感が、精神面に良い影響を与えていることは多いでしょう。犬の場合では、散歩などによる身体活動量の増加を通じて人の健康増進に寄与している可能性もあります。


  そんな中、犬の飼育と死亡のリスクを検討した観察研究の論文が「サイエンティフィックリポート」という科学誌に2017年11月17日付で掲載されました。


  この研究ではスウェーデンに在住している40~80歳の約340万人が解析の対象となりました。犬を飼っている人と飼っていない人を比較して、死亡リスクや心臓病リスクなどが・・・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/9049


 


yjimage (11).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/219059?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%8A%AC%E3%81%AE%E6%95%A3%E6%AD%A9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

運動で“脳力”アップ!物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? ただ歩く丈でも効果はある! [健康]

運動で“脳力”アップ!物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? ただ歩く丈でも効果はある!


 


 年齢とともに増える物忘れ。その要因のひとつは、誤った生活習慣の蓄積だ。物忘れや認知症を遠ざける生活習慣とは? 米山公啓先生(米山医院院長)に聞いた。


 「定期的な運動が認知症予防になることは、さまざまな研究で明らかになっています。特別な運動をせず、ただ歩くだけでも効果があります」


  たとえば、65歳以上の9000人を対象にした調査。「週3回以上、歩くよりハードな運動をする」「週3回以上、歩く程度の運動をする」「運動をしない」の3群では、運動強度が高いほど認知症発症率が低かった。5年間継続した結果であることから、続けることの重要さがわかる。


 「ウオーキングをするなら、毎日決まったコースを歩くより、なるべく・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9043


 


yjimage (7).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/219064


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%AF%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

あなたは「息を吐く」だけ! においで判定する「がん探知犬」の可能性! [健康]

あなたは「息を吐く」だけ! においで判定する「がん探知犬」の可能性!


  2人に1人が、がんになるというのに、自治体のがん検診の受診率は3割ほどで、会社の健康診断はがんをカバーしているとは限らない。がん予防に関しては不十分なのが現状だ。


  多忙な人にとって最適のがん判定が、「ドッグラボ」。人間が吐き出した息から“がんの臭い”を、犬が探り当ててがんを判定するという検査なのだ。こんなんで大丈夫なのか?


 ■サービスを手掛けるAQuAの恒松孝幸社長が言う■。


 「がんには、すべてのがんに共通する臭いと、あるがん固有の臭いがあることが医学的に明らかになっています。今、分かっているのは共通する臭いで、人が吐く呼気に含まれる。そのがんの臭いを、特殊なトレーニングを積んだ“がん探知犬”が探り当てるのです。的中率は、ほぼ100%。ほぼというのは、高度異形成と呼ばれる前がん病変まで見つけてしまうので、“ほぼ”なのです。早期発見が困難といわれるすい臓がんのステージゼロを発見した結果は、英医学誌GUTに掲載され、世界が驚きました」


 


 “がん探知犬”は海難救助犬がルーツで、20メートル深くに沈む被害者の臭いをかぎ分ける。がん患者にニンニク臭の強い食事を食べて飲酒させても、がんの臭いをキャッチするという。人間より1億倍・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/9009


 


yjimage (2).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/200141?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%81%8C%E3%82%93%E6%8E%A2%E7%9F%A5%E7%8A%AC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【解熱鎮痛消炎剤】年間47億錠 1人40錠近くを消費!しかし安易な服用を避けるべし! [健康]

【解熱鎮痛消炎剤】年間47億錠 140錠近くを消費!しかし安易な服用を避けるべし!


  


 今回は「解熱鎮痛消炎剤」として一括りにされる医薬品について見ていきます。熱を下げ、痛みを和らげ、炎症を抑える、そんな医療の原点を担っているクスリですから、実に多くの用途に使われている。「頭痛」「生理痛」は言うに及ばず、「風邪」による熱や喉の痛み、「肩凝り」「腰痛」「腱鞘炎」「腹痛」「尿路結石」「ケガ・手術・抜歯後の痛み」、さらには「リウマチ」や「痛風」など、ありとあらゆる発熱・痛み・炎症に用いられている。


  2015年度の上位100品目の処方量は、約47億錠。国民1人当たり、1年間に40錠近く飲んでいる事になる。


 解熱鎮痛消炎剤には、胃炎や胃潰瘍を引き起こしたり、肝機能に悪影響を与えたりといった副作用が・・・・・・・・・・・・・


 


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8999


 yjimage.jpg


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


 https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218556


 画像元 yjimage


 https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%B6%88%E7%82%8E%E9%8E%AE%E7%97%9B%E5%89%A4&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

コーヒーは健康にいいようだ!百薬の長!? 最新の研究結果を報告! 控えた方がいい場合もあるので注意! [健康]

コーヒーは健康にいいようだ!百薬の長!? 最新の研究結果を報告! 控えた方がいい場合もあるので注意!


  コーヒーは好きな人には手放せない飲み物です。刺激性のあるカフェインを含み、常用性があるからですが、その一方で体に良い影響のある多くの生理活性物質が含まれていることも報告されています。コーヒーは体に良い飲み物なのでしょうか、それとも良くない点もあるのでしょうか!?


  最近の研究では、体に良いとする結果が多く発表されています。今年の「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」という一流の医学誌に掲載された論文によると、これまでの多くの臨床データをまとめた結果として、1日3、4杯コーヒーを飲む人は、あまり飲まない人と比較して、動脈硬化の病気で・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8943


 


 yjimage (14).jpg


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <医者も知らない医学の新常識>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218477


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

長時間待たされ、診療は10分!この状況打開策!働く中年層のための予防医療 ネット問診で待ち時間を短縮! [健康]

長時間待たされ、診療は10分!この状況打開策!働く中年層のための予防医療 ネット問診で待ち時間を短縮!


 オフィスビルが立ち並ぶ東京・豊洲。MIZENクリニック豊洲(東京都江東区)、同院は近隣で働くサラリーマン・OL層をターゲットに夜間診療(平日18~22時)を行っている一般内科クリニック。昨年春、5人の若手医師(28~30歳)によって開院したばかりだが、どんな考えで設立されたのか。


 ■責任者で「医師」「研究者」「起業家」の異なる3つの顔をもつ田澤雄基院長の見解■


 「すでに症状が出ている高齢者は積極的に医療機関に掛かっていますが、持病を放置しがちなのどちらかというと働き盛りの人たち。当院は、まだ合併症が出ていない生活習慣病や軽い急性期症状の患者を中心に、心と体の両面から診て病気を未然に防ぐ予防医療をコンセプトにしている。患者の7割は30~40代です」


  会社の健診などで生活習慣病になりかけの数値を指摘されても、会社員だとつい放置してしまう。 その大きな原因は、「会社帰りに医療機関が開いていない」「忙しくて時間がとれない」などの時間的な障害だ。夜間診療に特化したのも、その課題を解決する為だった。医療機関側が患者の都合や生活スタイルに近づく医療を試みている。


 「基本的に診療はネットからの予約です。来院前に予め問診票を送信して貰うので、医師の方も予め・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8935


 


【田澤雄基院長profile


▽栃木県出身。2014年慶応義塾大学医学部卒。学生時代に医療ITベンチャーを起業し、後に売却。東京歯科大学付属市川病院、慶応大学病院に勤務。16年、大学院生として慶応大学精神・神経科に所属すると共に同院を開業。東京都医師会医療情報検討委員会委員。


  


yjimage (3).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルス ケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218420


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=MIZEN%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E8%B1%8A%E6%B4%B2&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

便秘で悩む人は多い!便秘には「下剤と食物繊維」は大間違い! 便秘治療はタイプ分類がカギ! [健康]

便秘で悩む人は多い!便秘には「下剤と食物繊維」は大間違い! 便秘治療はタイプ分類がカギ!


 


 今年10月、国内初の「慢性便秘症診療ガイドライン」が発刊された。便秘治療はどう変わるのか? 


 ガイドライン作成のメンバーでもある、「指扇病院」排便機能センター長の味村俊樹医師は、「非常に大きな一歩」と評価する。味村医師は、「さまざまな下剤が登場し、数年前と比べると治療の選択肢が増えている。ところが便秘の基礎知識にすら乏しい医師が多く、適切な治療が行われているとは言い難かった。ガイドラインによって、それが改善されることが期待されます」


  知っておきたいのは、便秘のタイプだ。ひと言に便秘といっても細かくタイプが分かれ、治療法は異なる。大腸通過正常型では食物繊維の摂取が有効だが、遅延型ではむしろ症状を悪化させる、という様にだ。


  今回のガイドラインにはアルゴリズム(診断・治療の流れ)が記載されていないのがネックだが、タイプの記載はあるので、今までのような「便秘といえば全て下剤と食物繊維」といった状況は変わると考えられる。


  大腸通過正常型と遅延型の見極めは「大腸通過時間検査」という検査が必要だが、研究として行う一部の医療機関でしか受けられない。


 「ただ、下剤による治療で通過正常型か遅延型かの判断は、ある程度つきます」


 ■下剤が効かなければ大腸通過時間検査を■


  大腸を刺激せず排便しやすい環境をつくる非刺激性下剤を単剤または複数剤組み合わせる。非刺激性下剤が適量に達するまでは、大腸を刺激する刺激性下剤を・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8924


 


yjimage (5).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218417?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E4%BE%BF%E7%A7%98&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【常識の間違い!】塩は高血圧の原因はほんとうか!? [健康]

【常識の間違い!】塩は高血圧の原因はほんとうか!?


  


塩が高血圧の原因とする「迷信」は、随分昔から唱えられていた。高血圧の権威と言われた、青木久三(もと名古屋市立大学)先生は、むしろ塩の重要性を、常々積極的に主張されており、「いい加減な減塩は、心身ともに悪影響を来す」と警告を発していた。塩が高血圧の原因という説はどのように生まれたのか? いくつかの理由が考えられている。


 青木氏は「減塩によって、血圧の下がる人は、百人中、精々23人くらいのものだ」と、語っていた。それなのに、何故塩は高血圧の元凶と言われているのか? 原因は塩だという説は、アメリカの高血圧学者のメ―ネリーだとされる。彼は、ダイコクネズミに、1日、2030g食塩を与え、飲み水も1%の食塩水を与えた。(ネズミの体重に対して、2030gの塩と言ったら、日常生活では絶対あり得ない量の塩だ!☜異常値)早い話ネズミの塩漬にした訳だ。そのうちの4匹が高血圧となった。この実験により、高血圧の元凶は「塩だ!」と注目された。


 しかし青木氏は、高血圧にならなかった6匹の方こそ注目すべきだと主張した。すなわち「塩に対して血圧を上げる感受性を持つネズミと、抵抗力があるネズミがいるといった点を注視すべきだと指摘した。しかしこの点を未解決にしたまま、メネリー説が、全世界に広まった。またダールなどが同様の研究発表をしたこともあり、この説は増々認められて定説となった。


 ダールは、高血圧患者が多い日本にも来て、実態調査もしている。都道府県別の、食塩の摂取量と、高血圧患者数のマップを作成した。因みにこのマップを見ると・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8913


 


yjimage (5).jpg

誤食の恐怖」中嶋孝司著 展望社


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%B0%82%E5%A3%B2%E5%A1%A9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

我が子に敢えて歯磨きを指せなかった埼玉の歯科医師による“実験”!その結果は!?虫歯はどのようにして出来るのか!? [健康]

我が子に敢えて歯磨きを指せなかった埼玉の歯科医師による“実験”!その結果は!?虫歯はどのようにして出来るのか!?


 


 埼玉県熊谷市にある「くろさわ歯科医院」の黒沢誠人院長は“日本最高水準”の歯科医療を実践している。そんな黒沢院長は、歯科医でありながら4人の子供たちに歯磨きをさせなかった。壮大な“実験”に挑んだ理由と結末を直撃――。


  実験に踏み切ったきっかけは、管理栄養士・幕内秀夫氏の講座で「伝統食と近代食では虫歯の発生率が違う」という米国歯科医の調査内容を聞いたことだったという。


  当時、長女6歳、長男5歳、次男2歳、次女は妻のお腹の中。同じく歯科医の妻との相談の上、「歯磨きは今日からしなくていい」と子供たちに宣言。虫歯ができたらすぐにやめるつもりだったが、一向に虫歯はできず、それぞれの子供が12歳になるまで継続した。


  歯磨きの代わりに徹底したのが、日本の伝統食の実践だ。ご飯、味噌汁、漬物が基本。ご飯多め、おかず少なめ。パンは日曜日のお昼のみ。牛乳はやめ、砂糖、油脂は控えめ。おやつは“ハレの日”は何を食べてもよく、“ケの日”は蒸しサツマイモや季節の野菜、干し芋やせんべいにした。


 「困ったことといえば、公的な・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8900


 


yjimage (2).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/218266?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%99%AB%E6%AD%AF


 


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が改めて経緯を調査  [健康]

砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が改めて経緯を調査 


 


 薬剤のデータ改竄が一頃問題となった。研究集団の中に、メーカーの人間が介在し、しかも臨床データを改竄したというものだった。また自動車業界の検査体制の不適切性なども問題になっている。業者は売らんが為に、あらゆる手を使うが、例え不利な情報でも、隠蔽してしまっては、やはり消費者を騙す結果になり拙かろう。情報はオープンにして、消費者の判断に委ねるのが正しい方向ではないか!?


 砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8829


 


yjimage (15).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <asahi.>(ワシントン=香取啓介)


http://www.asahi.com/articles/ASKCQ4JSZKCQUHBI02N.html?ref=yahoo


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%A0%82%E7%B3%96%E3%81%AE%E6%9C%89%E5%AE%B3%E6%80%A7&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

沈黙の臓器肝臓も酷使により破綻する!肝臓を解毒 毎日のケアに適した注目成分に着目! [健康]

沈黙の臓器肝臓も酷使により破綻する!肝臓を解毒 毎日のケアに適した注目成分に着目!

 

食欲の秋の到来とはいうものの、“左党”のビジネスマンにとっては、秋から暮れ・年始は肝臓を酷使する季節の始まりでもある。過度のアルコール摂取が肝臓に大きな負担となるのは常識ではあるが、それに加えて仕事のストレスや睡眠不足、油っこいものや甘いもの、お肉の食べすぎなど悪い生活習慣も、肝臓にはボディーブローのようにダメージになる。

  では、肝機能が低下すると、人間のカラダはどうなってしまうのか。答えは“負のスパイラル”だ。糖や脂肪の代謝がスムーズに行えなくなって高血糖や脂質異常を招き、脂肪肝を引き起こして、さらなる肝機能低下(肝硬変☞肝がん)を招くという悪循環だ。

  しかも肝臓は別名“沈黙の臓器”ともいわれ、深くダメージを受けていても、自覚症状が中々出ないから厄介。健康診断や人間ドックでγ-GTPALTなどの肝機能マーカーに“要注意”の数値が出たにも拘わらず、放っておいたがために気づいたら・・・・・・・・

 

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8803

 

yjimage (4).jpg

 

  註 成分名を商品名にしている場合がある。※

 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/pr/213560

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3#mode%3Dsearch

 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

認知症でも99歳まで生きたトミちゃんに学ぶ幸せな最期へ出来ること!  [健康]

認知症でも99歳まで生きたトミちゃんに学ぶ幸せな最期へ出来ること! 


 


2015年1月3日、「トミちゃん」こと有岡富子さんが息を引き取った。享年99。娘の陽子さんとともにトミちゃんを見送った「つどい場さくらちゃん」の丸尾多重子さんが言う。「トミちゃんの人生は決して特別なものではない。望むなら、だれでも可能にできる生き方です」


  介護に関わる様々な人が集まる「つどい場さくらちゃん」に、陽子さんと一緒にトミちゃんが訪れるようになったのは2006年。トミちゃんと陽子さんは2人暮らしで、とても仲の良い母娘だった。認知症と診断されたトミちゃんが“頼りになるお母ちゃん”では少しずつなくなっていくことを、当時の陽子さんは受け止められず、よく泣いていた。


  どんなに介護を一生懸命やっても、認知症は緩やかに進んでいく。やがてトミちゃんは陽子さんを娘と認識できなくなった。 ある日のことだ。陽子さんが押す車イスが小さな段差に引っかかり、トミちゃんが放り出された。陽子さんはパニック状態になり、丸尾さんに「助けて!」と電話をかけた。丸尾さんや「つどい場さくらちゃん」のメンバーが駆けつけると、トミちゃんがハッキリ言った。


 「陽子ちゃん! お母ちゃんは陽子ちゃんが泣いているのはイヤよ!」


 ■薬をやめ介助を最小限に■


  母親としての記憶がよみがえったのは一瞬だけだったが、この日を境に陽子さんは変わった。 それまでかかっていた医師から出された薬でトミちゃんが錯乱したのを目の当たりにして、思い切って・・・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8758


ea4833e10f773ebaa8ae870cf68cd73620170623155435802 (1).jpg


 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/208062


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D23%26st%3D700


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

交通渋滞はドライバーの血圧を上昇させる!300人の調査結果!時間的な余裕のある運転が血圧を上げなくて済む秘訣! [健康]

交通渋滞はドライバーの血圧を上昇させる!300人の調査結果!時間的な余裕のある運転が血圧を上げなくて済む秘訣!


 


  連休を利用して旅行に出かける人も多いのではないでしょうか。自動車を利用しての旅行でドライバーを悩ませるのが交通渋滞です。渋滞に巻き込まれるとストレスを感じることも多いと思いますが、ストレスは特に血圧上昇などを引き起こすことが過去の研究で示されています。


  交通渋滞に巻き込まれたドライバーと血圧上昇の関連を検討した研究論文が、高血圧分野の国際誌である「臨床高血圧誌」電子版に20171010日付で掲載されました。


 


この研究は、ガソリンスタンドに立ち寄った310人(平均39歳、男性75%)のドライバーを対象としたアンケート調査です。被験者には、交通渋滞に巻き込まれたかどうかを「はい」「いいえ」で答えてもらい、手首に装着するタイプのデジタル血圧計で血圧測定を行っています。なお交通渋滞は断続的な車の停止を伴う程度の渋滞であり、交通渋滞なしは他の車によって走行が妨げられないものと定義されています。


 解析の結果、交通渋滞に巻き込まれたドライバーの収縮期血圧(上の血圧)と拡張期血圧(下の血圧)は・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8740


 


india11.jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/217762?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%B8%8B%E6%BB%9E%E3%81%A8%E8%A1%80%E5%9C%A7&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

特に冬は「新型栄養失調」に陥り易い!男の単身生活者特に注意!正しい食事法とは! [健康]

特に冬は「新型栄養失調」に陥り易い!男の単身生活者特に注意!正しい食事法とは!

 

 寒さを実感するこれからの季節、「風邪などの感染症にかかりやすい」「だるい、息切れする」「まぶたがピクピクする、目がかすむ」「肌がかさつく」「足がむくみやすい」「口内炎ができた」などという人は食事に注意が必要だ。総カロリーは足りているのに必要な栄養素が不足する新型栄養失調の可能性が大なのかもしれない。

 「新型栄養失調は幅広い世代で見過ごされている健康問題です。非正規雇用の若者は食費を削り偏食になりがちで、中年は「太っていなければ健康だ」との思い込みから食事量を減らしビタミン不足が目立つ。高齢者はそれに老化が加わり、ふくよかに見えても実は栄養失調という人がかなりいます」

  こう言うのは人間総合科学大学の前教授で東京都健康長寿医療センター研究所協力研究員の熊谷修氏だ。とくに不足しやすいのは微量栄養素と動物性タンパク質だという。

  ビタミンやマグネシウム、亜鉛や葉酸、カリウムなどの微量栄養素不足は、しびれ、痛み、けいれん、皮膚の乾燥、肌荒れなどを招きやすい。また、肉に含まれる動物性タンパク質が足りないと筋肉、血液、骨を十分つくれず、筋肉量が減りやすく、身長が縮み、太りやすくなる。

 「“若い頃に比べて太ったので肉は食べない”という人がいますが、間違いです。日常生活では一日に消費する総エネルギーの7割は・・・・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8730

 

 yjimage (4).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/217767

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A4%B1%E8%AA%BF&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

一律に体にいいというものではない!考えるべき!「肝臓に良いと言われる」食べ物の食べ時! 却って機能低下に繋がることも!生体の状況を考慮せよ! [健康]

一律に体にいいというものではない!考えるべき!「肝臓に良いと言われる」食べ物の食べ時! 却って機能低下に繋がることも!生体の状況を考慮せよ!


 


世間一般で長らく信じられている「健康知識」の中には、意外に間違った情報が少なくない。そのひとつが、「肝臓に良い食べ物」。「レバー」「シジミ」「ウコン」をいまだに「肝臓の機能アップにつながる」と考えて積極的に取っている人もいるが、人によっては肝機能の低下を招きかねないのだから注意が必要である。


  肝臓は現在わかっているだけで体の中で500種類以上の役割を担い、基礎代謝の3割近くを占める重要臓器だ。その機能低下は、体の不調にとどまらず、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる重大病を引き起こす。だからこそ、昔から肝臓の機能アップの食べ物がもてはやされてきた訳だが、どうやら世間で肝臓に良いとされる食べ物は、人によっては悪い、ということがわかってきた。


 「食品で肝臓に良いといわれるものがありますが、その多くは俗説です。医学的根拠はありません」 こう言うのは日本肝臓学会専門医で、「吉田内科クリニック」の吉田秀樹院長だ。「レバー」「シジミ」「ウコン」は肝臓の機能が落ちている人は・・・・・・・・・・・・


 つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8720


  


yjimage (4).jpg

 


記事・画像引用元<日刊ゲンダイ>


http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/197760/1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%82%9D%E8%87%93%E3%81%AB%E8%89%AF%E3%81%84%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%82%9D%E8%87%93&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

寒い日のサウナこんなに危ない! 元若島津未だ昏睡状態が続く!  [健康]

寒い日のサウナこんなに危ない! 元若島津未だ昏睡状態が続く! 

 

元大関若嶋津の二所ノ関親方(60)が倒れて約1週間。一部報道によると、未だに昏睡状態だそうだ。

  二所ノ関親方が倒れたのは19日午後4時すぎ。船橋市内のサウナを利用し、自転車で帰宅する途中、路上に倒れた状態で発見された。サウナで具合が悪くなり、倒れたとか、手すりにつかまりながら歩いていたとか、従業員に介抱してもらっていたという目撃情報もある。船橋市の19日の平均気温は11.1度だった。前日が14.4度だったから急に寒くなった訳だ。

 ■寒暖の大きな差で血管が収縮■

  医学博士の米山公啓氏によると、人は急に気温が下がると自律神経の調整がうまくできなくなり、血管が収縮して血圧が上がる。そんな時期に寒い屋外から温かいサウナや湯船につかると今度は血管が広がって血圧が下がり、脳への血流が減少して意識不明に陥るそうだ。米山氏が言う。

 

「二所ノ関親方はくも膜下出血かもしれません。若いころに太るための食生活をしたことから脳に動脈瘤ができ、気温の変化によって血圧が上がり下がりして動脈瘤が破裂したとも考えられるのです。こうした症状は50歳以上の人は・・・・・・・・・・

 

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8664

 

 1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/216267

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%A1%80%E5%9C%A7+%E4%B8%8A%E3%81%A8%E4%B8%8B%E3%81%AE%E5%B7%AE

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【がん死亡者】青森県11年連続1位の要因・状況と糖尿病の関係! [健康]

【がん死亡者】青森県11年連続1位の要因・状況と糖尿病の関係!


 


■諸悪(!?)の根源☞糖尿病■


 男性は3人に2人、女性は2人に1人ががんになる時代、がんの死亡者が最も多いのが青森だ。「男女計」と「男」が2004年から11年連続で1位。最新の2015年のデータでは、人口10万人当たり約201人。最も少ない長野県のおよそ1.5倍だ。


  青森県健康福祉部がん・生活習慣病対策課は、「進行してからがんが発見される割合が高く、早期発見が少ない」ことが、がん死亡率が高い要因としている。人口10万人当たりのがんの罹患率と死亡率を比べると、男性の場合、罹患率は442で、全国平均を7下回っているのに、死亡率は全国平均を38.9上回る218だ。


  このギャップが生まれる要因が早期発見の少なさとして、なぜそうなるのか。聖路加国際病院内科名誉医長で「西崎クリニック」院長の西崎統氏は「糖尿病との関係」を指摘してこう言う。


 「糖尿病はメタボとの関係で心筋梗塞や脳卒中を引き起こすリスクと説明されますが、その説明では不十分。実は、糖尿病はがんを・・・・・・・・・・・・・


 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8639


 


a51_10.png

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/214674


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RiohdfEwhaojEAYx2U3uV7;_ylu=X3oDMTBiZGdzYWtnBHZ0aWQDanBjMDAz?p=%E3%81%8C%E3%82%93%E7%BD%B9%E6%82%A3%E7%8E%87+%E3%80%80%E9%9D%92%E6%A3%AE%E7%9C%8C%E3%80%80++%E7%94%BB%E5%83%8F&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Dsearch


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

「治療しないも」がん治療の立派な選択肢!データが実証! 特に高齢がん患者は「治療しない」をもっと考えよ! [健康]

「治療しないも」がん治療の立派な選択肢!データが実証! 特に高齢がん患者は「治療しない」をもっと考えよ!


 


 がんの治療は、手術と放射線、抗がん剤が3本柱で、根治できるのは手術と放射線です。血液がん以外の固形がんを抗がん剤で根治する事は先ずできません。これがセオリーですが、75歳以上の高齢者はケース・バイ・ケースで“治療しない”という選択肢もあり得るということをご存じか!?(抗がん剤治血液がん=白血病など以外には効果が薄いと言われているが、これを奨める医師は多い!抗がん剤は、造血細胞も攻撃してしまうから、免疫細胞にも打撃を与え、がんと闘う機能を弱めてしまうという欠点を持っている。多くの医師は、自分ががんになったら抗がん剤は使わないと言っている!)


  国立がん研究センターは今年8月、がん治療の実態調査を発表。それによると、ステージ4の大腸がんで治療しなかった人の割合は、40~64歳で4.6%でしたが、65~74歳で6.7%に上昇。75~84歳は14.7%に急増し、85歳以上は36.1%に上っています。


  ステージ4の胃がんはその傾向がさらに強く、75~84歳で24.8%、85歳以上では56%と2人に1人です。ステージ4の肺がんも同様で、85歳以上は58%が治療を受けていません。他のがんのステージ4でも、年齢が上がるほど「治療なし」が増えています。


 俳優の愛川欽也さんは2年前の4月、肺がんで亡くなりました。80歳でした。その前年の12月にがんが見つかったときには末期で、入院を必要とする治療を拒否。通院で受けられる放射線のみに留めたのは、長寿番組への出演を切望したためと報道されました。愛川さんのケースは必ずしも「治療なし」ではありませんが、その根底にある考え方は共通します。よりよい生き方、自分が望む最期を全うするために、「治療なし」や「最小限の治療」を選択するのです。


  実際、国立がん研究センターの調査では、ステージ4の肺がんの場合、75歳未満だと抗がん剤治療を受けた方が有意に長生きでしたが、75歳以上では・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8628


 


抗がん剤についての()内の表記は私見です。


 yjimage (1).jpg


中川恵一氏profile


東大医学部附属病院放射線科准教授


1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。


 記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/217386


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%8C%E3%82%93%E4%B8%89%E5%A4%A7%E6%B2%BB%E7%99%82


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病で怖い「合併症」招きやすい人の共通点!専門医が指摘! [健康]

糖尿病で怖い「合併症」招きやすい人の共通点!専門医が指摘!


 


 糖尿病で怖いのは合併症だ。高血糖によって全身の血管が傷んでしまうことで、さまざまな病気を引き起こす。中でも、失明につながる網膜症、人工透析につながる腎症、下肢切断につながる神経障害が3大合併症と呼ばれている。


  さらに、心筋梗塞や脳卒中を招く心血管疾患、がん、認知症との関係も明らかになってきている。糖尿病治療は、合併症を防ぐための治療といってもいい。


  しかし、治療を続けて合併症が出ないまま天寿をまっとうできる患者がいる一方、治療を受けていても合併症を発症する患者もいる。


  運送業のKさん(46歳・男性)は、今年の夏に右足の親指を除く4本の指を切断した。皮下組織が死滅して腐敗する壊疽を起こしたからだ。


  Kさんは2004年に糖尿病と診断されたが、自覚症状もなく、まともな治療は受けなかった。しかし、5年ほどすると目が見えにくくなってきたため、自宅近くの病院を受診。すぐに、網膜にできてしまった新生血管を焼いて出血を防ぐためにレーザー治療を受けた。失明は免れたが、高血糖状態が続けば・・・・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8593


 


Complication-of-diabetes-Eye-catching-image.jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/217234


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E5%90%88%E4%BD%B5%E7%97%87&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ストレス解消! 入浴より安全で体にもいい「サウナ」だが、その誤解と正しい楽しみ方! [健康]

ストレス解消! 入浴より安全で体にもいい「サウナ」だが、その誤解と正しい楽しみ方!

  

「サウナで汗をかくことはストレスを解消し、リラクセーション効果がある。全身の血管が拡張して血流が改善されることで代謝が良くなる。さらに血管内皮細胞を修復するNO(一酸化窒素)などの物質やホルモンを分泌させて潰瘍や損傷した神経などを治す効果がある」

 ■入る時間は1回5分~10分程度■

  実際、サウナは病気の治療にも使われている。室内を均等の60度に設定した乾式の医療用サウナによる「和温療法」は、難治性の心不全や下肢切断の対象となる閉塞性動脈硬化症、慢性疲労症候群、線維筋痛症などへの有効性が確認されている。

 「2010年に改定された慢性心不全に対する日本循環器学会ガイドラインで、和温療法はクラス1(有効)として掲載され、積極的に推奨される治療として循環器専門医からも承認されている。5年前には、和温療法は慢性心不全に対する『高度先進医療』として高度先進医療専門会議で承認されました」

 現時点で、この治療法は保険適用されていないがそれには理由がある。「高度先進医療に指定された期間内に診た患者さんは拡大した心臓が縮小し、歩行速度が上がるなどの多くの効果が確認できたのですが、心不全を診断するための指標であるBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は薬で治療した群と比べて有意差が出なかった。患者が重症者だったこと、患者数も1人10回の治療回数も少なすぎたことも原因と考えています」

  その後、海外の医療機関が行ったサブ解析で多くの優位性が指摘されたことから複数の医学会の推薦による保険収載の動きがあるという。ちなみにサウナは入浴と同じ医療効果があるが水圧がない分・・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8568

 

yjimage (15).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/217152?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%8A&rkf=2&ei=UTF-8&imc=&ctype=&dim=large

 

 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

管理栄養士推奨・実践! 病気にならない正しい食べ方!不調に効く食べ方7つを提言! [健康]

管理栄養士推奨・実践! 病気にならない正しい食べ方!不調に効く食べ方7つを提言!


  


体に良いと思ってやっていることが、実は悪い結果を招いている――。人生もそうだが、単なる思い込みや、根拠のないものに惑わされることがない様にしたい。医療・健康モノ取材歴20年の記者が、医師や栄養管理士からしばしば耳にした言葉だ。科学的根拠(エビデンス)があり、医師や管理栄養士も実践している“不調に効く食べ方”はどういうものか? 管理栄養士の大柳珠美氏に挙げてもらった。


 ■二日酔いの朝に飲む 味噌汁■


 


 発酵食品である味噌は大豆のタンパク質が消化しやすい形になっている。タンパク質は肝機能を回復させるのに役立つ。二日酔いのときに不足しがちな水分、ミネラルを手軽に取れるのも○。


 yjimage (4).jpg


■コレステロールが気になる ビタミンACE ■


  コレステロールは悪者ではないが、コレステロールの一種、LDLコレステロールが酸化すると動脈硬化などの原因になる。酸化から守るには、①肥満解消②スナック菓子など酸化した油の摂取を控える③酸化を抑制する抗酸化物質ビタミンA、C、Eを取る。


 ■ダイエット中のバイキングメニュー ロースト・ビーフ■


  サラダバーの方が良い気もするが、大柳氏によればタンパク質(肉)が・・・・・・


 


yjimage (12).jpg

 


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8553


 


yjimage (10).jpg

 


記事引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles>▽おおやなぎ・たまみ 一般社団法人オーソモレキュラー.jp理事。


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/216944


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E4%B8%8D%E8%AA%BF%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9#mode%3Dsearch


 


 


 


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

食物繊維摂取減少傾向! 大腸がんリスク増=メタボも増加! [健康]

食物繊維摂取減少傾向! 大腸がんリスク増=メタボも増加!

 日本人の食物繊維摂取量が減り続けている。特に穀類から取る食物繊維の減少が目立ち、これが腸内環境の悪化や大腸がんの原因になると指摘されている。大妻女子大家政学部教授で日本食物繊維学会副理事長の青江誠一郎氏は「摂取する食物繊維が減ると、排便の量が減る。腸内の毒素が大腸と触れ合っている時間が長くなる」と指摘。欧米型の高脂肪の食事に偏るのは問題があるとし、「そもそも食物繊維の含有量が少ないし、脂肪摂取により分泌された胆汁酸が大腸に漏れて発がん物質の元となる。総合的な観点から、大腸がんのリスクは高まる」と指摘。

 ■欧米の知見が先行■

  日本で水溶性食物繊維を多く含む大麦β-グルカンの効用が注目され出したのは、2000年代に入ってからだ。米国でオートミールなどに加工される「えん麦」が研究され、米食品医薬品局(FDA)がえん麦に含まれるβ-グルカンに動脈硬化を予防する効果があることを認めた。次いで欧州でも、欧州食品安全機関(EFSA)が大麦のβ-グルカンには、血中コレステロール値の正常化と血糖値の上昇を抑える効果があることを認めた。

  日本では大麦はビタミンとの関係で注目されていたが、食品数はどんどん減った。「日本人は昔から、麦ご飯など大麦を食べてきた。なぜ、動脈硬化や血糖値に関する効果を伝えなかったのか」という声も聞かれたという。現在は大麦β―グルカンを含む機能性表示食品の種類も増え、農林水産省の研究機関も大麦の品種改良に力を入れ始めた。

 ■食物繊維で大腸がんリスク減=メタボ解消でも注目!もち麦は消化管から全身に働く胃・小腸・大腸の3段階で機能■

  大麦β-グルカンによる効果は具体的にはどういうものか。青江教授は「食物繊維は消化・吸収されないので消化器官を通過する間に・・・・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8527

 

yjimage (1).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <時事通信社>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00010000-jij-sctch

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large(食物繊維)

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%82%E3%81%A1%E9%BA%A6&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large(もち麦)

 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

一人で出来る「首凝り」3つの撃退法! 原因は姿勢の悪さ! [健康]

一人で出来る「首凝り」3つの撃退法! 原因は姿勢の悪さ!

  

原因は姿勢の悪さ 一人でできる「首凝り」3つの撃退法 横向きに寝たときには一直線に

「ひどい肩凝りで、もむと痛い」「慢性的に頭痛がする」「夕方になると、肩ばかりか目の奥も痛い」――こんな症状を訴えるサラリーマンは少なくない。彼らの大半は連日の残業で、帰りの電車ではクタクタ、土日に寝溜めしても疲れが取れない……といった“疲労スパイラル”に陥った人々だ。

  取り分け、肩凝り、首凝りに悩む40代、50代男性は多い。「首姿勢を変えると痛みが消える」の著者で、相模原市にある「16号整形外科」の山田朱織院長が言う。

 「痛みや凝りがどの部分に出るかで肩凝りと首凝りを分けていますが、どちらも原因は頚椎の異常です。これが一番多い。では、何が悪いかというと、ひとつは首の骨の病気です。質が悪くなっていたり、椎間板や肩の関節が悪くなって症状が出るのです。四十肩や五十肩が典型です。これは医者が治療するしかない。もうひとつは、姿勢の悪さに起因するケース。首の姿勢が悪くて痛みが出るんです。つまり、姿勢を正すと症状を軽くできるのです」

 【自分でやれる3つの改善策】

  医者にも頼らず自力で姿勢を改善する方法は次の3つ。

 これをマスターすれば、マッサージに通ったり、子供に肩たたきをしてもらったりしなくても肩や首は軽々で・・・・・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8513

 

yjimage.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/216945?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%82%A9%E3%81%93%E3%82%8A+%E9%A6%96%E5%87%9D%E3%82%8A&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large#mode%3Dsearch

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

子供は外でのびのびさせるのがいい!「近視」が世界中で猛烈増加中! 進行を防ぐ唯一の生活法とは!? [健康]

子供は外でのびのびさせるのがいい!「近視」が世界中で猛烈増加中! 進行を防ぐ唯一の生活法とは!?


 


 「息抜きは部屋でテレビを見たり、ゲームをするくらい。塾があるから外遊びなんてとても無理」  一日の大半を屋内で過ごす。これが今どきの子供たちの生活スタイルだ。親にとっては目が届くぶんだけ安心かもしれないが、その生活習慣が将来、問題になるかも知れない。失明に繋がる目の病気のリスクをアップさせかねないからだ。


  いま、世界中で「パンデミック(感染爆発)」並みの凄まじい勢いで「近視」が増加している。2015年、英科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文によれば、世界の全人口の3分の1(25億人)が20年までに近視になると推測されている。その原因について世界中の眼科専門医や科学者が研究を進めているが、慶応義塾大学医学部眼科学教室・近視研究チームは、「ある特定の波長の光」が影響していると指摘する。


  近視は小学生から高校生までの間に最も急激に進行する。これまでは大人になるとそれ以上は進まないとされてきたが、最近は大人になっても近視の進行が止まらない人が増えているという。同チームの代表者、鳥居秀成医師が言う。


 「問題は強度近視がさらに進み、一部が病的近視となり、最終的に・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8450


 


yjimage (13).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/209340?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%A4%96%E9%81%8A%E3%81%B3&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【健康】トランス脂肪酸・飽和脂肪酸はやっぱり「生体に悪影響を与える!」という事が改めて結論付けられた! [健康]

【健康】トランス脂肪酸・飽和脂肪酸はやっぱり「生体に悪影響を与える!」という事が改めて結論付けられた!


  


 2875日アメリカにおいて、30年以上掛けて行われていた調査の結果が発表された。


その調査とは、「トランス脂肪酸」、「飽和脂肪酸」についての、生体に対する影響を調べたものである。その結果、マーガリンやショートニングに含まれる「トランス脂肪酸」と、バター、ラード、赤身肉などに含まれている「飽和脂肪酸」は、「早死のリスク」を上昇させるという事が改めて証明された。


 12万以上の医療従事者を対象に、食事・生活スタイル(生活習慣)、健康などに対するアンケート調査をまとめたもので、米医学誌「JAMAインターナショナル・メデション」に掲載、発表された。そのアンケートは2~4年毎に、最長32年間に亘って実施されたものである。


 その結果トランス脂肪酸、飽和脂肪酸を多く摂っている人ほど、「同量のカロリーを炭水化物から摂っている人」に比較して、死亡率が・・・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/557


 


yjimage (12).jpg

 


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%B3+%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large#mode%3Ddetail%26index%3D597%26st%3D22400


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

そもそも薬剤は基本的に「リスク」! 不必要に長く薬を飲み続けると重病を引き起こす危険も! [健康]

そもそも薬剤は基本的に「リスク」! 不必要に長く薬を飲み続けると重病を引き起こす危険も!


 


  薬の「適正使用」とは、「薬を必要な時に必要な量を使う(用法・用量を守る)。必要なければ使わない」ということです。つまり、使うべき時(状態)に使って、そうでなくなったら(症状が改善したり、悪化するなど)止めるのが「適正」なのです。即ち薬は「止め時の見極め」が大切!


  ただ、必要ない、もしくは必要なくなった場合でも薬を飲みたがる患者がいるのも事実です。そういった方は「なぜ飲んではいけないのか?」と思うかも知れません。「薬絶対」という認識がそうさせるのでしょう! その理由として、①副作用のリスクがある、②医療費がかかる、ということが挙げられます。


  今回は①についてお話ししましょう。何かしらの効果がある薬には、何かしらの副作用があるのは当然で、「副作用のない薬はない」と言い切っても過言ではありません(症状として表れるか表れないかは別問題)。中には、ひどい炎症やショックで死に至るような副作用も存在する。


 


■薬剤性腎障害や薬剤性肝障害など、臓器にダメージを与える場合もある■


  死まで至らなくても、腎障害で慢性腎臓病(CKD)になって悪化した


場合には、生涯・・・・・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8381


 


yjimage (1).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/216221


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%96%AC%E5%89%A4&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large#mode%3Dsearch


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳卒中や心筋梗塞!寒い季節に多発! 40代以降は要注意 我が家の風呂場やトイレでの死を防ぐ! [健康]

脳卒中や心筋梗塞!寒い季節に多発! 40代以降は要注意 我が家の風呂場やトイレでの死を防ぐ!

 

 これから寒くなる季節を迎える。この季節において、最も危険な場所は実は自宅の「風呂場」や「トイレ」であることを忘れてはいけない。2015年は年間1万9000人が風呂場で亡くなったが、これは交通事故死者数の4倍にあたる。日本法医学会の調査によると、浴室での死亡は10月下旬あたりから増えはじめ、12月、1月にピークを迎えるという。一方、突然死のうち約5%は、高齢者のトイレでの脳卒中や心筋梗塞。これからの季節、無事に風呂やトイレをすませるにはどうしたらいいのか? 「赤坂パークビル脳神経外科」(東京・港区)の福永篤志医師こうアドバイスする。

 ■入浴中注意する事■

 「入浴中の主な死亡原因は、虚血性心疾患などの心臓病、脳血管障害、溺死です。それには温度差が関係しています。暖かい居間などから寒々とした風呂場に移動したり、熱いお湯につかることで、心臓や血管などに負担が掛かり、心疾患や脳梗塞などが起きるのです。これが所謂『ヒートショック』といわれるものです」

  ヒートショックはトイレでも起きやすく、高血圧、糖尿病、動脈硬化症、心疾患、脳卒中などの人はそのリスクが高まることが知られている。 

  また、冬の風呂場で亡くなる人の9割が65歳以上だが、残り1割の多くは40~65歳。消費者庁が55歳以上を対象にした調査でも、1割が入浴中に・・・・・・・・・・

  

つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8370

 

yjimage (17).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <articles

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/215735?page=1

画像元 yjimage

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%86%AC%E5%A0%B4%E3%81%AE%E9%A2%A8%E5%91%82%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large#mode%3Dsearch

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

40~50代で「妙に物忘れが増えた」と嘆く人が増加! 物忘れは海馬にある神経細胞の機能低下にある! 若年性の物忘の原因は「働き過ぎ」にある場合が多い! [健康]

40~50代で「妙に物忘れが増えた」と嘆く人が増加! 物忘れは海馬にある神経細胞の機能低下にある! 若年性の物忘の原因は「働き過ぎ」にある場合が多い!


  「若いのに物忘れが多いのは、若年性アルツハイマーの可能性もありますが、たいていは忙しすぎるだけです」(眞田クリニック・眞田祥一院長)働きバチ王国!日本!その割に働いた割合に応分の結果が付いてこない現状!だから増々「働こう!」とする悪循環!


  働き盛りの多忙な人は、やることや考えることが多すぎて、単に記憶の容量がオーバーしているのだ。要職の人に秘書が必要なのは、「物忘れに備えるため」だと眞田院長は言う。


  しかし、注意をしなくてはならない場合もある。多忙な世代の物忘れについて、くどうちあき脳神経外科クリニック・工藤千秋院長は指摘する。


 「バリバリ働く40~50代の人は、付き合いでお酒を飲むことが多く、中性脂肪値やコレステロール値が高い傾向にあります。そうなると血圧も血糖値も高くなり・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/8256


 


yjimage (9).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <ヘルスケア>


https://hc.nikkan-gendai.com/articles/215894?page=1


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%83%8D%E3%81%8D%E9%81%8E%E3%81%8E&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康