So-net無料ブログ作成

最強の副腎皮質系ステロイド製剤の功罪! [健康]

スポンサードリンク




 最強の副腎皮質系ステロイド製剤の「現代医学上から説明」です!そういう立場からの説明ですが、明確に「副作用および急に止めた場合の離脱作用」について書かれています。「効果と副作用は表裏一体」と認めている。根本的には、「化学合成」であることの限界性という事であり、長期使用は回避すべきという事である。要は「治せるという下記の疾病」にならないようにすることが肝要[生体内に過剰な活性酸素を発生させないような生活習慣、或はデトックス]である。現在の我々の生活環境は、便利性、効率化などの名のもとに、活性酸素を生体内に、過剰発生を誘発させる「最悪にして劣悪な状況」にあることを自覚することが必要である。

プレドニン(プレドニゾロン)は、合成副腎皮質ホルモン製剤であり、1955年(昭和30)に塩野義製薬(株)とアメリカ・シェリング社(米国)が技術援助契約を締結することによって、日本国内に初めて導入されたステロイド剤である。ステロイドは、抗炎症作用や免疫抑制作用などの薬理作用を有しており、さまざまな疾患の治療に幅広く用いられている。つまり、臨床各科において最も重要な薬剤の一つとして位置づけられている。因みに、日本の診療ガイドラインや治療指針あるいは手引きを調べてみると、ステロイドが治療薬の一つとして記載されているガイドライン等は70余りに上っている。即ち・・・・・








yjimage (4).jpg
記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 
画像元 yjimage



スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。